本蔵院 律良日記

熊本県にあるお寺“真言宗 本蔵院 律良のブログ”日々感じるままに活動のご報告や独り言などを書いた日記を公開しています。

彼岸の風景

2017-03-20 20:51:57 | 住職の活動日記

曇り空、

お彼岸の法要が終わる頃より

雨が落ちてきました。

 

 

準備もできて、

 

 

本堂も荘厳が出来ています。

 

 

外では宗良さんが庭のお浄め

今、ちょっと電話が入ったようです

 

 

庭のもみじも若々しい新芽を

膨らませはじめています。

 

庫裏の方では

 

 

お接待のバラ寿司、護摩豆腐

菜の花のお浸し、人参の和え物

着々と準備が整っています。

 

 

牡丹餅のお供えも、

春は牡丹餅、夏は夜船、

秋はおはぎ、冬は北窓と

同じものでも季節によって

呼び方が違うと、

宗良さんから教えていただきました。

 

法要も終り

衣をたたんでいると

そういえば、

五条袈裟の重たさに気がつきました

 

 

この袈裟年期ものです。

私が東寺を去る時に頂いた

もうかれこれ30年は使い込んでいる

それで修理をしながらということで

修理の度に布を重ねていくせいか

段々と重くなってきたようです

 

 

結ぶ紐のところが繰り返し使うので

一番痛んでくるところです

 

 

そこで新調した五条袈裟

しなやかで軽く扱いやすい

 

 

やはり手織り本金製とあるように

本金は衣になじむ感じで

とても着やすいものです。

 

衣大事に使うと、

今きている衣は祖父の衣

おおかた100年も使っています

洗い張りをして染め直し

仕立て直すとやはり使えるものです

古いものは大事に使うと

なんだかとてもシックリくるようです

 

木造建築でも

色々な修理の仕方があって

古い木材は何百年も持つものです。

しかし、

段々と修理する技術も

廃れていくようで、

やはり、

残すべきものは残す

新調するものは新調する

そのメリハリも大切なようです。

 

お寺も行事が続き

28日はお不動さま

30日は加藤神社・阿蘇神社に

植樹した醍醐の桜の花見

4月2.3日は梵鐘の開眼法要と

なかなか休まる時がないようです。

 

ガンバレ!!

 

 

 

 

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春彼岸 菩提の種をまく日かな | トップ | 信仰と鉄道 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL