農を語る

自然にやさしい不耕起栽培

多古不耕起で12年目の水田

2017-07-14 09:38:29 | 日本不耕起栽培普及会

水田の管理は室舘さん夫妻が管理している。3セの日当たりが40パーセント程度の谷津田である。最初コシヒカリだったが1,2年続けて倒れやすいため福知山の光を4,5年続けた。今年半分はイセヒカリに切り替え、コシヒカリは種まき時期を4月10日頃に遅らせて田植えは5月20日過ぎにおこなった。イセヒカリは3月12日頃の塾で同じに育てた。いずれも順調な育ちを行っている。雑草もほとんど拾い草程度でアカウキクサが軽く発生してはいるが問題ではない。12,3センチの水深で水を切らすことはない。2枚の写真は前者がイセヒカリ後者がコシヒカリである。いずれも14,15本で分げつも適当な本数である。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 多古T-S水田の近況 | トップ | 環境シンポジウム「トキや生... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む