忘備録の泉

思いついたら吉日。O/PすることでI/Pできる。

承認欲求(1)

2017-07-27 09:04:44 | Library
「お金よりも重要なものがある」という。
それでは「お金よりも重要なものは何か?」と問うと、多くの人が「自己実現」「達成感」「成長できること」だと答える。
しかし、自己実現や達成、成長などが人間にとって最高の価値であるということと、それを追求することに意味があるというのとは別の話しだ。
精神科医のヴィクトール・フランクルは、第二次大戦中にナチスの強制収容所に入れられた経験をもつ学者だが、彼は自己実現について、それが結果であって目的ではないことを強調した。
自己実現を目的として追及することは、たとえて言うと犬が自分のしっぽを追ってクルクルと回っているようなものであり、一種の自己撞着に陥る。
自己実現、あるいは達成感や成長実感にしても、それらが目的ではなく結果であるという考え方をするなら、自己実現している、達成できた、成長していると実感させてくれるものが必要である。
場合によっては自分なりの基準や尺度が使えることもあるが、人間が社会的動物である以上、他人の目や評価をとおして実感できる場合のほうが多いのは当然であろう。
自分を知るためには他人の承認が欠かせないということである。

周囲の目を強く意識する傾向が強い日本人にとって、ほかの重要な欲求を充足し、価値を手に入れるためにも、他人からの承認が必要不可欠なのである。
とりわけ組織の中で働く人の多くは、他人からの承認を求め、承認欲求に強く動機づけられている。
日本では、成果主義がうまく機能しない。
それは、結果(目的)の背後にある「承認」という重要なものを見落としているからかもしれない。

(つづく)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 教える技術(8) | トップ | 承認欲求(2) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Library」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。