事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

ぼくのわたしの2016 マイベスト読書篇

2017-02-06 | 本と雑誌

 

2015年版はこちら

それではマイベスト読書篇。まずはミステリ部門。

第1位 「ジャック・リッチーのびっくりパレード」ハヤカワ・ミステリ

第2位 「希望荘」宮部みゆき著 小学館

第3位 「悲しみのイレーヌ」「傷だらけのカミーユ」ピエール・ルメートル著 文春文庫

第4位 「アメリカン・ブラッド」ベン・サンダース著 ハヤカワ・ミステリ

第5位 「アックスマンのジャズ」レイ・セレスティン著 ハヤカワ・ミステリ

ジャック・リッチーの短編集は本当に素敵。未訳の作品がたくさんあるはずなので、どの社でもいいのでよろしくね。ピエール・ルメートルについては、「カミーユ」よりも「イレーヌ」の方が上だとは思う。それにしてもこのシリーズは日本で圧倒的に受け入れられたなあ。

つづいて非ミステリ部門。

第1位 「三の隣は五号室」 長嶋有著 中央公論新社

第2位 「超・反知性主義入門」「ポエムに万歳」「踊り場日本論」「場末の文体論」小田嶋隆著

第3位 「永続敗戦論」 白井聡著 太田出版

第4位 「落陽」 朝井まかて著 祥伝社

第5位 「」 東川彰良著 講談社

長島有の「三の~」はすばらしい作品だったなあ。現代史をこんな形で語れるなんて。2位と3位は、わたしの政治へのスタンスを決定づける本だった。小田嶋はいま絶好調じゃないすか。今年いちばん読んだのは朝井まかて。ノーマークだったのに「すかたん」にやられ、「落陽」でとどめをさされた感じ。

ランキング以外のところで、ヤナギサワの「本当の学校事務の話をしよう」(太郎次郎社エディタス)に特別賞を(笑)。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おんな城主直虎 第5回「亀之... | トップ | 「ドクター・ストレンジ」 D... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (がrrrrrrrrふ)
2017-02-07 13:29:16
ワタシが小田嶋氏とhoriさんの愛読者なのは、そういうことだったのか! と、思いましたが、他はひとっつも読んでませんでした(読書はします)。Oh...
『永続敗戦論』はこれから読みます。
小田嶋さんは…… (hori109)
2017-02-07 21:50:40
学校事務職員の先輩だからね(笑)
禁酒の先輩でもあります(T_T)
あー飲みたい(痛風病みの繰り言)

コメントを投稿

本と雑誌」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。