本蔵院 律良日記

熊本県にあるお寺“真言宗 本蔵院 律良のブログ”日々感じるままに活動のご報告や独り言などを書いた日記を公開しています。

伏見大手筋界隈 パートⅡ

2017-05-14 17:05:25 | 住職の活動日記

歴史の爪痕が点在する伏見の地、

見て回れば興味もだんだん

おもしろさが増してきます。

 

 

 

おやっと、?

このモダンな建物は

新しい中にも古さを残しています。

 

 

雨水利用のタンクですが

木目でカバーして

周りの雰囲気を壊さないように

アレンジしてあります。

 

 

樋も銅で作ってあるところは

なんとも憎いかぎりです。

 

 

京都市の上下水道局です。

本当におしゃれな造りです。

屋根には伏見の酒蔵のように

杉玉デコレーションも掛けられています。

 

隣に区役所もあるのですが

ここも同じように歴史に調和した

造りになっています。

 

歩いていると

 

 

 

金札宮‥‥ ?

「きんふだ」お金儲けができそうな

ところがです、

ここのお宮は伏見では一番古い神社

とても縁の深いお宮さんです。

 

「金札宮」(きんさつぐう)

と呼ぶようで、

金札白菊大明神がご祭神です。

日照りのときにも白菊を振ると

水がわき出てきた、

そこで神社を作っていると

天から金の札が降ってきた

ところからこの名前が付いた

ということです。

 

 

ちょうど、例大祭の時のようで

境内には出店がでています。

15日はとても賑おうようです。

 

その近くには真言宗のお寺も

 

 

大黒寺というお寺です。

 

 

本堂は鉄筋コンクリートながら、

屋根の反りとかは木造の形を

上手に表現しています。

 

古くは空海の開基ともいわれ、

秀吉も信仰したとか、

また、江戸時代には

薩摩藩の守り本尊出世大黒天と

形が同じだったことから

薩摩藩の祈祷所になっていた

ということで「薩摩寺」とも

呼ばれていたそうです。

 

中には、

西郷隆盛や大久保利通が

国事を論じた部屋もあり

 

 

ここの屋根瓦は薩摩の家紋

丸に十の字が刻印されています。

 

ご本尊は秘仏のようで

60年に一回、甲子の年に

拝むことができます。

本堂前にはお前立でしょうか

小さな大黒様がお祀りしてあります。

 

ほんの少しの時間でしたが

とても興味深いものでした。

歴史の表舞台だった伏見

まだまだ見るべきもの

そして深く知れば知る程

奥深いものがあるようです。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伏見の大手筋界隈 | トップ | 上賀茂神社 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL