3.11後の世界

その後の世界について書きます。

311移住者の逮捕 大麻取締法違反容疑で逮捕

2016年10月17日 19時08分49秒 | 日記
「八十八や」 上野俊彦社長が逮捕されました。

彼は3.11後 島根への移住を成功させつつあっただけに残念です。


昼頃には問題なく見ることができた ページも削除されています。

検索は こちらで ▼の部分を左クリック キャッシュ部分を左クリックすれば見ることができます。


麻でまちおこし 鳥取県智頭町の挑戦。「八十八や」



キャッシュは未だに残っているので魚拓を採りたい方は早めにどうぞ

安倍昭恵さんの顔帳
もまだ健在ですのでそちらでもみることができます。、
現時点で残っている事が SNS時代の対応が多少よわめだと感じずにはいられません。
さすがに大麻の個人使用による入手はアウトでしょう。


大麻を栽培していた人が 大麻取締法違反容疑 まるで 大麻栽培をアウトにするような 印象報道を若干感じますが 規制する側とすれば 判別が厄介だから つぶしたいという意図を感じないでもありません。


栽培した大麻が 違法大麻だったわけではなく 別ルートで個人的に使用目的で違法大麻仕入れ所持していたこれが 逮捕理由です。
狙われやすいポジションだという自覚が薄かったのでしょう。
この場合 疑われるポジションですから



世論や風向きを変えようとして 町おこしとして 周囲をまきこんだのに 一番やってはいけないことをこの社長はしてしまったのです。

残念でしかたありません。

移住で成功した例はあまり表面化せず こういう失敗例や 逮捕 死亡例 病気例ばかり報道されがちですが 移住が間違いではありませんので申し添えておきます。


個人的には合法大麻栽培は 賛成です。ぜひこれからも増やしてほしいと思います。
但し それに隠れて 違法栽培が増えるのであれば どうでしょうか とも思います。
判別相当難しいはずですから


なので どうしても こういうのは 人口の少ない 小さな島 離れ小島 管理生産が妥当だと思うです。

検査の難しさから(成長が早いから 職員がはりつかないといけない)国内では難しいでしょうね。

追記 10/21 この容疑者は どうも 大麻の栽培方法の教室を開いていたようです。
違法大麻とのつながりをにおわす続報です。 これじゃあ 目をつけられ やられるわ という程の大胆さをなんとなく感じます。
おそらく この事件の影響で国内から 合法大麻栽培が 難しくなるでしょう。



医療麻薬が最近脚光を浴びていますが
麻の種は健康にいいのは事実です。

有機 麻の実油 230g

『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« とある 地方都市の古い家の... | トップ | 時代の変わり目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。