忘備録の泉

思いついたら吉日。O/PすることでI/Pできる。

日朝の歴史(4)

2017-10-30 10:39:33 | Library
豊臣秀吉による「朝鮮出兵」は、朝鮮側では「壬辰倭乱(じんしんわらん)」と呼ばれる。
秀吉の意図は明国を服属させることで、朝鮮に対してはその道案内を求めるという意味の侵入戦争だった。
この戦争で東アジア三国は勝者・敗者と関係なくみな莫大な被害を被り、以後多くの変化を経ることになった。
日本は豊臣政権が崩壊して徳川幕府が政権を握り、明国も戦争の後遺症で徐々に衰退して女真勢力に大陸覇権掌握の原因を提供した。
特に朝鮮は戦争が朝鮮半島で7年間も持続したため、国土が荒れはてて人的資源が損傷する莫大な被害を被った。
日本に対する恨みが、さまざまな民話を生みだし、軍談小説を登場させ、反日感情があらゆる階層の国民に深く浸透していった。

大陸では16世紀末、女真族が台頭して後釜となり、清と国号を改めた。
清は朝鮮に侵攻、朝鮮王朝は降伏し、滅亡への道をたどりはじめる。

(つづく)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日朝の歴史(3) | トップ | 日朝の歴史(5) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Library」カテゴリの最新記事