事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

「キングコング:髑髏島の巨神」Kong:Skull Island(2017 WB)

2017-08-14 | 洋画

息子が、出たばかりのDVDを借りてきた。「キングコング:髑髏島の巨神」うわー観たかったやつだ。忙しくて映画館で観れなかった映画。

「明日返すけど、観る?」

うーん、もう夜の10時半を過ぎてるし……

「観る。」

これはもう、圧倒的に脚本がよくできている。オリジナルへのリスペクトを十分に示しながら、76年のジョン・ギラーミン版、05年のピーター・ジャクソン版をふまえ、ただのモンスター格闘ものにはしていない(モンスター格闘ものでいいんだけれども)。

オープニングは意表を突く。1944年、南太平洋のどこかの島。ドッグファイトの果てに墜落した日本軍の零戦と米軍のP-51。パラシュートで降下し、一騎打ちするふたりの兵士。そこへ巨大な……

時代は一気に1973年に飛ぶ。ある過去を持った科学者(ジョン・グッドマン)は、人工衛星時代になってようやく判別できるようになった孤島への探検を画策する。地質調査のはずなのに、米軍(リーダーはサミュエル・L・ジャクソン)やSIS(イギリス秘密情報部)出身の傭兵(トム・ヒドルストン)が帯同することに不審をいだいた女性カメラマン(「ルーム」のブリー・ラーソン)もついて行くことになる。彼が向かうのは、もちろんオープニングに登場した髑髏島だ。

ここまでの展開が速い速い。時代色を出すために、前半をわざとスローに描いたピーター・ジャクソン版と真逆のコンセプトなのがわかる。そして、ここからまさかまさかの「地獄の黙示録」が開始されるのだ。以下次号

コメント   トラックバック (8)
この記事をはてなブックマークに追加