和泉紗耶歌の日々徒然

モデル歌手女優志望紗耶歌の日常奮闘記

悩み事常々

2016-10-11 | Weblog
悪いことをする人は、最終的に誰かを傷つけ、開き直る


被害にあったひとは、抵抗することで茨のとげが絡み、傷が増す


茨の城では、日常茶飯事的に何かの事件がおき、日常茶飯事的に流されている
毎日のルーティン化した業務方式に取り込まれ、いつものなんでもないこととして処理されていく

いつも同じクレームをいれなければならないようなおかしいやり方をしているところは、いつものクレーマーとして処理するだろう
使わないわけにはいかないような重要な何かとかを扱っているのに「奥さん、そんなにいやなら使わなければいいじゃないですかうちは困らないんで」

そういうドラマみたいなことがおこるわけです


昔はドラマは作り物だったけど、社会問題ドラマがはやってからはリアルなエピソード入ってたりするでしょ?


近年の社会問題史とか、授業でやった方が良いんじゃないかしら

本当に役に立つ知識って、誰かの助けかたじゃないのかなぁ
公務員も、その役割を担っているはずなのです…
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラジオの時間 そんな映画が... | トップ | 宮中晩餐会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。