忘備録の泉

思いついたら吉日。O/PすることでI/Pできる。

幸福論(9)

2017-11-27 14:10:53 | Library
不幸になる原因の最後の8つ目は、「世評に対するおびえ」だ。

⑧「世評に対するおびえ」
これは自分が人にどう思われているかを気にするということ。
ラッセルはこう述べている。
「ほとんどの人は、自分の生き方や世界観が自分と社会的関係を持っている人びと、とりわけ共に生活している人びとから、大筋において是認されるのでない限り、幸福になれない」
自分の価値観が人々と異なり、それが受け入れられないと感じると、すべてのことに臆病になる。
世評に無関心でいられれば、自分の信念を貫き通せるが、それはなかなか難しいことだ。

(つづく)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幸福論(8) | トップ | 幸福論(10) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Library」カテゴリの最新記事