一反百姓「じねん道」【最新情報】『農的ワークライフバランス日記』♪斎藤博嗣&裕子・夫婦子供2人で家庭自給生活を自学自習中

「じねん道」タネ・農産物・本【販売ブログ】http://jinendo.exblog.jp/『みんな一粒百姓にな~れ!』

報告③登壇者プレゼン:2015年12年5日『食と農を支配するのは誰か?』第35回ICU-上智国際シンポジウム

2016年01月26日 | 一反百姓「じねん道」斎藤ひろつぐ&ゆうこ

2015年12年5日『食と農を支配するのは誰か?』第35回ICU-上智国際シンポジウム
報告③登壇者プレゼンテーション(レジュメ一部分)です。

報告②登壇者プロフィール⇒
報告①当日プログラム⇒

 
 




■基調講演①
ミゲル・アルバレス・ガンダラ
『グローバル危機および食料危機への挑戦と選択肢』
Miguel Alvarez Gandara
『Challenges and alternatives to the global food crises』






 


 


■基調講演②
ビセンテ・アドリアーノ・ビセンテ
『G8新連合がモザンビーク農民にもたらす見えないリスク
:市民団体や草の根組織がいかに効果的に食糧主権を訴えていけるか?』

Vicente Adoriano Vicente
『The hidden risks of the G8 New Alliance for peasant agriculture in Mozambique
:How can the CSOs and grassroots movements better advocate for food sovereignty?』





 

 

■パネリスト・プレゼンテーション
関根佳恵内田聖子斎藤博嗣
  
 
●関根佳恵
『国連機関が示す新たな方向性
 :小規模・家族農業とアグロエコロジー』
 SEKINE Kae
『New Directions Proposed by the UN
 :Small and Family Farming and Agroecology





 
●内田聖子
『自由貿易・投資の拡大が人びとにもたらしたもの
 ―民主主義、主権、持続可能な農業と地域社会への危機―』
UCHDA Shoko
『Free Trade Agreement/BITs Threaten People
 :Crusis of Democracy,Sovereignty,sustainable agriculture and local community』


 




●斎藤博嗣
『日本発!!一反百姓による「地球市民皆農」から「緑の生命連鎖」へ
 :「一粒」をヒントに読み解く!地球で生きるための農、「生存権」としての自家採種』
SAITO Hirotsugu
『From Japan to the World!! “Agricultural Movement for and by All Global Citizens’” leading to “Green Life Chain” starting from a Quarter Acre Farmer
 -Thinking from “one seed”.  What kind of agriculture do we need to live on the earth?
  Home seed production as our “right to exist”. -』
 

 












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« じねん道の記事@のらのら編... | トップ | 1月31日蒸気機関車D51(デゴ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

一反百姓「じねん道」斎藤ひろつぐ&ゆうこ」カテゴリの最新記事