本蔵院 律良日記

熊本県にあるお寺“真言宗 本蔵院 律良のブログ”日々感じるままに活動のご報告や独り言などを書いた日記を公開しています。

春の散歩道

2017-04-20 21:24:17 | 住職の活動日記

いつもの散歩道、桜も散って

若々しい新緑に変わっています。

 

 

ちょうど奈良へ行くJR、

以前の東京の山の手線の列車

 

 

足下にはつつじが咲きはじめ

 

 

もう咲いている花も、

 

今年は寒さも続き桜も

長いこと咲いています

しかしここの桜は散り、

 

 

新しい葉が出てきています

 

 

さくらの花も次の段階へ

これから緑の葉を茂らせ

日の光の栄養を根の中に

取り込み始めます

 

 

散歩道にはちょうどチューリップが

咲き誇っています。

 

 

クモの子供、

花とともに大きくなり

花の香りに誘われた虫たちを

食べるのでしょう

 

 

見上げると

白いハナミズキが桜に代わり

満開を迎えています

 

ここの散歩道いたるところに

チューリップが咲き誇っています

 

 

 

白や赤、それに黄色

 

 

 

ちょうどいい時に散歩ができました

 

この散歩道やはり人通りも

多いのでしょうか

 

 

踏まれて茎は横に伸び

それでも必死に花を咲かせようと

 

「踏まれても

  咲くタンポポの笑顔かな」

 

ですね!

 

 

名前は分かりませんが

こういう美しいピンクの花を

 

 

可愛らしく咲かせています。

 

その近くに雑草にまみれて

 

 

アヤメでしょうか

白い、それも不思議な形で

他の草花に負けじとばかり

にょっきり顔を出しています。

 

 

振り返ってみると

本当に小さな散歩道ですが

これから増々木々たちが生い茂り

安らかな緑の木陰を作ってくれます

 

そういえば、先日紹介した

「ニシキギ」

茶色い枝だけでしたが

 

 

今は葉もつけて、

これから秋の紅葉に向けて

葉をグングン伸ばしていくことでしょう

そして、すっかり枯れ枝だった

「マンサク」

 

 

ビロードのような

小さな産毛に包まれた

初々しい葉を出し始めています。

 

近くには

 

 

周りは散ってしまった中に

ほんの数輪花を残しています

 

 

わずかに残る桜の花、

 

「散るさくら

 残る桜も散るさくら」

 

春という季節の中でも

それぞれの命の輝き、はたらきが

繰り返されています。

 

いのちの流れを感じる

生き生きとした季節でもあり

変化があり、

私達にとっては体調が

ついていかないような

厳しい季節でもあるようです。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聞くということ | トップ | 弘法大師正御影供(しょうみ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL