農を語る

自然にやさしい不耕起栽培

和田小脇実験田今年も日本アカガエルが産卵を始める

2017-02-09 11:33:39 | 日本不耕起栽培普及会

2月1日今年も水田にみずが欲しいと田んぼを整備し土手の畦周りの土を上げて一部ビオトープを作り昨日訪れるとあんのじょう日本アカガエルが産卵をしていた。十分な水がなかったので干上がっている部分もあるが何とか再生できた。最初の2枚が2月1日の写真で後が2月8日昨日の写真で産卵をした卵塊である。このエリアで30個は確認できた。昨年も同じ時期に繰り返される生き物の競演である。このアカガエルが鷹のサシバが活動できる餌となる。豊かな里山を築いている。

   

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 多古染井の神谷水田は3年前... | トップ | 菜花が咲き始めた 春の訪れ... »
最近の画像もっと見る

日本不耕起栽培普及会」カテゴリの最新記事