gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

何とか今日も夜になった

2015-05-31 19:41:39 | 日記
朝111-48-58夕方107-43-63今七時半過ぎ112-44-60昨夜十二時半に布団に入る、一時過ぎに寝たらしい、四時半に目さまし後はうとうとして七時まで起きようとするも左膝に力入らず仰向けになり七時半に何とか杖に縋り起きあがりゆっくりと外に出て母屋に行きお茶にスイッチ、牛乳飲み、バナナ、パンで朝食、目薬、薬飲み八時半、パソコン検索して九時半身体怠くなり止めて仰向けになり寝る、十一時過ぎに起きて母屋に行きお茶にスイッチ、十一時四十分にハローズに弁当買いに行く、駐車場入口から離れたとこに車置く、二十歳杉の若い奴が障碍者用に止めている、店内で手押し車と杖で歩くが左足全体痺れて力入らず左足ガクガクしている、帰って十二時半、直ぐ昼飯にする、一時前に終わる、一時半にパソコン開き競艇、ゴルフ見てブログ書く、三時過ぎて身体怠くなりパソコン止めて母屋に行きお茶にスイッチ、晩飯の支度、四時半に晩飯食べる、五時前に終わる、五時二十分に風呂に入る、六時十分に出る、体重七十三キロ、両足膝、腿背中に湿布薬貼る、七時前に此方に移りパソコン開き検索して直ぐに目重く成りメガネが合わなくなっていると思う、メガネ掛けてパソコン検索すると頭痛くなる、身体怠くなり夜が長いので今日は早く日記書き始める。稔に車のバッテリーの線外して置いてと頼む、正身に万一長くなれば保険証取って置いてとメールする。これだけ腰腿足と筋肉痛く成れば腰の手術しか選択無くなる。両腕怠く成りだしたのは一月少し前、内臓が悪いから怠いのか心配する。今日で五月終わり年一つ取ったかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

身体怠く起きるのがいやだったが薬飲むために起きた

2015-05-30 19:53:18 | 日記
朝133--55-58夕方115-47-62今八時前112-43-59昨夜十二時半に布団に入る、一時過ぎに寝たらしい、四時半に目さまし汗かいていたので布団から身体出して目を瞑って居た、七時に起きようと思ったが面倒くさいので又目つぶり今度開けると七時半起きて心臓の薬飲まないといけないと考えて何とか杖に縋り立ち上がり母屋に行く、お茶にスイッチ、牛乳飲み、バナナ、パンで朝食、目薬、薬飲み、八時半にパソコン開き検索してゴルフなど見て身体怠くなり九時半で止めて母屋に行き仰向けになり十一時半まで目瞑って居た、弁当買いに行く時間と思い起きあがろうとしても腰、膝辺りが痛くなり中々起きあがれない、お茶にスイッチ入れてハローズに行く、車降りて杖突くが膝に力入らず後ろにひっくり返りそうに何度もなりながら店内に行き押し車左で押して買い物する、左足完全に痺れて歩き辛いので店に悪いが車の傍まで手押し車持ってくる、ソバに置いて車に乗り帰る、帰って十二時半直ぐ昼飯食べる、一時に終わる、一時半にパソコン検索してブログ書く、二時半、気力なく止めて仰向けになりヒックリ返る、三時半に母屋に行きお茶にスイッチ、四時半に晩飯食べる、五時前に終わり五時十分に薬飲み、五時二十五分に風呂に入る、六時十分に出る、体重七十三キロ、両足膝、腿背中に湿布薬貼る、六時過ぎだけど雨降りだして辺り暗くなり目が見えなくなって来たので電気点ける、目も大分イカレテきている暗い影の部分が見えない、七時に此方に移りパソコン開き競艇、野球見て八時前に日記書き出す。山下が大東亜戦争の思い出を取に来たので渡し内容は小学時代の事なので今井先生に確認取ってと言って渡す。今井先生の受け持ちで幹侯隊の暁部隊の事話してくれましたと言われる。特攻に行く途中最後の別れに飛んで来るのは余り無い事だろうと思う。堀切の連中何も知らず自治会百年史にも出鱈目ばかり書いている。薦田八郎さんの事なども調べないで想像して書いているだけの編集者達。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

等に電話特攻隊の事知っていた

2015-05-29 20:13:48 | 大東亜戦争
朝100-43-57夕方118-50-63今八時過ぎ109-46-59昨夜十二時半に布団に入る、一時過ぎに寝たらしい、五時前に目さまして仰向けになり寝る、左下にして寝ているので左の腰に床ずれが出来て居る、七時半に起きる、何とか母屋に行きお茶にスイッチ、牛乳飲み、バナナ、レーズンパンで朝食、目薬、薬飲み、九時前にパソコン検索して身体怠くなり十時前に止める、布団に仰向けになり十一時まで、起きて母屋でお茶のスイッチ入れてハローズに弁当買いに行く、駐車場から店内に何とか行き手押し車で買い物してレジで支払い車を出口に置いてそこから杖で何とか駐車場に行く、左足裏痺れ酷く左全体がおかしな感じになって居る、帰って直ぐ昼飯食べる、一時前に終わる、一時半にパソコン検索始める、九州の等に電話して堀切、小学校と特攻の飛行機が旋回したこと知っていた、名前も知っていたが終戦間際に一宮の幹侯隊の百人あまりが小学校の行動で寝起きしていた事は知らなかった、夏休みに入って移ってきたから夏休み終わった時は終戦になり兵隊居なかった、ブログ書いて二時半身体怠く検索止めて母屋に行き、お茶にスイッチ入れて晩飯の支度、横の戸の目張り剥いで少し戸開けると涼しい風が入ってくる、まだ寒い、四時半になり晩飯食べる、五時前に終わる、五時十分に薬飲み、風呂に湯入れて五時半に入る、六時十分に出る、体重七十三キロ、左足膝、腿背中に湿布薬貼る、七時に此方に移りパソコン検索して野球見る、広島強すぎるダントツの穴、この町史では三位以内にも入れない、選手の逆上せ方が問題、八時過ぎに日記書き始める。入院に持って行く物大分バックにいれた、後は下着をどのくらい持って行くかだけになった。二週間で変えれたら殆ど要らない。帰ってからのリハビリは毎日スボッシュに行くか。ゴルフは目やられてもうダメ。一月が最後のゴルフになった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手押し車を左で右で杖で運動になるかBNP115

2015-05-28 20:42:41 | 日記
朝149-62-58夕方121-44-64今八時四十分、131-54-61昨夜十二時前に腹減ってコンビニに行き豆菓子買う、帰って三袋食べる、一時過ぎに布団に入るが二時頃寝たらしい、七時半に何とか起きて母屋に行きお茶にスイッチ、牛乳飲み、バナナ、パンで朝食、目薬、薬飲み八時半にパソコン検索して九時半に身体怠くなり止めて横になる、十一時に起きて母屋に行きお茶にスイッチ入れて十一時半にハローズに弁当買いに行く、十二時半に帰り直ぐ昼飯食べる、一時前に終わる、一時半にパソコン開くが腕怠く、二時で止めて母屋に行き三豊に行くまで仰向けになる、三時に家を出て三豊に行く、採血して三時半予約は四時からで長い事待ち、五時過ぎに呼ばれる、採血の血液表渡される、BNP115もあり身体怠いが悪いと来ないですかと言ったらBNP115だし貧血もそんなに悪くないと言われる、脊柱管狭窄症の手術しても元のとおりにはならないと言われる、目も心臓、腎臓も悪いし一応歩けるくらいの手術するのか、後三四年歩けば後は何処かの施設に入るか、薬局で薬貰い六時に帰る、お茶にスイッチ入れて晩飯食べる、六時半に終わる、七時に薬飲み直ぐ風呂に入る、七時四十分に出る、体重七十二キロ、両足膝、腿背中に湿布薬貼る、八時過ぎに此方に移りパソコン開きメール削除して八時半過ぎに日記書き出す。今日は案外視力ありメガネ無しでも血液表綺麗に見えた、しかし今パソコン検索する為にメガネ掛けると目重く痛くなる、右目重くて瞼開かない。メガネ掛けると頭ボオート成る、メガネが有って居ない。次は六月二十五日二時からの診察予定。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

内の一族間もなく全滅か

2015-05-27 20:23:50 | 日記
朝146-56-59夕方142-56-60今八時半昨夜十二時に布団に入る、眠れず起きてパソコン検索して一時半に布団に入り眠る、六時の目覚ましで起きてお茶にスイッチ、牛乳飲み、バナナ、パンで朝食、目薬、薬飲み、七時半に陶に行く、駐車場病院の入り口空いて居たので駐車する、八時半、大原先生診察していた、九時に呼ばれる、血圧百三十有った、下剤三十日分貰い、直ぐ病院出る、府中街道通り帰る、十一時過ぎにハローズに着いて弁当買い帰る、十二時前、お茶にスイッチ、昼飯食べる、十二時過ぎに終わる、一時過ぎにパソコン開き検索してブログ書く、二時に身体怠くなり止める、今日は岡部の総本家の婆さんの葬式と昨日康雄が行って居た、娘が高校退職してぶらぶらしている、後継ぎ居ない、山崎様の時代に榎井村から来て荒地耕し百姓になるとの古文書持っているし、京極藩の時は正月に独古の礼とかで毎年殿様に正月会いに行って居た家柄、又金毘羅さんの頭屋していた家から別れて来た、五年前に金毘羅さんから頭屋の資料貰い解る、一族の家殆ど後継ぎ居ない、石川家も同じ都の家も都で終わり、住む家が無い、終わり、実冶が分家した元の家も養子が高松に家立てて関谷に水で居ない、婆さん一人で住んでいるしマシなのは正身が三代続いた養子の家にお袋が生まれて直ぐ亡くなったので貰われて行き、男の子一人拵えているし孫が男の子、康雄の一番上の姉さん今年八十八才今特養に入って居ると昨日教えてくれた、麗子三豊止めて特養で働いているとか、準看では給料少なかったな、四時半に晩飯食べる、五時前に終わる、五時半に風呂に入り六時に出る、体重七十二キロ、両足膝、腿背中に湿布薬貼る、膝には力入らないし腰は痛いし拗ね羅、すぼは痛いし自分の身体で無いみたい、早く一か八か手術して少しでも足で動いてみたい、動けるようになれば昭和三十年ころの関谷の綿屋の地図を作って置く積り、八時半ころに此方に来てパソコン開き日記書き始める。手術して二週間で退院、歩けなかったら橋本に転院になるか、大原先生に入院二週間まだ歩けなかったら転院と言われましたと言ったら橋本に行くかなと言われる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加