本蔵院 律良日記

熊本県にあるお寺“真言宗 本蔵院 律良のブログ”日々感じるままに活動のご報告や独り言などを書いた日記を公開しています。

弘法大師正御影供(しょうみえく)

2017-04-21 17:53:30 | 住職の活動日記

4月は弘法大師空海の祥月命日

それで、正御影供といいます。

 

 

正門の南大門より、入り

西隣にある

 

 

修行大師に参拝、

 

五重塔も

 

 

緑の木々に覆われています。

 

弘法大師のお住まいである

御影堂(みえどう)は今修理中

 

 

大きな素屋根がかかっています。

お大師様のまわりは

八重の桜が満開で

 

 

まあ、見事な!

 

 

こぼれんばかりに咲いています

 

 

今年は今までになく色々の桜に

出会うことができました。

 

修理中ということもあって

御影堂南面の護摩堂は

 

 

護摩壇もなくそのままの姿を

見ることができました。

扉の向こうには秘仏の不動明王が

お祀りしてあります。

 

 

とても懐かしい場所です。

 

お不動さまの周りにも

 

 

八重の桜が

 

 

咲き誇っています。

 

久しぶりに

静かにお参りさせていただきました

 

境内は出店も出て人混みの雑踏

お参りも済ませ

 

 

東寺の地の神さまである

「八島さん」にお参りして

失礼しました。

 

 

南大門から見る五重塔

この角度が一番好きな場所です

 

 

その南大門の右隣には

富岡鉄斎の筆になる

「弘法大師立教開宗根本道場

 真言宗総本山東寺」

の文字が見えます。

 

帰り道、また出くわした

アオサギ君

 

 

ここをわが棲家として

生活を営んでいるようです。

まだ夕食にはちょっと早いせいか

まだ物色中のようです。

 

 

この塀をバックに何とか

画になる光景ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の散歩道 | トップ | こき、こき!? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL