事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

「捜査官ポアンカレ 叫びのカオス」 レナード・ローゼン著 ハヤカワ・ミステリ

2016-04-12 | ミステリ

「スキン・コレクター」につづいて、これも日本のミステリの某作品とトリックがかぶっています。

およそありえないほど周到に計画された爆殺事件。その周到さのために犯人はしぼられる。しかし事件が起こった時点で、その人物は病死していた……考えてみればこうとしか思えないくらいのシンプルな仕掛け。でもそう思わせないのは小説としておみごとだからでしょう。

インターポールには逮捕権がないなど、情報小説としても読ませる。ん?とすると銭形警部はルパンを追いつめてどうするつもりだったんだろう。あ、そうか。だからカリオストロ公国まで埼玉県警が出張ったんだ(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加