忘備録の泉

思いついたら吉日。O/PすることでI/Pできる。

心の抵抗(1)

2017-05-26 08:07:22 | 心理
カウンセリングにおいてクライエントの心にはいつも抵抗が働いている。
それがカウンセリングの進展を妨げたり、中断の原因になる。

抵抗の表れ方
・現在のことばかりを話し、過去の辛いことについては語らない
・過去のことばかりを話し、現在の苦しみや状況については語らない
・自分のことばかりを話し、配偶者のことや親のことなど、重要な他者については語らない。または、語ってもごく短く表面的な話しかしない
・他者のことばかりを話し、自分の感情や行動については語らない
・自由な連想に沿って語るのではなく、順序良く正しい筋道で話そうとする。ときには、話すことを紙に書いて持参し、それに沿って話す
・沈黙がなく話し続ける
・沈黙がやたらに多い
・出来事を説明するばかりで感情を表現しない
・感情が先走るばかりで、何が起きたか、誰が何を言ったかなど、具体的な事実について分かるように語らない
・特定のことがらばかりにこだわって話し、話題が広がらない
・何に関しても詳しく話さないうちに話題が次々と変わるため、どのことがらについても詳しくは分からない


(つづく)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカ労働運動の衰退 | トップ | 心の抵抗(2) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

心理」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。