事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

シン・ゴジラを味わうPART1

2016-08-12 | 邦画

ワーナー版のときに特集したように、わたしが生まれて初めて見た映画は「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」で、初代スーツアクター中島春雄さんは酒田の人だった。映画といえばゴジラである。

だから何度も何度もこれが最後のゴジラ、と東宝があおっても、そんなはずないといつも確信していた。だって東宝は基本的に「青い山脈」と「ゴジラ」をくり返しつくっていればいいと思っている会社だからだ。

しかしハリウッド版が大ヒットして様子はちょっと変わった。あちらもシリーズ化されるとなれば、本家としてどうふるまえばいいか東宝だってちょっと考えるだろうから。

杞憂でした。向こうだけを儲けさせてなるものかという映画屋の根性は健在(笑)。しかも、「ヱヴァンゲリオン」の庵野秀明を総監督&脚本、平成ガメラシリーズのプラズマ火球でゴジラのスタッフたちをあわてさせた(確実に、負けたと思ったはず)樋口真嗣を監督に起用する狂いっぷり。ほぼ無音の予告篇が傑作を予感させて……

その予想よりもはるかに“狂った”映画でした。すばらしい。

まず、東宝がよくこの脚本にOKを出したものだと思う。だってこれはすでに“怪獣映画”というより、ポリティカルディスカッションドラマだからだ。ゴジラという災厄が現実に登場したときに、日本は、アメリカをはじめとした大国はどう動くかが徹底してシミュレーションしてあり(災厄であると同時に福音でもあるゴジラの争奪戦になるあたり、うまい)、説得力がある。

特に日本政府の対応は見応えがあった。省庁間で連携がとれず、首相(大杉漣)は威勢はいいが危機に対応できず、防衛大臣(余貴美子)はむしろチャンス到来と意気込む……ってこれはもう現内閣そのものとしか。

そんなリアルな展開のなかで、ゴジラの登場以上に現実離れしているのは、有能な内閣官房副長官(長谷川博己)と首相補佐官(竹野内豊)が前面に出て活躍することかもしれません(笑)。以下次号

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「屋上の道化たち」島田荘司... | トップ | シン・ゴジラを味わうPART2 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
核が核 (もののはじめのiina)
2016-08-16 11:07:10
>ゴジラという災厄が現実に登場したときに、・・・徹底してシミュレーションしてあり(災厄であると同時に福音でもあるゴジラの争奪戦になるあたり、うまい)、説得力がある。
ここらの筋立ては巧みでした。もっとも核は都心でなくても、海上に追いやって実行すべきでしょうが・・・。
3度目の核使用はやめとくれ。

エヴァンゲリオンを特撮博物館で見学しましたよ。それまでは、その巨神兵のことは全く知らなかったです。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/649d3d5b5de62b7bb2cefc29d45d0afd

おー、これは見たいな。 (hori109)
2016-08-16 14:00:28
庵野総監督は今回、「日本人よ、オトナになれ」と
同時に「アメリカよ、思い上がるな」と絶叫して
ましたね。
広島、長崎ときて、今度は東京という発想はそれに
してもすごい。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画:シンゴジラ   鎌倉、武蔵小杉、丸子橋、新橋、霞が関、丸の内を破壊しまくる「...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
映画が始まり、まず恐ろしい「既視感」に囚われる。 それは、数年前に日本国民が経験したこと。 やたら会議があり、予想通り「会議は踊る」 役所間のメンツの調整で、何も決......
シン・ゴジラ (もののはじめblog)
国内シリーズとしては29作目となる12年ぶりの新作『シン・ゴジラ』が公開された。 突然のゴジラ宣伝を東京ドームの野球観戦時に知らされて、「シン」が冠されているので、どことな......
シン・ゴジラ (映画的・絵画的・音楽的)
 『シン・ゴジラ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)評判が大層高いので、映画館に行ってきました。  夏休みのこともあり映画館は満席状態で、公開から2週間も経っていないのに......
『シン・ゴジラ』 ゴジラの正体 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  前々回、前回とガメラについて述べてきたのは、ゴジラを語るためでもあった。東宝のゴジラ映画第29作となる『シン・ゴジラ』が、おそらくゴジラ映画史を覆......
シン・ゴジラ   総監督/庵野秀明 (西京極 紫の館)
【出演】  長谷川 博己  竹野内 豊  石原 さとみ 【ストーリー】 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)......
シン・ゴジラ (花ごよみ)
脚本と総監督は 「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野秀明。 メインキャストは長谷川博己、 竹野内豊、石原さとみ。 一瞬の出番にも多くの俳優が キャスティングされていて楽し......
シン・ゴジラ (だらだら無気力ブログ!)
こんなに面白いとは思わなかったなぁ。
シン・ゴジラ:映画  (昼寝の時間)
2016年 日本 119分  公式サイト 総監督・脚本:庵野秀明/監督・特技監督
シン・ゴジラ (映画と本の『たんぽぽ館』)
ニッポンの夏、ニッポンのゴジラ * * * * * * * * * * このテの作品はもう見ない、などと言いながら見てしまうというのは、 やはりこれが「ゴジラ」だから......
「シン・ゴジラ」☆リバイバルでリハビリ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
庵野映画である。 それが証拠に、劇場で売っている記念グッズのジグソーパズルだってTシャツだって、ゴジラとエヴァが戦っている絵なのだし、公式サイトでは既にエヴァにゴジラの......
映画「シン・ゴジラ(2D)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『シン・ゴジラ(2D)』(公式)を昨日のファーストデイに劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら80点にします。 作品を十分に楽しん......
[映画『シン・ゴジラ」を観た^^] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・見終えて立ちあがったら、足の付け根が緊張して痛くなってました^^ 面白かった。 そして、私は、今度の日曜日に仕事があるので、都知事選の期日前投票にすぐに行きま......
シンゴジラ~ゴジラは暴走する原発か? 3・11を再現した映画。そして現在の日本そのもの (平成エンタメ研究所)
 3・11の再現だった。  最初のゴジラの上陸は<津波>。  海から上がってきて町を破壊し尽くす。  官邸は大混乱。  根拠のない楽観論と前例重視の官僚主義と無能な有識者会議......
まさに新しきゴジラ! (笑う社会人の生活)
2日のことですが、映画「シン・ゴジラ」を鑑賞しました。 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生 緊急会議で内閣官房副長官・矢口は海中に潜む謎の生物が事故を起こした可......
まさに新しきゴジラ! (笑う社会人の生活)
2日のことですが、映画「シン・ゴジラ」を鑑賞しました。 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生 緊急会議で内閣官房副長官・矢口は海中に潜む謎の生物が事故を起こした可......
シン・ゴジラ (銀幕大帝α)
SHIN GODZLLA 2016年 日本 119分 SF/特撮/ミリタリー 劇場公開(2016/07/29) 監督: 庵野秀明(総監督) 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.』 樋口真嗣 ......
映画『シン・ゴジラ』評――修羅が再び日本を壊す・後編 (徳丸無明のブログ)
(前編からの続き) さて、それではこの批評は、中途半端な尻切れトンボの終わり方をしてしまうのか。 結論めいたものを導き出すのは難しそうだが、いくつかの推測は提示できそう......