一反百姓「じねん道」【最新情報】『農的ワークライフバランス』日記♪斎藤博嗣&裕子・夫婦子供2人で家庭自給生活を自学自習中

「じねん道」タネ・農産物・本【販売ブログ】http://jinendo.exblog.jp/『みんな一粒百姓にな~れ!』

秋・麦蒔きシーズン到来!『じねん道のたね』に新しく追加、パン適性が優れる硬質小麦「ユメカオリ」1袋300円(+税)

2016年09月21日 | 最新情報(お知らせ)

『じねん道のたね』に新しく、
パン適性が優れる硬質小麦
「ユメカオリ」
1袋300円(+税)
が追加されました!!
まだじねん道・販売品目一覧には追加しておりませんが、
メールに「ユメカオリ」とご注文下さい。
在庫なくなり次第終了となりますので、お見逃しなく!
じねん道・お取扱い各店にも随時補充中です!!



もちろん、小麦「農林61号」&大麦(裸麦)もあります。

画像左から、小麦(農林61号)・穂、小麦(農林61号)・粒、大麦(裸麦)・穂、大麦(裸麦)・粒

 

 注文などの詳細は、「じねん道」の販売専用ブログにて


 一反百姓「じねん道」の

【タネ・農産物・本・DVD・CD販売ブログ】

『みんな一粒百姓にな~れ!』 



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

じねん道・斎藤ファミリー記事掲載「麦まく・・・」@家族で楽しむ・こども農業雑誌『のらのらno.17』2015年冬号・農文協

2016年09月21日 | 一反百姓「じねん道」ひろつぐ&ゆうこ

家族で楽しむ・こども農業雑誌『のらのらno.17』2015年冬号・農文協

26~35ページ「麦まく・たべる・あそぶ」に、
一反百姓「じねん道」が監修&取材協力した記事掲載。
※80ページ、83ページにも関連記事

「じねん道」でも買えます。
jinendo2005★yahoo.co.jp(★を@に変えて送信)

定価823円(税込み)+送料120円 = 943円

※振り込み手数料はお客様がご負担下さい。
※その他、ご注文に関する詳細はコチラ

下記の項目をご記入の上、EメールかFaxでご注文ください。
■注文内容・個数
■氏名               
■住所(〒)
■電話
■Email
■Fax
■注文日
【注文先】
一反百姓「じねん道」 斎藤博嗣(さいとうひろつぐ)
Mail:jinendo2005★yahoo.co.jp  (★を@に変え送信)
Fax:029-889-0120 

■詳細は・・・
一反百姓「じねん道」の【販売ブログ】

『緑の哲学と一反百姓のすすめ☆みんな百姓にな~れ!』  

http://jinendo.exblog.jp/

 

-----------------------------------------------------------------------------



■2015年冬号(No.17)目次
http://www.ruralnet.or.jp/syokunou/201512/index.html#mokuji
http://www.ruralnet.or.jp/syokunou/201512/mokuji.pdf

 


■26~35ページ「麦まく・たべる・あそぶ」
一反百姓「じねん道」が取材協力した記事
※80ページ、83ページにも関連記事

■『のらのら』no.17、2015年冬号の
29ページ「家庭菜園用の少量のタネの入手先」の連絡先の中で
「じねん道のメールアドレス」が間違って掲載されています。
お気をつけ下さい。

 

 


http://www.ruralnet.or.jp/syokunou/




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

報告■ひろつぐ講師:2016年9月15日(木)【一反百姓のすすめ ―生きる自給率「1年1人1%Up」の暮らし】PARC自由学校・環境と暮らしの学校『都市で食べる、都市を耕す』

2016年09月19日 | 最新情報(お知らせ)

受講及びじねん道のたねをご購入いただいた皆さん、
ありがとうございました! 
授業をさせて頂いたPARCさん、
受講中、たくさん写真を撮って頂いたPARCの宇野さんにも
この場をお借りしてお礼を申し上げます。。

 

 
 




じねん道・斎藤博嗣が講師
2016年9月15日(木)
『一反百姓のすすめ ―生きる自給率「1年1人1%Up」の暮らし』

「一反百姓」は健康で文化的な、最小で最上級な生活を営む、
貨幣換算率「1年1人1%Down」の永続的な仕事と暮らし。
貧困は貧“根”が原因。花を咲かせようとする前に、根をはる!!
〈時給〉から〈自給〉へ、植物に教わる生活安全保障を自ら身につけませんか。

@PARC自由学校・環境と暮らしの学校『都市で食べる、都市を耕す』

 
 
 


 

  

 





 
 

講義終了後、
「じねん道のたね」
「じねん道の関連本・DVD・CD」
ブレンド野草茶・お茶の子彩々「無茶空茶(むちゃくうちゃ)」
乾燥野菜・ジャポニスム「キクイモのチップス」 
を販売させて頂きました。

たくさんお買い上げありがとうございました!





  

パルクさんの「1階」入口から入って右側の壁には
「じねん道のたね」が販売されています!
是非お買い求め下さい。




 
 
 

  

一反百姓「じねん道」の商品、お取扱い頂けるお店など募集中です!




   

 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

じねん道出店@10月16日(日) 10:00~17:00第10回記念 土と平和の祭典2016『今が時代の転換点!』@東京・日比谷公園

2016年09月16日 | 最新情報(お知らせ)

一反百姓「じねん道」

10月16日(日)
第10回記念
土と平和の祭典2016
 

出展いたします。

10回記念ということで、
14日(金)~16日(日)の3日間の開催ですが、
一反百姓「じねん道」の出展は
最終日「10月16日(日) のみ」です。

出展内容など詳細が決まりましたら、
ブログなどでお知らせいたします。。
今回はおもしろ企画がある予定です。


ご多忙とは思いますが、都合がつけば是非ご参加ください。
また、広報・情報拡散にご協力頂けると幸いです。
領域が重なるようなMLやSNSなどのメディア、
興味・関心のありそうな知人・友人の方にお知らせください。
よろしくお願いいたします。

■■■

第10回記念・土と平和の祭典2016

今回、土と平和の祭典2016のテーマは
「今が時代の転換点!」

詳細は、土と平和の祭典2016」のホームページ
(第1弾UP、まだまだ準備中ですが...)
http://tanemaki.jp/saiten2016/

■日時
●2016年10月14日(金) 17:00~20:30 <前夜祭:盆踊りほか>
●2016年10月15日(土) 12:00~20:00 <里山・竹フェスティバル>
●2016年10月16日(日) 10:00~17:00 <第10回記念 土と平和の祭典>
※いづれも雨天決行

■会場
日比谷公園 (〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1)

■入場 
無料

■予定来場者数
3日間延べ 30,000人以上 (ただし、晴れの場合)

【主催】種まき大作戦 実行委員会
【共催】NPO法人全国有機農業推進協議会
【企画】NPO法人トージバ

■目的
以下の目的を掲げ、土と平和の祭典は企画されています。
①私たちは、故・藤本敏夫の遺言・農水大臣への建白書の提起を引き継ぎ、農家のエコファーマー化と農的生活を国民的規模で作り出し、持続循環型田園都市と里山往還型半農生活を創造して国民皆農運動を行います!
②私たちは、有機農業推進法の制定を活用して、有機農業大国日本を建設する大キャンペーンを行います!
③私たちは、2011.03.11東日本大震災のこども・被災農家・被災漁民をはじめとする被災者を支援します!
④私たちは、放射能汚染土壌の除染・再生に取り組み、食の安全といのちを守ります!
⑤私たちは、脱原発・自然エネルギー・省エネルギーへの転換を図り、生活を見直します!
⑥私たちは、農業と福祉の積極的な連携を図り、ユニバーサルな共生社会を実現します!

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひろつぐ講師:2016年9月15日(木)【一反百姓のすすめ ―生きる自給率「1年1人1%Up」の暮らし】PARC自由学校・環境と暮らしの学校『都市で食べる、都市を耕す』

2016年09月10日 | 一反百姓「じねん道」ひろつぐ&ゆうこ

一反百姓「じねん道」斎藤博嗣からのお知らせです。

2016.9.15(木)じねん道・斎藤博嗣が講師

【一反百姓のすすめ ―生きる自給率「1年1人1%Up」の暮らし】
@PARC自由学校2016年講座
環境と暮らしの学校『都市で食べる、都市を耕す』





じねん道・斎藤博嗣が講師を担当するのは、
2016年9月15日(木)

『一反百姓のすすめ ―生きる自給率「1年1人1%Up」の暮らし』
「一反百姓」は健康で文化的な、最小で最上級な生活を営む、
貨幣換算率「1年1人1%Down」の永続的な仕事と暮らし。
貧困は貧“根”が原因。花を咲かせようとする前に、根をはる!!
〈時給〉から〈自給〉へ、植物に教わる生活安全保障を自ら身につけませんか。



■PARC
自由学校2016年講座
環境と暮らしの学校
『都市で食べる、都市を耕す』
https://ssl.parc-jp.org/e/html/products/detail.php?product_id=25

食べることが難しい時代になりました。
日本でも子どもの6人に1人が貧困であり、食べ物にたくさんのお金をかけられない人が増えています。
スーパーには安くて怪しい来歴のわからない食べ物ばかりが溢れています。
こうした背景を踏まえ、この講座では、「都市で食べる」ことを真剣に考えます。
貧困層の子どもと一緒に食べ物をつくり、食卓を共にする「こども食堂」の取り組み。
アスファルトをはがし、土を耕し、自分で育てた作物を食べる取り組み。
都市住民の食べるための活動を紹介し、受講者自身が現代を生き抜くためのヒントを提供します。

●2016年6月 - 10月 
●原則として木曜日 19:00-21:00
●全7回/定員30名 
●受講料:27,000円
 ※出かける回の交通費・宿泊費・食費などが別途かかります。
 ※初めて自由学校通年講座を受講される方は別途入学金10,000円が必要となります。
●講座の場所
PARC自由学校
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
◆お問い合せ先
PARC事務局
TEL.03-5209-3455  FAX.03-5209-3453
E-mail: parcfs@parc-jp.org

■申し込み締切:2016年5月10日(火)


■講座日程&プログラム&講師
<6/23>フードシステムが作り出す食の貧困・都市の貧困
佐久間智子(翻訳家)
 
<7/7>子どもの貧困問題を地域力で解決する―こども食堂が目指すもの
栗林知絵子(NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク 理事長)
 
<7/21>【映画『都市を耕す エディブル・シティー』を観る】畑で街を占拠しよう!
ソーヤー海(共生革命家/東京アーバンパーマカルチャー(TUP) 主宰
 
<9/8>食べるを学ぶ、多摩市立愛和小学校の挑戦
堀口博子(一般社団法人エディブル・スクールヤード・ジャパン 代表)
 
<9/15>一反百姓のすすめ ―生きる自給率「1年1人1%Up」の暮らし―
斎藤博嗣(一反百姓「じねん道」 農園主/農的ワークライフバランス 実践家/T&T研究所 研究員)
 
<10/6>都市農業の新しいステージ:都市農業振興基本法をめぐって
後藤光蔵(武蔵大学 経済学部 教授)
 
<10/22(土) - 10/23(日)>【千葉県成田市を訪ねる1泊2日合宿】 空港の隣で市民農園、始めました
石井恒司(三里塚ワンパック野菜 代表)
伊藤文美(農サイド 代表)

◇申込み

https://ssl.parc-jp.org/e/html/products/detail.php?product_id=25




PARC自由学校 全講座のもくじページ
http://www.parc-jp.org/freeschool/index.html





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
■申し込み締切:2016年5月10日(火)必着

講座について、受講についてのお問合せはお気軽に
PARC事務局まで!
◆お問い合せ先
 〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
 TEL.03-5209-3455  FAX.03-5209-3453
 E-mail: parcfs@parc-jp.org 
 http://www.parc-jp.org/



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

じねん道・博嗣&裕子のコラム連載〈百姓の100章 03〉【百姓暮らしは「いきものがかり」農的な自学自習の学び】@NPOアプラ機関誌『ハリーナno.33』2016年8月号

2016年09月10日 | 最新情報(お知らせ)

一反百姓「じねん道」博嗣&裕子
コラムの連載をさせて頂いている
NPO法人アプラ(APLA)の機関誌『ハリーナ』。

掲載3回目(「百姓の100章」第3章)を
『ハリーナno.33』2016年8月号

に掲載して頂きました。
〈百姓の100章 02〉はこちら⇒
〈百姓の100章 01〉はこちら⇒



〈百姓の100章 03〉
百姓暮らしは「いきものがかり」
農的な自学自習の学び
◎斎藤博嗣&裕子

 

是非「ハリーナ」お買い求めください。&APLAの会員にも!

http://www.apla.jp/archives/publications-cat/halina

 

ハリーナ

2016年8月号(vol.02-no.33) 
2016年8月1日発行
[特集] ラオス:新興コーヒー生産国の農民の生活

halina33_cover_s表紙は、沖縄県石垣島の織物八重山ミンサー(ミンサー工芸館に展示)

〈Relay Essay ポコポコ33〉私の「フィリピン軸」◎八木亜紀子

[特集] ラオス:新興コーヒー生産国の農民の生活◎箕曲在弘

[Topics]
映画紹介『バナナの逆襲』◎石井正子
バナナがつなげた保育園を訪ねて◎大久保ふみ

[Column]
〈Kakao Kita カカオ民衆交易奮闘記15〉パプアチョコの夢を抱き逝った友◎津留歴子
〈百姓の100章 03〉百姓暮らしは「いきものがかり」◎斎藤博嗣&裕子
〈カネシゲファームのドタバタ騒ぎ 03〉 冗談がほんとうに!?◎寺田 俊
〈続 Have you ever seen the cinema? 03〉『闇の列車、光の旅』◎重政栄一郎

[わたしの友産友消じまん 09]
加藤農園の巻◎安藤丈将

[APLA食堂 13]
マスコバド糖◎吉田友則

[Voice from APLA partners]
【北部ルソンよりより】まず実践。そして少しずつ成果を。
【東ティモールより】水源保全活動の成果が少しずつ形に。

〈事務局だより〉

APLA SHOP で購入する

 

◆◊◆◊◆◊◆◊◆◊◆◊◆◊◆◊◆◊◆◊◆◊◆◊

●「APLA (Alternative People's Linkage in Asia) / あぷら」さん。

「人びとが創るもうひとつのアジア」
日本を含むアジア各地で「農を軸にした地域自立」をめざす人びとどうしが出会い、
経験を分かちあい、協働する場をつくり出す
「じねん道のタネ」をネット販売「APLA SHOP」
&アプラさんの対面販売(東京朝市アースデーマーケットなど)でお取扱頂いています。

※以前、『ハリーナ No.26』2014年11月号
トピックス「一反百姓---小さなの〝農民〟からの発想」→ PDF(12.8MB)
を書かせて頂きました。


■アプラさんのネットショップ「APLA SHOP」では、
「APLAのおすすめ」コーナーにて
『じねん道のタネ』を販売して頂いています。

http://www.aplashop.jp/shop/item_list?category_id=320542&cur=1&sort=5&num=12



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『自然農法創始者・福岡正信記念館』開館2016年9月10日よりオープン@愛媛県伊予市・福岡自然農園

2016年09月08日 | 自然農法創始者・福岡正信さん

『自然農法創始者・福岡正信記念館』開館。


愛媛県伊予市の福岡自然農園で
2016年9月10日よりオープンするそうです。
毎週土曜日が開館日だそうです。

詳細は、福岡自然農園にお問い合わせください。
http://i-yo.jp/






 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青木野枝さんの個展『青木野枝 展 AOKI Noe Exhibition』2016年9月8日(木)―10月2日(日)gallery21yo-j@東京都世田谷区等々力

2016年09月08日 | 「じねん道」農的WLB通信

じねん道・裕子の知り合い
(昨年2015年の神保町での『じねん童展』にも来て頂きました)
 「青木野枝」さんの個展

青木野枝 展 AOKI Noe Exhibition

2016年9月8日(木)- 10月2日(日)
開廊時間:午後1時ー6時
休廊日:月・火・水曜日
gallery21yo-j
@東京都世田谷区等々力


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月9日 (金)憲法フェス 東京・山本 太郎&三宅洋平 and more・・・

2016年09月08日 | 「じねん道」農的WLB通信

憲法フェス

→PDF DOWNLOAD

2016年夏の参院選、東京選挙区で旋風を巻き起こした山本太郎×三宅洋平コンビが、今度は「憲法」を語ります!

日本国憲法の成り立ちや現在、世界との比較、そして可能性が濃厚になってきた憲法改正に向けて今私たちが学ぶべきこと、すべきことは何なのか!?政治家、有識者や、各界のアーティストなど豪華ゲストをお呼びしながら、音楽と共に憲法を学ぶ「憲法フェス」東京〜名古屋〜大阪の3Days。始まります!

各日程ともに街頭演説→屋内イベントという2部制になっております。ぜひ大事なご友人・ご家族をお誘い合わせの上、足をお運びください!運営スタッフも憲法について目下勉強中です。一緒に学びましょう。そして多くの方に伝えて頂けたら幸いです。

↓憲法改正って?

↓SNSアイコンダウンロード

9月9日 (金)憲法フェス 東京

【第一部】街頭演説
16時00分〜18時00分
新宿小田急西口駅前

<出演>
山本 太郎 (参議院議員・生活の党と山本太郎となかまたち)
三宅 洋平(音楽家・政治団体 NAU 代表)
Cro-magnon(Jazzy Sport)

【第二部】The Party
19時00分〜23時00分
500円(+1Drink 500円)
代官山 UNIT
※予約制ではありませんので満員の場合は入場をお断りすることもございます。予めご了承くださいませ。

<出演>
山本 太郎 (参議院議員・生活の党と山本太郎となかまたち)
三宅 洋平(音楽家・政治団体 NAU 代表)
小林 節 (憲法学者)
小西 ひろゆき(参議院議員・民進党)
DELI(NITRO MICROPHONE UNDERGROUND・松戸市議)
渋沢葉
DJ TOTS

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

じねん童・いろはの同級生たち、夏休み・まちづくり探検隊が「阿見町のお野菜調べ隊」として、「じねん道の畑」にやってきた!!Let's 子どももおとなも 「AAL」

2016年08月31日 | こども百姓「じねん童」いろは&ふうか

子どもも大人も、家庭で職場で、夏休みの宿題追い込みでしょうか。

「子どもは自然からの宿題をもらっており、
大人はそれを知らなければならない」
マリア・モンテッソーリ

本日8月31日はモンテッソーリの誕生日。。


文部科学省は
「生涯にわたって学び続ける力、主体的に考える力を持った人材は、
学生からみて受動的な教育の場では育成することができない。
従来のような知識の伝達・注入を中心とした授業から、
教員と学生が意思疎通を図りつつ、一緒になって切磋琢磨し、
相互に刺激を与えながら知的に成長する場を創り、
学生が主体的に問題を発見し解を見出していく能動的学修(アクティブ・ラーニング)
への転換が必要である」と指摘しています。

生きるベースである、食べ物をつくる現場「田畑山林」は、
「アクティブ・ラーニング(能動的学修)を実践」
するための格好のフィールドです。

 動植物と生活を共にすることは、
人間に必要な調和ある才能が豊かに賦与されるから。。

さあ、子どももおとなも同じフィールドで Let's 

 

 「Agriculutural Active Learning(AAL)
アグリカルチャラル・アクティブ・ラーニング」
(問題解決型の学習“農”力)※Jinendoの造語

 

じねん童・いろはの同級生たち、
夏休み・まちづくり探検隊が「阿見町のお野菜調べ隊」として、
ベテランのすいか農家・大竹さんと
新規就農11年のじねん道・斎藤ファミリーの畑にやってきた!!

●ベテラン農家・大竹さんの農業に対する熱い想いを聞く



 

●大竹さんのスイカ畑





 


●茨城で新規就農11年、一反百姓「じねん道」斎藤ファミリーの畑
こちらの畑はお借りして「1年」の畑です。
(画面左は、お隣の大竹さんの畑)


国際マメ年なので、各種マメ畑の見学を中心に・・・。
マメ科は土に栄養をくれるの?
耕さないってどういうこと?

国連は、マメ科の植物が環境に良い影響を与え土地の産出力を増し、
豆類が食料安全保障や栄養摂取に貢献し、現代慢性病を防止するとして、
2016年を『国際マメ年と宣言したんだよー。





   

雑草はどうするの?(この質問はママたちから)
トウモロコシ・インゲン・カボチャを一か所に植える意味は?
自家採種って何?
「小規模農家を見直すという世界の潮流家族農業は世界的に・・・(笑)
の話などなど・・・。


お土産に、じねん道の「ポップコーン」
トウモロコシには、「スイート種」「フリント種」「ポップ種」「デント種」「ワキシ―種」があることも。。
※詳しくは、マメやトウモロコシのことなど、
じねん道のことが掲載されている、こども農業雑誌「のらのら」も読んでね!
 


●右側お隣、何でも作っている・おばあちゃん農家からもスイカの差し入れ、なんと3個も!

探検隊員ではない(まだ小学生ではない)、
子ども百姓たちも乱入して、即興のスイカ割り大会!!
 
 

じねん童・ふうかも参加。。


地元って、あたたかいね!!! 
 

●ご飯も食べずに(お腹すいたと、泣き出す子も)、探検のまとめを公民館で・・・

結局一番大変なのは、ママたちか??




いやいや、子どもたちも暑い中よく頑張りました。
たまたま、探検畑となった、両隣の大竹さん&渡辺さんも
貴重なスイカとお時間をありがとうございました。!!



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加