事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

「三度目の殺人」(2017 東宝=GAGA)

2017-09-12 | 邦画

幻の光」「ワンダフルライフ」「誰も知らない」「歩いても 歩いても」「空気人形」「奇跡」「海よりもまだ深く」……是枝裕和作品の特徴は、過剰なまでの自然さにあった。ドキュメンタリー出身らしく、役者の演技がこれでもかというくらいナチュラルなのだ。だから子どもを撮らせたら天下一品。

そんな是枝が「そして父になる」につづいて福山雅治とタッグを組んだ。

彼は「そして~」における“血のつながらない子どもを愛せない情けないエリート”がそのまま弁護士をやっているかのように登場。彼が同期の友人(吉田剛太郎)から協力を求められた事件とは、三十年以上も前に殺人を犯して服役していた男が、出所して雇ってくれた社長を殴り殺したというもの。被告を演ずるのが役所広司。福山VS役所という構図。

福山雅治は、実はそう味の濃い役者ではないと思う。彼のデビュー作「ほんの5g」で共演したいしかわじゅんは、傑作エッセイ漫画「フロムK」のなかで、福山の顔がおぼえられずに目鼻も書かなかったくらいだ。逆に役所広司は、名優ではあるけれども常に彼らしい雰囲気をまとっている。接見室のアクリル板ごしに、役所と福山の顔が重なるあたりは怖い怖い。

ところが、この作品におけるふたりの演技は逆だ。

役所は意図的に色を落としたように演じて自己主張せず、供述も二転三転する。彼にひきずられて福山は次第に困惑し、怒り、(ちょっとネタバレだけど)ラストで役所広司が描いたかのような十字路に立ち、呆然とする。絶対悪としての殺人が、他の悪によって相対化されてしまう。いったい何が真実か。

こう書くとこむずかしい映画なのかと誤解されそう。しかしサスペンス映画として、法廷劇としてむやみに面白い。特に斉藤由貴の天然の邪悪さは近ごろの騒ぎとあいまっておみごと。

この映画においていちばん確かなのは「三度目の殺人」の犯人とは誰か、だ。劇場を出たら若い女性がボーイフレンドに「考えさせられたわ……」とつぶやいていた。この正直さに、ちょっとホッとする。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 極私的大河ドラマ史PART13 ... | トップ | 「ファウンダー ハンバーガ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
十字 (kossy)
2017-09-12 23:03:40
ラストの十字路は面白いですよね。
十字の謎を残したまま、
贖罪の意味もありそうだけど、
交差点にてふと考える福山雅治の構図。

考えれば考えるほど、謎が残りスッキリできません・・・
これは意図的に…… (hori)
2017-09-13 19:26:39
ラストですっきりされてたまるか、
ということでしょうね。
すっきりされると三度目の殺人への怒りが
沈静化してしまうから。
でもあまりに不親切だから
「器」
というフレーズを挿入したんだと思います。
きっとそれも賛否両論でしょうが。

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
三度目の殺人 (勝手に映画評)
殺人の前科のある男・三隅による殺人。弁護士・重盛にとってはありふれた事件のはずであったが、事件を調べていくうちに、事件の持つ闇に深まり、次第に重盛は自信を失っていく。......
映画 「 三度目の殺人 」 (徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ”)
弁護士と容疑者、そして被害者の娘が絡む司法サスペンス。殺人の前科がある三隅(役所広司)が、解雇された工場の社長を殺し、火をつけた容疑で起訴されたという、ありふれた裁判......
『三度目の殺人』 2017年9月9日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『三度目の殺人』 を鑑賞しました。 是枝監督にしては今までと変わってサスペンス風でした。 【ストーリー】  勝つことを第一目標に掲げる弁護士の重盛(福山雅治)は、殺人の......
三度目の殺人 (ネタバレ映画館)
タコ、ニモ、カナリア、ウサギ、ゾウと会話に動物は出てくるが、映像はない・・・
劇場鑑賞「三度目の殺人」 (日々“是”精進! ver.F)
裁かれる人… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201709100000/ 三度目の殺人【映画ノベライズ】 (宝島社文庫) [ 是枝裕和 ]
何が彼らを変えたのか。『三度目の殺人』 (水曜日のシネマ日記)
死刑が確実視されている殺人犯と彼の弁護を引き受けた弁護士の物語です。
三度目の殺人★★★★ (パピとママ映画のblog)
第66回カンヌ国際映画祭審査員賞受賞作『そして父になる』の福山雅治と是枝裕和監督が再び組んだ法廷サスペンス。死刑が確実視されている殺人犯の弁護を引き受けた弁護士が、犯人......
『三度目の殺人』 (こねたみっくす)
他人の命を奪う。自分に嘘をつく。そして見て見ぬふりをする。どれも「人」を殺めること。 家族ドラマでお馴染みの是枝裕和監督がオリジナル脚本で挑んだ法廷サスペンス。しかし......
三度目の殺人 (2017) 125分 (極私的映画論+α)
 このシーン・・・二人の間にガラスあり?なし?(笑)
『三度目の殺人』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「三度目の殺人」□監督・脚本 是枝裕和□キャスト 福山雅治、役所広司、広瀬すず、満島真之介、市川実日子■鑑賞日 9月10日(日)■劇 場......
「三度目の殺人」これはヘビーだ…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[三度目の殺人] ブログ村キーワード 近年、ホームドラマを撮り続けてきた是枝裕和 監督 の最新作は、一転して“法廷サスペンス”それもかなり重厚なお話に仕上がっています。「三......
「三度目の殺人」☆眼で語り、涙腺で演じる (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
これは事件の真相を暴く推理ものでもなく、法廷劇でもない。 そのほとんどが接見室で繰り広げられる心理劇。 勝った負けたの先にある弁護士・重盛の「弁護士から人間へ」変化し......
三度目の殺人  監督/是枝 裕和 (西京極 紫の館)
【出演】  福山 雅治  役所 広司  広瀬 すず 【ストーリー】 勝つことを第一目標に掲げる弁護士の重盛は、殺人の前科がある三隅の弁護を渋々引き受ける。クビになった工場の社長......
『三度目の殺人』('17初鑑賞103・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 9月9日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:10の回を鑑賞。
「三度目の殺人」 (ここなつ映画レビュー)
推測される真実はあるけれど、真相は闇の中。闇の中、というより、もがきながらその場所で生き続ける人の心の中。是枝裕和監督作品。扱っている題材は決してマイルドなものではな......
三度目の殺人 (映画と本の『たんぽぽ館』)
「三度目」の意味 * * * * * * * * * * 殺人の前科がある男、三隅(役所広司)の弁護を引き受けた重盛(福山雅治)。 三隅は、解雇された工場の社長を殺害......
「でも、いい話ですね。それはいい話だ」『三度目の殺人(THE THIRD MURDER)』是枝裕和監督、...... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
内容、台詞、ラストに触れています。『三度目の殺人』THE THIRD MURDER 監督 : 是枝裕和出演 : 福山雅治、役所広司、広瀬すず、吉田鋼太郎、斉藤由貴、満島真之介、松岡依都美、市川実日......
映画「三度目の殺人」 (FREE TIME)
映画「三度目の殺人」を鑑賞しました。
三度目の殺人 (映画的・絵画的・音楽的)
 『三度目の殺人』を、TOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)是枝監督の作品ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、夜間、二人の男が河原を歩いています。 ......
「三度目の殺人」:挑戦的なモヤモヤ感 (大江戸時夫の東京温度)
映画『三度目の殺人』は、かなりの曲者。東宝の、福山雅治/役所広司・広瀬すず主演の