忘備録の泉

思いついたら吉日。O/PすることでI/Pできる。

講演ネタ(パレスチナ問題)

2016-10-31 10:41:31 | 読書
パレスチナ問題を生んだのは、イギリスの無責任な「三枚舌外交」である。
第1次大戦時のこと、この付近一帯はオスマントルコ帝国が支配していた。
オスマントルコと戦っていたイギリスは、アラブ勢力を味方に引き入れるため、「戦後、アラブ国家の独立を認める」と約束する。
これが1915年の「フサイン・マクマホン協定」だ。

その一方で、イギリスのバルフォア外相は戦費調達のため、ユダヤ資本であるロスチャイルド家の協力を得ようと、「パレスチナにユダヤ人のナショナル・ホームを設立する」と約束する。
これが1917年の「バルフォア宣言」

こうした二枚舌をつかって、双方に違う約束をしたうえで、戦後この地域の支配権をイギリスとフランスで分け合う、という秘密協定も結んでいた。
これが1916年の「サイコス・ピコ協定」だ。

これらの三枚舌外交が、パレスチナ問題のそもそもの発端になっている。
特に長い間、キリスト教社会で迫害されてきたユダヤ人は、戦後、国際世論の同情論にも後押しされて、イギリスが建国を約束したイスラエルに次々と移住してくる。
第2次大戦後はますますその人数が増えていった。
ところが、そこはもともとアラブ人たちが住むアラブ人の土地だから、紛争にならないわけがない。

手に負えなくなったイギリスは、1947年、パレスチナ問題を国連の手にゆだねる。
国連による「パレスチナ分割」が行われ、イスラエルは分け与えられた土地で建国を宣言する。
しかし、これを認めないアラブ諸国との間で、その後の長期にわたる中東紛争が始まった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 講演ネタ(産業革命) | トップ | 高野房太郎伝(1) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。