事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

「メカ豆腐の逆襲」 とり・みき著 イーストプレス

2017-05-20 | アニメ・コミック・ゲーム

とり・みきについて、はたして漫画ファンはどうとらえているのだろう。長いことファンであるわたしは、だからこそそのあたりがわからなくなっている。

だいたい若い読者の方々は、このギャグ漫画家(なんですよ)をご存じですか。ほぼ同世代ということもあって、おこがましいけれども彼を“追走”する気分で生きてきたのだが。

熊本県に生まれ、SFにめざめた彼は少年チャンピオンでデビュー。70年代末の「こまけんハレーション」「バラの進さま」のギャグや絵柄は完全に吾妻ひでお。SFマインドと美少女キャラも受け継いでいた。

週刊でギャグ漫画の連載を続けるのは、どれだけ才能があったとしても苦しい。そこで彼は、「るんるんカンパニー」と「クルクルくりん」で、ギャグの連続だけでなく、シチュエーションコメディの要素を採り入れることでしのいでいた。わたし、この二作品は大好きだったなあ。特に「るんるん」の深水くるみというキャラが、当時付き合っていた……あわわわ、よけいな話でした。

秋田書店となにかあったのか、次第に他の雑誌に活動の場を移し、平凡パンチでエッセイ漫画の傑作「愛のさかあがり」、TVブロスで不条理ギャグ漫画の金字塔「遠くへいきたい」を発表。もう、このあたりで「一生ついて行きます!」状態。いったい何度くりかえして読んだことであろう。

そしてこの、「メカ豆腐の逆襲」なる短編集には、なんと少年チャンピオン創刊40周年記念「クルクルくりんfeaturingるんるんカンパニー」という夢の合体企画も。おお、秋田冒険王センセイ!もう彼が出てきただけでウルウル。うわあ吉田さん(最強のボケ役)まで!

……わたしはAmazonで本を買うことを自らに禁じている人間だけれども、とり・みきだけは仕方がない。おっと、つづいて唐沢なをきの「まんが家総進撃」までポチッとしてしまったぁ!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明細書を見ろ! 2017年5月号... | トップ | おんな城主直虎 第20回 第... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。