gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

目ぼやけて見えないがやっと陶に行ってきた

2016-10-19 20:35:06 | 健康・病気
朝155-63-61夕方108-43-64今八時半131-54-61昨夜十一時過ぎに布団に入る、十二時には寝たと思う、目さまして時計見ると五時半、足伸ばして横になって居ると直ぐ六時半の目覚まし鳴る、起きて母屋に行きお茶にスイッチ、仰向けになり目薬注しだす、七時二十分に終わる、牛乳飲み、バナナ、パンで朝食、薬飲み、新聞見て少し休んで九時に陶に行く用意して後ろに燃えないゴミ積んでゴミ置き場に行き燃えないゴミ下す、健次の嫁はんもゴミ車で持って来ていた、中村さん亡くなったの知って居ると教えてくれる、それから農免に出て陶に向かう、ゆっくり走り十時二十分頃着いた、予約は十一時からで十一時二十分ころ呼ばれる、体調はと聞かれて最近浮腫んで仕方ないです、目も見えなくなってきましたと返事して、同じ薬貰い体重測ると七十六キロ、先月より三キロ増えている、帰りは府中街道に出て十一号に出て帰りハローズに一時に寄り弁当買い豊浜に来て薬局に行き薬貰い一時二十分に帰る、帰ると関口さんが来て中村さん亡くなった、香典持って行ってあげると言われたが明日自分で行きますと返事してお茶にスイッチ、昼飯食べだす、二時に終わる、薬飲み、香典三千円包む積りで財布見ると二千円しかない、何処かに買い物に行き崩すかと思ったが関口さんに頼もうと思い夕方電話する事にした、二時半からパソコン開き検索して三時に止めて母屋に行き休んで三時半に風呂に湯入れる、四時前に入る、四時半に出る、体重七十四キロ、お茶にスイッチ、晩飯食べだす、五時前に終わる、薬飲み、両足に湿布薬貼る、六時に此方に移る、関口さんに電話して香典頼み、パソコン開き検束して六時半に目薬注す、七時前にパソコン検索始める、競艇など見て八時半に今日の日記書き出す。あんなに元気な中村さんが手術して半年ばかりで亡くなるのは循環器などに行くから悪い、完全な手遅れにならないと解らない医者。中村さんが居なく成れば関谷の綿屋の事知って居る人はもう居ない、勝手に自分の会社の歴史古くしている会社はこれで自由にもっと会社の歴史作れる。解る人居ないからな、三代前から歴史作って居る綿屋などもっと歴史作れると思う。会社が大正時代に出来た綿屋は今までに明治創立にしているから何処まで伸ばせるかだな。
ジャンル:
お天気
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久し振りに朝まで寝られた | トップ | 白内障の手術することになる »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。