一反百姓「じねん道」【最新情報】『農的ワークライフバランス日記』♪斎藤博嗣&裕子・夫婦子供2人で家庭自給生活を自学自習中

「じねん道」タネ・農産物・本【販売ブログ】http://jinendo.exblog.jp/『みんな一粒百姓にな~れ!』

立正大学の校友会報「たちばなNo.34」(2017.7.1)に、 福岡正信著『百姓夜話 自然農法の道』の記事&小日本主義者「石橋湛山」(元内閣総理大臣、元立正大学学長)

2017年07月15日 | じねん道【最新情報】

 

博嗣の母校、
立正大学の校友会報「たちばなNo.34」(2017.7.1)に、
福岡正信著『百姓夜話 自然農法の道』(春秋社2017.5)
の記事をご掲載頂きました。

 

 

また会報誌と共に同封されてくる、
「立正大学学園新聞vol.138」(2017.7.1)には、
小日本主義者「石橋湛山」(元内閣総理大臣、元立正大学学長)の
「石橋湛山研究センター」の創設が、
2017年4月1日創設された記事が掲載されていました。

 


「石橋湛山」(元内閣総理大臣、元立正大学学長)


 

平成29年4月 石橋湛山研究センター開設のお知らせ

2017/03/31

 立正大学は、後に第55代内閣総理大臣となる石橋湛山が1952年から16年間にわたって学長を務め、教育者・湛山から直接薫陶を受けた唯一の大学です。
<昭和の「モラリスト×エキスパート」>を体現した湛山の思想・哲学(イズム)や精神(スピリット)について研究し、教育し、継承していくこと??それは、本学ならではの特色ある取り組みとなるばかりか、本学のみに負託された社会的な責務と考えています。
 このような観点から、その中核的な役割を担うべき全学附置機関として、2017(平成29)年4月「立正大学石橋湛山研究センター」を開設します。
 初代センター長には、湛山研究の第一人者、増田弘法学部特任教授が就任。
同センターでは、湛山に関する文献資料・情報を蒐集するとともに、湛山研究プロジェクトを企画・実践し、石橋湛山和平賞(立正大学版ノーベル平和賞)授与制度も運用していきます。
「湛山のことを知りたければ立正大学へ」を合言葉に、湛山研究の拠点化を目指してまいります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月末まで蒔けるよ!梅雨本番... | トップ | 7月16日(日)「じねん道のタ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む