農を語る

自然にやさしい不耕起栽培

原発を否定したドイツに学びたい、再生エネルギーで賄えるはずだ

2016-10-29 08:35:20 | 日本不耕起栽培普及会

広島、長崎と被ばくを体験し福島の原発破裂と貴重な体験をしている日本である。私も長崎で生まれ双子だった私が幼いころ抱かれていた写真が残っているが、その乳母が被ばく数日後亡くなっている。父親は直撃はまぬかれたが、現地に戻り半年そこで働き原爆手帳を持ち治療を受けた。その後愛知で実家に戻り教師を務めた。わたしも75歳の誕生日を迎え、特別な縛りもなくなったので自由にものを言いたいのであらためて発言したい。庭のはなツワブキが咲き始めた。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1か月ぶりのブログ、秋を満... | トップ | 多古天井田、ミドリマイの刈... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む