一反百姓「じねん道」【最新情報】『農的ワークライフバランス』日記♪斎藤博嗣&裕子:夫婦子供2人・家庭自給生活を自学自習中

「じねん道」の【販売ブログ】http://jinendo.exblog.jp/『一反百姓のすすめ☆みんな百姓にな~れ!』

一反百姓「じねん道」斎藤博嗣&裕子が、参議院候補「三宅洋平」&参議院議員「山本太郎」さんを応援する訳

2016年06月28日 | 最新情報(お知らせ)

一反百姓「じねん道」斎藤博嗣&裕子が、
参議院候補「三宅洋平」&参議院議員「山本太郎」さんを応援する訳
いっぱいありますが、時間が限られるので、何点かUpします!! 

①「山本太郎を一人にしないため」立ち上がる誠実さ
「一人にしない」と立ち上がった、三宅洋平さんを応援します。
スクランブル交差点の映像を見るたびに「尾崎豊」の歌を思い出す、
渋谷駅前での選挙フェス。。
三宅洋平と山本太郎が演説する動画を見ていたら、
後ろの『火花』の看板の宣伝文句がまさの言いえて妙・・・。
「『火花』 - 狂おしいほど純粋すぎる、この二人」
まさにこの2人、「三宅洋平と山本太郎」こそ「狂おしいほど純粋」だ。
この二人のまっすぐな純粋さに賛同します。
決して一人じゃない。。

 
 


②マラドーナの5人抜くにかけた「6人抜き」に感銘
1974年生まれのサッカー好きの私にはたまらない歌でした!
Diego Maradona(マラドーナ) - 5人抜きドリブル


③「私らしくあれる社会」に共感

三宅洋平の演説を見ていると
「かっこいい」というよりは「かっこ悪い」のか?
本人もアーティストとして、伝えたいことと
どう見られているかのギャップを埋めること(KYの雰囲気)、
それを感じながらも政治的に発言しなくてはならない、
ミュージシャンと候補者としてのジレンマがひしひし伝わってくる。
その「めいいっぱい」かっこつけている
三宅洋平の「三宅洋平らしさ」が、
不恰好(ブカッコウ)さが、「かっこいい」のだ!!
「私らしくあれる」ということが「かっこいい」。
理屈を超えてその存在そのものとして伝わってくる
ことに共感します。
仕事という言い訳で、どれだけ大人は罪を犯してきたか。
お金、経済を追いかけることこそが、大人の証(あかし)
という世界はあまりに歪んでいる。
「自分が自分の世界の主人公になりたかった
 子どもの頃から憧れていたものに
 なれなかったんなら 大人のフリすんな
 第一希望しか見えないぜ 不死身のエレキマン」(ザ・ハイロウズ)
誰かの役に立たなくても、その人はその人であることが素晴らしい社会。
他の誰でもない「私が私であってよかった」と思える人生が、
認められた社会にしていきたい。

 

 

「三宅洋平の政策ビジョン」に賛同

 環境第一(憲法に生態系の権利を)

 一億万耕(農教育の制度化)
エクアドルの新憲法には「自然の権利」または「生態系の権利」を保障する条項を含んでいる。
これは世界で初めてのもので、エクアドルではすべての人間が持つ人権と同様の権利を「自然」が持っている。
米国の法では「企業体」が人権と同様の権利を持っている。
そう、生態系に暮らすイキモノたちは
「私らしくあ“ふ”れる社会」by一反百姓「じねん道」
植物をはじめ自然の生態系は、競ったり、争ったりしない、
勝ち負けや、1等2等や、金メダルとか銀メダルがなくても、
種が落ち、芽が出て、やがて実を結んで、食べて、また種が蒔かれる、
一粒が万倍になって、種が無限に増えていく、歓喜に満ちた世界です。
それはオリンピック以上の価値がある。
デビュー10周年「いきものがかり」の唄に『なくもんか』がある。
「愛想笑いだけは上手くなってさ、大人にはなれたけど。
僕が描いてたのは、そんなもんじゃないんだよ。
もっと強くて優しいはずの温もり…」
もっと強くて優しいはずの存在、そう「自然のように大きな人」
わたしもそんな大人であり、社会人でありたい。
未来の世代にむけて、お百姓さんこそ、「地球を守るイキモノガカリ」だ!
と応援してくれる、そんな政治家が出てきて欲しい。
地球温暖化や土から離れた体と心の荒廃がますます進行している時代に、
とても共感します!!
 
 じねん道が出店した、2013年10/27(日)鴨川自然王国・秋の収穫祭&三宅 洋平スペシャルトークライブ
で、ライブ後に三宅さんとお話しした約束どおりですね

 



◆「私らしくあれる社会」まさに・・・

基本的人権の尊重、幸福の追求権、職業選択の自由、国民主権etc

日本においては水や空気のように当たり前になっているが、
(見た目は緑に覆われている日本も、農地(農薬・化学肥料)に限らず、高層ビルなど加熱する都市化、
生活排水や大気汚染により、身近にある土がまさしく「砂漠化」しているように思えてなりません。)
見えないものを見ず、見えるもの(合理主義)とお金さえあればという拝金主義が産んだ、
「人の心」もまた砂漠化してきています。
政治は何のためにあるのか?
その命題に答えられない「賞味期限切れの政治家」を変えなくてはならない。
1905年ドイツで前衛芸術家グループ「ブリュッケ(ドイツ語で「橋」という意味)」が生まれ、
ドイツ表現主義(Expressionism)と言われる運動の起点になり、こう宣言しました、
「未来を担う若者として、我々は依然として居座り続ける旧勢力に対し、
力と生の自由を手に入れようと望むものである。
創造へと駆り立てるものを、直接的かつ純粋に表現するものは、
皆、我々の仲間である。」
 

私たちも「山本太郎」「三宅洋平」に続く
その「一人」でありたい。
この「地球」にこの「日本」に同時代を生きる
「一人」の仲間として。。

「わたし自身」を取り戻すために、
生ゴミとして選挙権「1票」を捨ててしまわずに、
自助(Self-Help)のためにこそ、選挙に参加しよう!

一人一人が「種を蒔く人」になること。
「私らしくあれる社会」をみんなに呼びかけましょうー!
そして、『三宅洋平』に一票を!!

一反百姓「じねん道」斎藤博嗣&裕子
2016.6.28
 


Everyday Greenpic 宣言
『エブリデー・グリーンピック:毎日が緑の祭典*地球市民皆農運動』


◆参議院候補 「三宅洋平」知らない方は・・・
http://miyake-yohei.com/

http://miyake-yohei.com/2016/06/21/senkyofes2016/

 △▼△▼△▼△▼△▼△
 
 
=INFORMATION=
 
三宅洋平公式WEB
http://miyake-yohei.com
 
ボランティア募集中!
http://bit.ly/miyake-volunteer
 
まだまだカンパが不足しています!
カンパのご協力をお願いします!
http://miyake-yohei.com/donate/
 
ハガキ大作戦で1票を100票に!
ハガキお取寄フォーム
http://bit.ly/miyake-hagaki/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大拡散希望・三宅洋平を当選させるために、今、全国のあなたにできること→三宅洋平日記ブログより抜粋

2016年06月27日 | 「じねん道」暮らっシック通信

 三宅洋平 選挙フェス
「ハガキ大作戦 〜50万枚配りきろう!」

三宅洋平日記ブログより抜粋!!

三宅洋平を当選させるために、
今、全国のあなたにできること

http://ameblo.jp/miyake-yohei/entry-12174525692.html

▼ハガキ大作戦概要
https://www.facebook.com/miyake.yohei123/posts/1176010559115928

【今、あなたにやってほしいこと】


あなたの1票を10票、100票に増やすために、
都内の、そして全国の皆さんにやってもらいたいことがある。

それは「票固め」とも呼ばれるアクションで、
つまり、あなたの家族や友達の票をしっかりと約束してもらうコミュニケーションである。


A・とにかく東京に住む友達に直接会って、チラシを見せる、HPを見せるなどして三宅洋平への投票を約束してもらう

http://miyake-yohei.com

B・都内に住む友達に電話をかけて、三宅洋平への投票を約束してもらう
(例えば公明党支持者の皆さんは、選挙期間中におよそ100~300人に電話をするのだという)

・メールで「三宅洋平に1票入れて」の直接的投票呼びかけはNG
・LINE、TW、FBなど、SNSはDMも含めてWeb扱いなので、OK

C「公選ハガキ」という、選挙期間に候補者から無料で送付することのできるハガキを使用する。

まず、あなたはこの「公選ハガキ」をゲットしなければならない。

1・公選ハガキを街頭or事務所でGETする。
東京都から遠いところにいる、全国のあなたは、事務所のメールアドレス http://bit.ly/miyake-hagaki へハガキセットを送ってほしい住所を送る。

2・ハガキが届いたら友達の住所、そしてメッセを一言添えて事務所に送り返す
(このハガキが、事務所から友達へ送られる。)

3・友達へ「今からハガキが届くよ」って電話する

★!ここが重要!★
「え?三宅洋平ってどんな人なの?」「なんでその人を応援してるの?」と云ったような友達の疑問にあなたは答えなければならなくなる。

そこで
「まず、今回は改憲勢力が78議席以上を取ると国会で2/3議席が改憲派になって、改憲が発議されること」
「自民党の改憲草案は、平和主義、基本的人権、国民主権を否定している人たちが作った」
ってことなどを伝える。(参考ブログ:三宅洋平「憲法の改悪を止めるためには」

なんせこの「直接的な投票呼びかけ」ってのは、
この選挙期間以外にやったら「違法」とされている。
この選挙期間という「魔法の時間」だけに許された、特別な行為なのだ。
やらない手はない。♫

事務所には50万枚のハガキが用意されている。
ここで、どれだけの「基礎票」を作れるか。
それが僕たちの命運を左右すると言っても、過言ではない。
























雰囲気だけでは、
想うだけでは、
応援するだけでは、
そして街頭に集まるだけでは、
この国は変えられない。

========================

以上、 三宅洋平日記ブログより抜粋

=INFORMATION=
 
三宅洋平公式WEB
http://miyake-yohei.com
 
ボランティア募集中!
http://bit.ly/miyake-volunteer
 
まだまだカンパが不足しています!
カンパのご協力をお願いします!
http://miyake-yohei.com/donate/
 
ハガキ大作戦で1票を100票に!
ハガキお取寄フォーム
http://bit.ly/miyake-hagaki/



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月26日(日)渡良瀬川の上流と下流のフィールドワーク「田中正造ゆかりの佐野を歩く」足尾に緑を育てる会

2016年06月25日 | 「じねん道」暮らっシック通信


「民を殺すは
国家を殺すなり
法をないがしろにするは
自ら国を毀(こぼ)つなり
財用をみだり
民を殺し法を乱して
しかして亡びざるの国なし
これを如何」
田中正造
 

じねん道が会員になっている
足尾に緑を育てる会」が主催するフィールドワークです。
佐野には、博嗣の母が生まれ育った場所です。。 

 

 

 

フィールドワーク第1部ー田中正造ゆかりの佐野を歩くー 参加募集

昨年は20周年記念として渡良瀬川の上流と下流のフィールドワークを実施しました。
引き続き実施することとなり、今年は正造ゆかりの佐野地区をめぐることになりました。
ゆかりの地では、なるべく地元の方のお話が聞けるようにお願いしてあります。
充実した内容になるよう、準備を進めておりますので、お誘いあわせのうえ、ぜひご参加ください。
○日時 2016年6月26日(日)9:30~16:30 雨天決行
○集合場所 佐野市郷土博物館駐車場
 ※足尾出発バス=足尾銅山観光駐車場 7:00出発
○コース (バス移動)佐野市郷土博物館→惣宗寺(厄除け大師)→佐野協会→田中正造生家・墓地・阿弥陀堂→浄連寺→人丸神社→堀米地蔵堂跡→佐野市郷土博物館
○募集定員 50人(定員になり次第締切)
○参加費 1,000円(資料代、保険料、見学料を含む)
○持ち物 昼食、飲料、タオル、雨具など
○申込み・問合せ 足尾に緑を育てる会(TEL0288-93-2180・E-mail:home@ashiomidori.com)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大拡散希望・三宅洋平 〜 自分らしくあれる社会@選挙フェス 2016・寄付&ボランティア大募集!

2016年06月25日 | 一反百姓「じねん道」

三宅洋平オフィシャル・ホームページ
http://miyake-yohei.com/



三宅洋平 〜 自分らしくあれる社会


http://ameblo.jp/miyake-yohei/entry-12172461617.html

「STOP改憲! 2/3議席」
「脱被ばく 測りまくる日本」
「消費税やめて富裕税を」
「自分らしくあれる社会」

三宅洋平 ~ 自分らしくあれる社会

・STOP!改憲2/3議席
今回の参院選、改憲勢力が2/3を超えそうな勢いだと報じられています。自民、公明、お維、元気、こころなどの改憲勢力が2/3議席を超えたら発議されると言われているその内容の代表的なものとして以下があります。

1・非常事態に際し、「三権分立」「基本的人権」等の原則を一時無効化、内閣総理大臣に独裁権限を与える
2・13条、24条「個人の尊厳」を削除
3・9条2項を見直し自衛隊の国軍化
憲法の改正ならいざ知らず「改悪」だけは止めなければなりません。憲法議論の未成熟な今、国民投票に付託することは危険だと言わざるを得ません。

・脱被ばく 測りまくる日本
福島原発事故により原爆100発分の放射性物質が日本国土に降下しました。「被ばくは危険!」「いや危険を煽るな!」と国内を2分した対立も、5年が経過してすっかり収まり、当たり前のように原発も再稼働を始め、話題にすらならない状況です。家族や友人関係を分断してきた「わだかまり」の原因は、国が正しい情報を国民に知らせてこなかった、ということに尽きます。事実、存在する被ばくへの対処は、国家レベルの徹底した実態調査と情報の公正な周知からしか始まらないのではないでしょうか。

・消費税やめて富裕税を
介護・保育の充足など、社会にとってポジティブな政策提案は数多く存在しますが、常に「そんな財源は存在しない」という声によって押しつぶされてきました。しかし、財源は存在しています。日本国内の個人の「金融資産」は全体で1740兆円、そのうち500兆円が1%の「超富裕層」に独占されていますが、課税されていません。この500兆円に平均5%の税を課すると25兆円の財源が確保できます。1989年以来、消費税こそが消費を減退させ、日本の経済を悪化させてきた要因となってきましたが、富裕税を課することでこのデフレスパイラルから脱却することができます。


・原発即時停止
・廃炉ビジネスの透明化
・TPP入らない
・教育の無償化(小・中・高・大)
・戦争よりも災害に強い自衛隊
・基礎控除を38万円→120万円に(ベーシックインカム)
・破壊から再生の公共事業へ
・R水素、小型風・水力などの地域循環エネルギーを推進
・廃炉ビジネスの透明化
・動物殺処分0!
・最低賃金の大幅引き上げ
・保育・介護の社会化の徹底
・環境第一(憲法に生態系の権利を)
・原発即時停止
・TPP入らない
・教育の無償化(小・中・高・大)
・オーガニック革命(有機・自然農の推進)
・1億万耕(農教育の制度化)

→大賛同します!!!

 

三宅洋平・選挙フェス 2016



http://miyake-yohei.com/donate/


三宅洋平「選挙フェス」ボランティア大募集!
http://miyake-yohei.com/access/

 





 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

拡散希望:6月25日(土)選挙フェス2016 DAY4 三宅洋平&山本太郎

2016年06月25日 | 「じねん道」暮らっシック通信

拡散希望。
よろしくお願いいたします。
 

http://miyake-yohei.com/

12:00からは代々木公園のアースデイマーケットから練り歩き隊が出動!ブラジルフェスティバルまで歩きます!
飛び入り参加も大歓迎!そのまま一緒にボランティアスタッフとして参加しましょう!
 
15:30からは新宿駅東南口で街宣!
土曜日なので、多くの人手が予想されます。
どれだけ多くの人に声を届けられるか。
ハガキを受け取ってもらえるか。
ここもすごく重要な街宣になるでしょう。
 
そして、17:00から20:00まで、渋谷ハチ公前で選挙フェス開催!
3年前の参院選最終日、渋谷ハチ公前で行った三宅洋平の憲法9条の朗読は多くの人の胸を打ち、多くの人の意識を変えました。
 
前回参加した人も、その後、選挙フェスを知った人も、帰ってきた選挙フェスin渋谷ハチ公前に是非ご参加ください!
 
選挙フェス2016 DAY4、盛り上げていきましょう!  
————————————
 
選挙フェス <DAY4>
 
日時:2016年6月25日(土)
1st 12:00〜 代々木公園アースデイマーケット→アフリカンフェスティバル(練り歩き)
2st 15:30〜 新宿駅東南口
3rd 17:00〜20:00 渋谷ハチ公前
 
3rd SPECIAL GUEST:
DELI、ラビラビ、渋沢葉、SUGIZO(Talk)、雨宮処凛(Navigator)…and more!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

じねん道・ファミリー6月4日「琉球の植物‐南国に生きる植物たち‐」&公開シンポジウム@筑波実験植物園

2016年06月25日 | 「じねん道」暮らっシック通信

じねん道・斎藤ファミリーで、
6月4日「琉球の植物‐南国に生きる植物たち‐」と
公開シンポジウムに参加してきました。
http://www.tbg.kahaku.go.jp/event/2016/05ryukyus/

久しぶりの筑波実験植物園。。



 
 

   
 

  
   

「山菜として食される植物たち」
-映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」の植物たちに会いに行こう!!-
古くより日本では自然から山菜植物を採り、それを食する独特の文化があります。
最近では市場でも栽培された山菜が広く流通していますが、その反面、自然で生きた山菜植物に接する機会は少なくなりました。
そのため、それらの生物学的な特長についてもあまり知られていません。
山菜植物の多くは一般に“雑草”と呼ばれていますが、植物学的には“雑草”という植物名はなく、
一つ一つに名前があります。
そして、私たちはそれらの植物の多くを食用や薬用として有史以前から利用し、自然の恵みとして享受してきました。有川浩の小説が原作の映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」は日本人がこれまで親しんできた山菜などの食べられる植物、身近な植物、希少となってしまった植物などを通して人間関係がくりひろげられる物語です。
筑波実験植物園では、6月4日(土)から始まる映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」の全国ロードショーにあわせ、映画に登場する植物を中心に、生きた山菜植物など約60 種をそれらの生物学的特長の解説パネルとともにご紹介します。
多くの方に山菜として利用される植物を深く知っていただくとともに、自然の恵みを感じていただければと思います。
国立科学博物館筑波実験植物園(園長 岩科 司)において、映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」でも紹介される山菜として食される植物の展示を行います。
※映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」では、当館植物研究部 多様性解析・保全グループ 研究主幹 國府方 吾郎が植物についての監修を行いました。

 

             


 
 



       



       


そして、普段は入れない場所での、
怪しげな(笑)公開シンポジウム。。
  

満員。。席が足りないほど。
総合コーディネーターは、先ほど文中で登場した
映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」監修者
植物研究部 多様性解析・保全グループ 研究主幹 國府方 吾郎氏

 

琉球に生きる植物たち

日にち

6 月4 日(土) 

集合時間 12:45
定員

30 名 (予約不要。 当日12:30~12:45受付)

集合場所

研修展示館1階ホール (会場までご案内いたします)

時間プログラム

13:00~13:30

「琉球の植物相の概要」 
琉球大学理学部海洋自然科学科 横田 昌嗣

13:30~14:00

「沖縄群島の絶滅危惧種の現状と新知見」 
(一財)沖縄美ら島財団総合研究センター 阿部 篤志

14:00~14:30

「南の島の不思議なきのこ」 
国立科学博物館植物研究部 保坂 健太郎

14:30~15:00

「琉球の植物の起源はいろいろ」 
国立科学博物館植物研究部 國府方 吾郎



 

◆◆◆編集後記◆◆◆


帰ったら、
いっぱい「赤モーウィ(沖縄キュウリ)」の種を蒔こうね!
2016年春号:こども農業雑誌『のらのらno.18』「ぼくらの菜園プラン」・農文協
 で「じねん道おすすめタネ」として記事掲載された「赤モーウィ(沖縄キュウリ)」

まだまだ間に合いますよ!
どなたかの記事に書いてありましたが、
「赤モーウィ(沖縄キュウリ)」が寒さでやられてしまった、
「やはり沖縄のキュウリ無理でした」と書いてありました。
というか、蒔くの早すぎ!
どのキュウリもそうですが、7月まで蒔けますよ!
その方がずっと収穫できますよね!!!
是非今からでも蒔いて見て下さい。
じねん道では、もちろん、「これからも」蒔き時です。。

 一反百姓「じねん道」の【販売ブログ】
http://jinendo.exblog.jp/
『緑の哲学と一反百姓のすすめ☆みんな百姓にな~れ!』  
 
 
 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄「怒りは限界を超えた」「奴隷じゃない」「クヮゥマガマムティ」「沖縄に基地いらない」「県民の苦難と向き合う」

2016年06月25日 | 一反百姓「じねん道」

政治家はその国の写し鏡

「一国の政治というものは、国民を映し出す鏡にすぎません。
政治が国民のレベルより進みすぎている場合には、必ずや国民のレベルまでひきずり下ろされます。
反対に、政治のほうが国民より遅れているなら、政治のレベルは徐々に上がっていくでしょう。
国がどんな法律や政治をもっているか、そこに国民の質が如実に反映されているさまは、見ていて面白いほどです。
これは水が低きにつくような、ごく自然のなりゆきなのです。
りっぱな国民にはりっぱな政治、無知で腐敗した国民には腐りはてた政治しかありえないのです。」

サミュエル・スマイルズ『自助論』Self-Help 

「天は自らを助くる者を助く」
(Heaven helps those who help themselves. )

 

 
 
 

 

 

 三宅洋平 「Gypsy Song」 2013/4/25

2013/04/30 に公開
「多様な社会、カラフルな社会を目指して本気で僕はやります。
同じテンションに誰が何人がなるかで
本当に面白い事が起きるか起きないのかだと思いますよ。
どう転んでも俺は良いんですけど。
行くならね、思い込むなら良い方へ。」

この国が平和だと
だれが決めたの
人の涙も渇かぬうちに

アメリカの傘の下
夢も見ました
民を見捨てた戦争の果てに

蒼いお月様が泣いております
忘れられないこともあります

愛を植えましょうこの島へ
傷の癒えない人々へ
語り継がれていくために

この国が平和だと
誰が決めたの
汚れ我が身の罪ほろぼしに

人として生きるのを
何故にこばむの
隣り合わせの軍人さんよ

蒼いお月様が泣いております
未だ終わらぬ過去があります

愛を植えましょうこの島へ
歌を忘れぬ人々へ
いつか花咲くその日まで

御月前たり泣ちや呉みそな
やがて笑ゆる節んあいびさ
情け知らさなこの島の
歌やこの島の暮らしさみ
いつか咲かする愛の花

海渡りゆけ 大地をやすませて
野生の大地をとりもどす 此処に種をまこう

 

「天は自らを助くる者を助く」
(Heaven helps those who help themselves. )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

拡散希望・6月25日(土)キューバ友好フォーラム開催 [どうなるキューバ☆ラテンアメリカ] @日本記者クラブ大会議室

2016年06月24日 | T&T゛研究所・研究員:斎藤博嗣

じねん道・博嗣が茨城に移住する前、
事務局に参加させて頂いていた、
キューバに関心を持ち友好促進を願う人々が一堂に会して情報を交流し合う
 「キューバ友好円卓会議」
の催しです。 
拡散よろしくお願いいたします。

2016年6月25日(土)キューバ友好フォーラム開催
[どうなるキューバ☆ラテンアメリカ]
★詳しくはこちら
http://cubaentaku.web.fc2.com/img/1606025forum_flier.pdf

 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

拡散希望・PARC主催: 6/23(木)【変わる!変える!18歳の選挙権】上映会&トークライブ@EDITORY神保町

2016年06月18日 | 「じねん道」暮らっシック通信

じねん道・博嗣が講師をさせて頂く、
PARC自由学校さんから
6/23(木)【変わる!変える!18歳の選挙権】上映会&トークライブ
@EDITORY神保町
のお知らせです。
拡散よろしくお願いいたします。


PARC新作DVD完成試写会&トークライブ
「変わる!変える!―18歳の選挙権―」 



 消費税増税、安保法制、待機児童問題、TPP問題…。
新たに有権者となる18歳19歳は、数々の争点をどう捉え、
どんな判断を下すのか。
そもそも、低迷する若者の投票率は上がるのか?

選挙権年齢を20歳に定めている国は、わずか8か国で
世界の9割の国々が選挙権年齢を18歳以下に定めている。
主要国首脳会議サミット参加国の中で、18歳までに選挙権を
与えていない国は日本だけだった。

70年ぶりの選挙権の拡大に踏み切った日本。
今こそ、若者の、若者のための、若者による民主主義へ!

PARCビデオ最新作
『ゼロから始める主権者教育ー18歳の選挙権』
完成記念として、ビデオ視聴後、出演者たちによる
トークライブを開催します。

子どもや若い世代の間で、市民としての意識をどう育み
市民意識をどう共有するか。
参院選を目の前に控え、熱く語ります!

トークライブ・パネリスト
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・三浦まりさん(上智大学法学部教授)
“若いうちに政治参加できなければ、一生政治参加しない。”
 
・林 大介さん(東洋大学社会学部助教/模擬選挙推進ネットワーク事務局長/特定非営利活動法人コミュニティ・オーガナイジング・ジャパン理事)
“有権者でない、子どもだって主権者だ”

・寺井尚輝さん(僕らの一歩が日本を変える。)
“若者と社会が共にその可能性と向き合うことで、
日本はより良い方向に向かうのだと信じています。”
 

■コーディネーター
内田聖子(PARC事務局長)


出演者
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・白石 草さん(認定NPO法人 OurPlanet-TV 代表理事)





トークライブ概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日 時:2016年6月23日(木)19:00~21:00(開場18:30)

会 場:EDITORY 神保町 2F
※アクセスはこちら

参加費
・800円(一般)
・500円(PARC会員・PARC自由学校2016年度受講生)
プログラム
19:00 主催者あいさつ
19:05 新作DVD『18歳の選挙権』上映
19:30 制作担当OurPlanet-TV、代表理事・白石草さんより、制作秘話
19:40 休憩
19:50 トークライブ 「若者が動く。社会が変わる。」
   パネリスト3名によるトーク
20:30 質疑応答
20:50 終了あいさつ

上映作品
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


『ゼロから始める主権者教育-18歳の選挙権』

2016年、選挙権年齢が引き下げられ、約240万人の新しい有権者が誕生します。
“市民”としての意識を育む学びとは何か。
選挙の基礎知識の解説に留まらず、
生徒たちの主体性を育むためのヒントを探ります。 
監 修:林 大介
 (東洋大学社会学部助教/模擬選挙推進ネットワーク事務局長/特定非営利活動法人コミュニティ・オーガナイジング・ジャパン理事)
制 作:認定NPO法人 Our Planet TV
企 画:NPO法人 アジア太平洋資料センター(PARC)

 DVD/16:9/2016年/日本語/カラー/41分
 定価:6000円+税(図書館価格15,000円+税)



お申し込み
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
下記のフォームから入力されるか、
メール、電話にてお名前申込人数をご連絡ください。
申込フォーム:こちら


********************************************
◆お問い合せ先◆
NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)
東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL.03-5209-3455
E-mail :office@parc-jp.org 

********************************************


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

拡散希望・土と平和の勉強会6.21(火)夜「中村哲先生講演会」@明治学院大学 白金校舎

2016年06月18日 | T&T゛研究所・研究員:斎藤博嗣


拡散よろしくお願いします。


http://www.tanemaki.jp/study2016621/index.html

この勉強会には、
毎秋の音楽と有機農家のフェス「土と平和の祭典」でおなじみ
種まき大作戦の実行員長のYae、
そして実行委員会の世話人代表の加藤登紀子さん、
世話人のお一人で明治学院大学国際学部の教授である
辻信一さんも駆けつける予定です。

皆さまもどうぞご参加ください!

6.21(火) 夏至の夜、明治学院白金校舎でお会いしましょう!
 

Yae
半農半歌手/種まき大作戦 実行員長
加藤登紀子
歌手/種まき大作戦世話人代表
辻信一
明治学院大学国際学部教授
/文化人類学者/環境運動家
/種まき大作戦世話人

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよ梅雨前、まだ間に合う「直まき」タネ蒔き!麦刈り&豆蒔き本番の季節到来!!

2016年05月30日 | 最新情報(お知らせ)



もう夏に向けてのタネ蒔きは、終えましたか?
もちろん!
という方もいらっしゃると思いますが、
ビニール資材等を使わない方、
苗を作らないで「直まき(じかまき)」する方は、
これからがタネ蒔きシーズンのピークではないでしょうか。

じねん道でも、もうすでに蒔いたタネもたくさんありますが、 
これからのシーズン
「高い温度」「高い湿度」「高い地温」「シトシト降る梅雨の雨」(最近はシトシト降りませんが)
には、「直蒔き(じかまき)」したものが、
次々と発芽しやすく、その後も適度な(?)湿り気もあり、
「なんでもかんでも」田畑でどんどん発芽します。 
今まで発芽や初期成育で中々できなかった作物も、
この季節から始めればバッチリ!!
プロ農家でない、自給農の方なら充分、
むしろこの時期からリラックスして、
是非、田畑に直接「直まき」タネ蒔きを!! 

 

一反百姓「じねん道」の【販売ブログ】
『緑の哲学と一反百姓のすすめ☆みんな百姓にな~れ!』  
http://jinendo.exblog.jp/

以下は、じねん道のタネと苗「新しいラインナップ」です。

お取扱店舗へも随時入荷しております。

◆タネ1袋(1坪に蒔ける)324円
●野菜
・そうめんカボチャ
・黒ゴマ
・エゴマ(黒)
・赤モーウィ(沖縄キュウリ) ⇐ こども農業雑誌『のらのらno.18』記事掲載
・トウガラシ
・島オクラ
・オクラ(ダビデの星)
●花・植物
・トロロアオイ
・フウセンカズラ
・おもちゃカボチャ
・オナモミ
 


***********************************
◆じねん道の「たね」などの販売品は、講演、講師、講座、パネリスト、トークライブを 
じねん道がつとめる時や野外や屋内、カフェなどイベントでも出店販売しております。
お取扱店は、東京を中心に全国の書店やカフェなどさまざまな場所で取り扱って頂いています。 
***********************************
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月4日(土)関根佳恵氏講演会:未来を拓くアグロエコロジー~世界が支持する小さな農業~@名古屋

2016年05月22日 | T&T゛研究所・研究員:斎藤博嗣

昨年(2014)、一昨年(2015)
2015年12月5日「食と農を支配するのは誰か?」@ICU-上智国際シンポジウム
2014年11月25日「日本の政策にも小規模家族農業支援を」フランス農業開発研究国際協力センター(CIRAD)の研究者を囲んで@永田町・参議院議員会館員
2014年6月14日『国際家族農業年と人びとの食料主権』報告書@上智大学 

『国際家族農業年』『家族農業』『小規模農家支援』『食糧主権』関連の
シンポジウム等でご一緒させて頂いた
関根佳恵(愛知学院大学経済学部 准教授)さんの
講演会が名古屋であります。

是非ご参加下さい。

 

<なごや環境大学共育講座>
未来を拓くアグロエコロジー
~世界が支持する小さな農業~
https://e-able-nagoya.jp/lec/1928/

 

・講師
関根 佳恵(愛知学院大学経済学部 准教授)
・開催日時
6月4日(土)
10:30~12:00
事前申し込み不要、当日先着順受付。

手話通訳・要約筆記つき
・定員
350人
・受講料
無料
・会場
イーブルなごや3階ホール
https://e-able-nagoya.jp/tours/access/
託児あり
・主催
名古屋市女性会館の市民講座
・PDFチラシ
https://e-able-nagoya.jp/wp/wp-content/uploads/2016/03/H28_E-2.pdf

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

じねん道・コラム連載「百姓の100章」第2章〈時間の自給〉 @『ハリーナ』2016年5月号no.32@アプラ機関誌

2016年05月18日 | 最新情報(お知らせ)

コラムの連載をさせて頂いている
NPO法人アプラ(APLA)の機関誌
『ハリーナ』。
掲載2回目(「百姓の100章」第2章)を2016年5月号no.32
に掲載して頂きました。
タイトルは、
〈百姓の100章 02〉
〈時給〉から〈自給〉へ、〈時間の自給〉
自然と自分を頼る「百姓力」
◎斎藤博嗣&裕子



掲載第1回目=第1章
〈百姓の100章 01〉
百姓は「健康で文化的な最低限度の生活を営む」仕事と暮らし 
アプラHPより、全ページを無料でお読みいただけます→ PDF(14.5MB) 
 
※じねん道のコラムは10ページに掲載


●「APLA (Alternative People's Linkage in Asia) / あぷら」さん。
「人びとが創るもうひとつのアジア」
日本を含むアジア各地で「農を軸にした地域自立」をめざす人びとどうしが出会い、
経験を分かちあい、協働する場をつくり出す
「じねん道のタネ」をネット販売「APLA SHOP」
&アプラさんの対面販売(東京朝市アースデーマーケットなど)でお取扱頂いています。

※以前、『ハリーナ No.26』2014年11月号
トピックス「一反百姓---小さなの〝農民〟からの発想」→ PDF(12.8MB)
を書かせて頂きました。



◆◊◆◊◆◊◆◊◆◊◆◊◆◊◆◊◆◊◆◊
コラムのタイトルは


「ひろつぐとゆうこの、百姓の100章」
A Farmer have One Hundred Stories.
                                             (C)Jinendo2016

 掲載第2回目=第2章は
〈百姓の100章 02〉
〈時給〉から〈自給〉へ、〈時間の自給〉
自然と自分を頼る「百姓力」
◎斎藤博嗣&裕子


◆◊◆◊◆◊◆◊◆◊◆◊◆◊◆◊◆◊◆◊◆◊
是非「ハリーナ」お買い求めください。&APLAの会員にも!
http://www.apla.jp/archives/publications/4918

 


ハリーナ

2016年5月号(vol.02-no.32) 
2016年5月1日発行
[特集] タイ:水産加工食品の現場では―監禁されて働く外国移住労働者




〈Relay Essay ポコポコ32〉水俣から◎谷 由布

[特集] タイ:水産加工食品の現場では―監禁されて働く外国移住労働者◎岡本和之

[小特集] ネグロスとの出会いから30年―3人の同志と第4期の始まり◎秋山眞兄

[Column]
〈Kakao Kita カカオ民衆交易奮闘記14〉お隣さんは山の民◎津留歴子
〈百姓の100章 02〉〈時給〉から〈自給〉へ、〈時間の自給〉 自然と自分を頼る「百姓力」◎斎藤博嗣&裕子
〈カネシゲファームのドタバタ騒ぎ 02〉 NOマネー、NOハニーから一転!?◎寺田 俊
〈続 Have you ever seen the cinema? 02〉『拝啓天皇陛下様』◎重政栄一郎

[わたしの友産友消じまん 08]
スワラジ工房の巻◎鈴木 裕

[APLA食堂 12]
ゲランドの塩◎吉田友則

[Voice from APLA partners]
【ネグロスより】カネシゲファーム・ルーラルキャンバス新体制!

〈事務局だより〉


 




■「じねん道のタネ」販売頂いています

http://www.aplashop.jp/shop/item_list?category_id=320542&cur=1&sort=5&num=12

APLA SHOP
http://www.aplashop.jp/

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

じねん道・斎藤ファミリーで観覧5月15日(日):没後40年『高島野十郎展 光と闇、魂の軌跡』@目黒区美術館

2016年05月16日 | 「じねん道」暮らっシック通信

「四季即是食う(しきそくぜくう)」の集い
次の日、2016年5月15日(日)
じねん道・裕子(ゆうこ)が昔、
スタッフ&アシスタントをしていた、
「目黒区美術館」で開催されている
没後40年『高島野十郎展 光と闇、魂の軌跡』に
じねん道・斎藤ファミリーで観覧に行きました。

じねん道夫婦が私淑する「高島野十郎」
博嗣(ひろつぐ)ははじめての個展、
裕子は同じく目黒区美術館で前回開催された
といっても、1988年「高島野十郎 -美術史探索学・号外展」
以来!!


皆さんも是非、この機会をお見逃しなく!!

没後40年『高島野十郎展 光と闇、魂の軌跡』
http://www.tnc.co.jp/takashimayajuro40/
 2016年4月9日(土)~6月5日(日)
 ・会場
目黒区美術館 など
http://mmat.jp/
(東京都目黒区目黒 2-4-36 目黒区民センター隣接)
・開館時間
午前10 時~午後6時
(入館は午後5時30分まで)
・休館日
月曜日

 







   

 



こども百姓「じねん童」たちには、周りの公園の方が楽しかった??

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大盛況:5/14土『四季即是食う』の集い Mangiamo da 4 Stagione@ペル グラッツィア デル ソーレ&じねん道

2016年05月15日 | 一反百姓「じねん道」



2016年5月14日(土)『四季即是食う(しきそくぜくう)』の集い

“Shiki Soku Ze Kuu” Mangiamo da 4 Stagione
@ペル グラッツィア デル ソーレ&一反百姓「じねん道」
 
昼の部、夜の部、共に大盛況でした!!

久しぶりにお会いできた懐かしい方々。
お話には聞いていたけどお会いするのは初めての方々。
そして、初めてお話しさせて頂いた方々。。。

たくさんの『Pulse
(パルス)』がありました。

Pulse(パルス)」は、豆類、豆のなる植物です。
スぺル(綴り)と発音が全く同じ「
Pulse」には、
「動向、意向、脈拍、振動、波動、律動、鼓動」の意味もあります。
『国際マメ年』に、各個人が色々な土地に「豆のタネ」を蒔くことで、
時空を超えて、互いに生きていることを感じあえたら…。
2016年、「豆のタネ」を蒔き、生きる自給率「1%」Upをはじめよう!
 
ご来店頂いた皆さま、
料理を提供して頂いた、ペル グラッツィア デル ソーレ・伊崎裕之シェフ
そして「豆(マメ)」を育んでくれた、すべての生命に
改めて感謝いたします。
ありがとうございました。

豆(マメ)にとどまらず
『四季即是食う(しきそくぜくう)』の集い Mangiamo da 4 Stagione
を企画していきますので、
是非ご来店下さい。


以下、報告です。

・じねん道の自家採種たね
・じねん道・斎藤ファミリーが取材協力!
こども農業雑誌『のらのら No.19』、2016年夏号・農文協
栽培のコーナー「マメをまこう!」に登場!!
・自然農法の創始者・福岡正信さんの本&DVD
・『四季即是食う(しきそくぜくう)』の山菜たち
 などなど、物販コーナー。。

    
昼の部では、こども百姓「じねん童」いろは&ふうか、販売のお手伝い。





さあ料理が出てくるぞ!!
 

◆伊崎シェフ直筆のメニュー
すべての豆は、福岡正信・自然農法で実った「じねん道のマメ」です。(ナッツを除く)
空豆とキャベツは、愛媛県伊予の「福岡自然農園」からです。

●1品目

・緑小粒大豆、みょうがだけのひたし豆
 かき菜のからしあえ添
・緑豆、ナッツ、スペルト小麦のパスタのパルメザン風味
・赤白あずき、かぼちゃ、ふきの辛いトマトソース
・そら豆とペコリーノチーズ




●2品目

・大豆、ビーツ、カリフラワー、新しょうがのオーブン焼
・よもぎのフリット




夢中になって(手で食べだす)じねん童たち


●3品目

・たけのこ赤・黒ささげのビリヤニ風
・大豆とキャベツのパスタ・ローズマリー風味





こども百姓・いろはが何やらスケッチをノートにはじめました。。


●4品目

・あずきティラミス
・野大豆茶







Gochisousamadeshita!
昼の部で、こども百姓「じねん童」いろは&ふうか帰宅。。



◆夜の部・・・
少し落ち着いた雰囲気で、おしゃべりや物販をさせて頂きました。。
 

ペル グラッツィア デル ソーレでは、
今後も引き続き「じねん道のたね」の販売をして頂きます。

 

 

 

次回の「四季即是食う(しきそくぜくう)“Shiki Soku Ze Kuu”
の企画にも是非ご期待下さい。


 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加