農を語る

自然にやさしい不耕起栽培

多古T-S水田でのオタマジャクシ

2017-03-20 11:34:47 | 日本不耕起栽培普及会

多古のT-S水田は2007年からの開始ですでに11年目の耕さない水田である。今年の日本アカガエルの繁殖は順調に行っている。先週スーパーERの米ぬか団子を散布したらこのオタマジャクシの恰好の餌となっていた。生き物豊かな水田を形成している。昨日は畦際の雑草を取り除く主にスズメノテッポウやマツバエの一種である。今年は初めて下の農家の水田の畦塗作業のことを考えて2月10日過ぎまで水を入れない時期を作った。水を入れたらいきなりの産卵で現在はすでにオタマの状態である。何千何万のオタマ5セの面積ではあるが泳いでいる。中には遅れて今頃卵塊の状態のもいる。昨年の古株はトビムシたちの餌となり枯れ始めている。切わらも同じように分解が進んでいる。アカウキクサや藻類の繁殖が次に発生するのだろう。

   

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米ぬかへの微生物菌の添加 | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む