yama room

山コンビ大好き。

ブログではなくて妄想の世界です。

きらり

Another World 完【後】

2017-04-18 17:15:00 | Another World






予定がだいぶ変わってしまってすみませんでした💦
これで本当におしまいです。







その場所にたどり着くとあの日と同じように
デッキチェアを海岸の街に向け、くつろぎながら
タバコを吸っている姿が見えた。


そして時折灰皿に手を持っていくその綺麗な手。
そしてそこから見える小さな海岸の街並みと
果てしなく広がる海。


やっとここに辿り着いた。


そう思った。






でも。


また拒否されるだろうか。
来ないでと言ったのにと怒るだろうか。
泣きそうな顔で帰ってと訴えるだろうか。


あの日の事を思い出しながら、その姿をじっと見つめた。
そしてあの日言われた言葉を思い出していた。


ずっと後悔していた。
そしてもう二度と会えないと思っていた。
会ってはいけないと思っていた。


あれほどまでに苦しい思いをさせてしまって、
また会う資格なんてないと思っていた。


許してもらえるなんて思ってない。
到底許される事じゃないこともわかっている。
でももう後悔したくはなかった。


あの時とは状況が違う。
何年もかけ地道に準備してきた。
彼女とも何度も何度も話し合いをし、そして全てを手放した。











智くんがあの日と同じように振り返った。


「来たよ」

「何 で?」


驚いた顔をしているけど、あの時とは違う。


「会いたかったから」

「違う」


違うと首を振って不安げな視線で見つめてくる。


「……?」

「ずっとやりたかった事がやっとできたのに、何 で…」


今までの地位を確立するまでどれほど大変だったのか
わかっているからだろう。
智くんが必死に訴えるようにそう言った。


「知ってたんだ?」

「……」


智くんが小さく頷く。


「そう、だからもう何にもなくなっちゃった」

「何 で?」


そして心配そうに何で、何でと繰り返す。


こういうところが智くんらしいなとも思う。
心配性でいつも自分の事よりメンバーの心配ばかりしていた。
今の自分の状況を知っているのならなおさらだろう。


「そうしないと智くんには会えないと思ったから。
会ってはいけないと思ったから」

「何 言ってんの?」


智くんが言う。


「ふふっそうだね。今まで築きあげてきたもの全てなくなちゃった」

「……」


そう言うと途端に不安そうな顔を浮かべる。


「でもそれ以上に智くんが必要だって気付いたから」

「……バカじゃないの」


でも気にせずそのまま話し続けた。


「ふふっそうだね。でも仕事よりもお金よりも家よりも家族よりも
俺にとっては智くんの方が大事みたいなんだよね」

「……」

「……」

「大丈夫なの?」


その言葉に、じっと黙って見つめたかと思ったら
また不安そうな顔になって瞳がゆらゆらと揺れる。


でも。


確かにこの世界を知っている智くんからすれば
心配になるのも不安にもなるのも仕方ないとも思った。


「でも、不思議と何だか晴れ晴れとした気分」

「……」


これは、本当だった。


全てを失ってしまったけど何だか気持ちはスッキリしていた。
でもそれを智くんが心配そうに見つめた。










「……」

「……」

「あのさ、俺全てを渡してしまって何にも残っていないし
こんな事言えるような分際でもないけど、智くんと一緒にいてもいいかな?」

「……」


智くんが何も言わずじっと真っ直ぐな視線で見つめる。


「……ダメ かな?」

「……」


そんな勝手な事、やっぱり許されないだろうか。
不安を覚えながら智くんを見ると
智くんの瞳がまたゆらゆらと揺れた。


「……」

「ダメ じゃないけど…」


そして智くんが躊躇いながら小さく答える。
多分自分の事や、ニノの事
そして俺の状況や、相手の事を考えてしまっているのだろう。


「いいの?」

「……」


確認するように聞くとまた黙ったまま見つめる。


本当は自信なんてない。
自分たちだけの事じゃない。
周りの事を考えたら躊躇うのはわかりきっていた。


それにあんな辛い思いをさせて許されるとも思ってはいない。
全てを手放したと言ってもそれはただの自己満足だ。


それでも。









「今まで本当にたくさんの人を傷つけてきて、
そんな資格なんてないってわかってる。
でもそれでも智くんとここで一緒にいたいんだ」

「……ここでって言っても都会育ちの翔くんにはきっとつまらないよ」


智くんが少し考えるような顔をして言った。


「でも俺には智くんがいる。
都会にいても智くんがいなければ意味がない。
俺にできることをここで見つけていく」

「翔くんにできる事…」


そう言うと、また少し考えるような顔をして小さくつぶやいた。


「それにここから東京まで2時間ちょいなんだよね。
また一から始めてもいいかなとも思ってる」

「俺は別にここでなくったって東京に住んでもいいんだけど…」

「……!」


そう智くんがつぶやく。


でも、それって。


それって、俺と暮らしてもいいって言う意味だろうか?
そう捉えてもいいのだろうか。










「いやここがいい。智くんがいて智くんの大好きな海があって。
最初に来た時にもここに住みたいって思ってた」

「翔くんが?」


智くんが意外って顔をする。
確かに東京で生まれ育ってきた。


でも。


「うん、ここで智くんと一緒に生きていきたいって思ってた。
でもあの時はそれは許されないと思っていた」


あの時の帰ってと泣きそうになりながら訴えていた顔を思い出す。
そしてボロボロになりながらも生きてきた智くんのこれまでの思いを
思うと胸が苦しくなる。


「……」

「……」


智くんが黙ったまま俯く。


「……」

「それに」

「……」

「多分、智くんは家族の事とかを心配していると思うけど
俺の家族は、ずっと俺が智くんの事好きだったの知っていたから
智くんのところに行くって言った時、仕方ないなって顔してた」

「……!」


智くんがその言葉に俯いていた顔を上げる。


「うちの家族ってなぜかみんな智くんのファンなんだよね」

「ファンて。もう芸能人じゃないけど…」


そして戸惑った表情を浮かべる。


「なんかね一緒にずっとやってたっていうのもあるけど、智くんの事は特別みたいで…
だからって全てを認めてくれたって訳じゃないけどね」

「……」

「でも、どんなに批判されても自分たちだけは息子を信じてるって。
だから俺のやりたいように、生きたいように生きなさいって言われた」

「そう、なんだ」


多分家族を大事にしている智くんだから、それが一番気がかりだったのだろう。
初めて少し安心したような表情を見た気がした。


「だから回り道をたくさんしてしまったけど、俺は智くんと一緒にいたい」


辛い思いをたくさんさせてしまった。
眠れない程辛い思いもたくさんさせてしまった。
そしてたくさん泣かせてしまった。
食事ができないほどの辛い思いもさせてしまった。


それでも。


智くんと一緒にいたい。


一緒に生きていきたい。


そう思いながら智くんを見つめると


智くんが小さくうんと、うなずいた。












「ここって波の音が聞こえるんだね」


二人でベッドに入って天井を眺めていると波の音がした。


「そう、昼間は聞こえないんだけどね、夜になるとかすかに聞こえるの」


智くんが言う。


「星も見える」


開け離れた窓からは満天の星が見えた。





「ね、キスしていい?」

「そう言えばしてなかったね」


智くんがそう言ってくすっと笑った。


「うん」

「昔はあんなにしていたのにね」


そう言ってくすくすと笑っている可愛らしい唇に
身体を起こしチュッと触れるだけのキスをした。
久々にするキスは凄くドキドキした。
そしてまた二人で天井を見上げた。


「……翔くんは回り道をしてしまったって言ってたけど、
俺は回り道してよかったと思ってる」


そして智くんが天井を見つめながらそう小さくつぶやいた。


「だって子供が孫がって後悔されたくないじゃん。 だから…」


その言葉にやっぱりずっと気にしていたんだなと思う。


「俺は智くんと離れて後悔しまくりだったよ」

「そうなの?」

「最初は確かに舞い上がって周りが見えなくなってたかも知れないけど
落ち着いたらいつも智くんの事思いだしていた」

「……」


智くんが身体をこちら側に向け見つめる。


「毎日何を見ても何を聞いても智くんに重ねてた」

「……」

「智くんの手はこういう手だったなとか
智くんはこういう風に笑ってたなとか
智くんだったらこう言う場面でこう言っただろうなとか
いつもいつも重ねて思い出していた」

「へんなの」


そう言うと少し照れくさそうに変なのと言ってまたくすくすと笑った。
でも本当だった。


「一日たりとも忘れたことはなかった」

「……」

「愛してる。何もなくてもこうして一緒にいられるだけで幸せ。
これ以上のものはもういらない」

「だったら  もう離さないで」

「うん、もう絶対に離さない」


そう言ってお互い身体を寄せ合うとぎゅっと抱きしめあった。









あの時はもうその肌に触れられないと思っていた。
もうその姿を見る事さえ許されないと思っていた。


でも今こうして一緒にいられるだけで
こうして抱き合っているだけで
こうしてキスをするだけで


何とも言えない幸福感に包まれる。


「愛している」


身体を起こし上からそうつぶやくと智くんが見上げる。


視線が合う。


ああ、大好きだった人の顔だと思う。


その眼差しも、唇も、頬も、額も
大好きだった。
そして今も大好きな人。

そう思いながら前髪を上にかき上げ額に、頬にと唇を落とす。
そして唇にもチュッとキスを落とした。


智くんの唇だと思った。
大好きだったその唇。
そしてそのまま首に、鎖骨にとまたキスを落としていく。


「好きすぎて苦しい」

「んふふっ」


そして顔を上げ視線が合いそう言うと、智くんがふふっと笑った。


「大袈裟っていうんでしょ」

「うん」


智くんが可愛らしくくすくすと笑い続けている。


「でも本当なんだもん。触れるだけで電流が走って、好きだって思う」


ずっとその肌にふれたいと思っていた
あの拒否された時、どんなに辛かったか。
でもそれ以上に智くんは辛い思いをしてきたんだよね
そう思いながら痩せてしまったそのわき腹を指でなぞる。


「こんなに痩せさせてしまって  ごめん」

「んー俺もびっくり。こんなにも翔くんが好きだったんだなって」

「……」


そう言って細くなってしまった自分の腕を眺めている。
その姿を見つめながら辛くて眠れないとニノに電話をしていた事を思い出し
また胸が苦しくなる。


「そんな顔しないで」


それを察したのか、智くんがそう言いながら優しく手を伸ばし頬を包み込む。


でも。


「俺は大丈夫だから。それにいい経験をしたと思ってる。
こんなにも人って好きになれるんものなんだなって」

「……」


その言葉に嬉しさと苦しさと申し訳なさが
まじりあって何も言えなくなる。


「でももう離さないで」

「二度と離さない」


そしてまたそう言いあってぎゅっと抱きしめあった。


そしてキスをして


また見つめあって


角度を変えてまたキスをして。


唇を何度か重ねると智くんの口が小さく開いていく。


それを合図に深いキスをした。


そして背中に智くんの腕が回ってきて


甘い吐息が聞こえてきて


その手にぎゅっと力がこめられる。


そしてまた見つめあうと


切なさと嬉しさと苦しさがまざりあった


何とも言えない気持ちになった。


それを押し殺すようにまた額に、頬に、唇に、首に 鎖骨に、わき腹にと


キスを落とした。











「あ、すみません」


たくさんの資料をもって歩いていたら
前がよく見えず誰かとぶつかってしまい謝った。


「それって下っ端の仕事じゃねえの?」


当たってしまったのはどうやらニノだったらしく
ニノが自分の状況を見て不思議そうに聞いた。


普通こんな場面で偶然でも出会うだろうか?


「だって下っ端だもん」


そう思いながらも答える。


「マジで?」

「そうだよ」

「翔さんが?」


信じられないって顔。


「ま、気長にやるさ」


でも本当の事だからそう言って笑いかけた。



たくさん人を傷つけてきた。
智くんも、彼女も、彼女の家族も、自分の家族も
そしてニノも。


「俺にのには一生頭が上がらないわ」

「そうですか? でもそんな事言って、また一気にスターダムにのし上がるんでしょ?」


ニノが笑いながら言う。


「そんな簡単なもんじゃねえよ」

「ふふっそうですか」


そう言ってニノはいたずらっ子みたいな顔をして笑った。





受け止める。


現在の自分の立場も仕事も地位も。


全てを受け止める。


そしてどんな非難も、中傷も全て。


その覚悟はとうにできている。


この業界に戻ってきた時からそう決意していた。









「俺もまた戻ろっかな」


ベッドで二人並んで横になっていると隣で智くんがぽつりとそうつぶやいた。


「へ?」

「芸能界」


意味が分からず聞き返す。


「嘘でしょ?」

「何か歌をやりたくなっちゃった。ダンスも」

「マジで?」


信じられなかった。
あんなに未練も何もなさそうだったのに。


「嬉しいけど、信じられない」

「芝居もね、あんなに面倒くさくて嫌だったのに
不思議と今はやってみたいって思うんだよね」

「いいじゃん、きっとファンの子は喜ぶよ」


突然のその言葉にびっくりしたけど
また智くんの歌やダンスや芝居が見られると思うだけで
やりたいと思ってもらえるだけで嬉しかった。


「ま、ファンもまだいてくれてんのかもよくわかんねえし、
ブランクもあるし、そんな甘い世界じゃないってこともわかってるけどね。
でも、やってみたいんだ」


智くんがしっかりとした口調でそう言った。


「応援する」

「んふふっ翔くん人の事応援している場合?」

「そうでした、俺も頑張んなきゃ」

「そうだよ、一緒に頑張ろ?」


そう二人で言い合って、見つめあって、そして笑いあった。
智くんと二人だったらどんなことも乗り越えていける。


「愛している」

「俺も愛してる」


ずっと好きだった。


ずっと見つめ続けてきた。


もう二度とこの手を離さない。


離したくはない。





「これから先もずっと一緒に生きていこう」


「うん、一緒にずっと生きていく」



そしてまた


そう二人で言いあって


見つめあって


笑いあって



そして



満天の星空の下。



ベッドの中で、二人だけの誓いのキスをした。







おわり


ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Another World 完【前】 | トップ |   

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
翔くん、離さないでね。 (ルクパト)
2017-04-18 23:42:49
きらりさん、こんばんはです♪

「忍びの国」の公開が楽しみでしかたがないのですが。
24HTVの司会が嵐からは翔くんが担当することになって。
嵐が大きくなりすぎて、なんとなく嵐5人で司会。という段階ではなくなってきたのかなあ。と複雑な想いでいます。
でも[Miles away]を聞いていると5人のぎゅっと団結しているパワーを感じて。ずっと5人でいてくれるような気がします。そうであってほしいなあ。


お話、ありがとうございました。嬉しいです。
智くんの可愛い、笑顔が目に浮かびます♪
翔くんはさすがですね。
一つずつ準備を重ねてすべてをクリアして。
智くんの所に戻ってきてくれました。
読んでて、とっても幸せな気持ちになりました。
にの、ありがとう。そしてにのが言うように
翔くんは、一からスタートをして。一気にスターダムに
駆け上っていくのでしょうね。
そして、智くんも復活!するんですね~。
良かった~。嬉しいです。
辛い苦難を乗り越えて、幸せな幸せな智くんと翔くん♡
お山が大好きですー!
ありがとうございました。
幸せになってね! (白紙)
2017-04-19 01:16:58
 2日連続でお話を読めるなんて、とても贅沢な気分です。きらりさんありがとうございます。今、合わない職場でストレスと疲労の日々を送っているので、素敵なお話を読むと、ほっとします。いつか翔さんが言っていた、世の中の清涼剤のようなものだと思います!
 智っさん、翔さんに居場所が知れても、そのまま居続けたのは、本当は、翔さんが迎えに来るのを待っていたのかな~なんて思ってしまいました。そして、翔さんと2人で暮らしはじめてから、もう一度仕事に戻ろうとという気持ちになれたという件を読んで、翔さんのお陰で、智さんの時間が再び動き出したんだな~と思いました。 ニノの望みはこれだったのでしょうね。自分の側にいてくれなくても、前に進んでほしかったのですね。
 今までと違うテイストで、最初は痛々しい展開でしたが、しみじみ考えさせられたお話でした。そして幸せな結末がしみるお話でした。いつもありがとうございます。それではまた。
Unknown (koto)
2017-04-19 02:38:50
会えて話せて
寄り添えて良かった
嬉しい
ありがとうございました
ルクパトさんへ (きらり)
2017-04-19 19:30:50
ルクパトさん、こんばんは♪コメントありがとうございます。

「忍びの国」本当に公開待ち遠しいですね。

24時間テレビ司会は微妙な気持ちで受け止めています。
それによる憶測記事もたくさん出てますし。
それにまた心がざわついたり、なぜこのメンバーなのかと、
なぜ嵐さんたちでなくてもよいから普通にグループにしてくれなかったのかと
疑問に思っています。
5人でいる事に価値があるような気がするのですが
やっぱり嵐さんたちが大きくなりすぎてしまったのでしょうか。
でもきっと応援団として少しの時間かも知れませんが5人で出てくれますよね。

幸せな気持ちになったと言って下さって本当に嬉しいです。
自分を納得させるための自己満足的な感じではじめたこの話だったので嬉しいです。
ニノちゃんは救世主ですよね。
そして翔くんはまたもとの地位まであっという間に上り詰めると思います。
智くんもやっと動き出しました。
私もお山が大好きですー。
幸せでいて欲しいです。
こちらこそありがとうございました♪
完結、待っていました(*ˊᵕˋ*) (ふるふるちゃん。)
2017-04-19 20:08:14
いつも、密かに読ませて頂いています(^^)

Another world 前編が始まって、一つ一つの更新を今か今かと待っていました。
完結、待ってました(^^)

おやまは、たとえ何かがあって道を違えたとしても、やっぱり最後には隣で寄り添っていて欲しい。
そういう想いを見事に書いて下さって、心が救われる思いです。

なんか、リアルは色々ありますが、おやまを、嵐を好きなことは変わらずに行きたいなと思っています(^^)
白紙さんへ (きらり)
2017-04-19 20:27:02
白紙さん、こちらこそコメントありがとうございます。

合わない職場、ストレスフルで大変ですね。でもほっとすると言って下さって嬉しいです。
素敵なお話だなんて、私にはもったいない言葉ですが本当に嬉しいです。
そして清涼剤になれるのならこんなに嬉しい事はありません。
今回は結婚や解散などの言葉も入り、ちょっと違うテイストで不安もいっぱいでしたが
考えさせられた話だと、そして幸せな結末がしみる話だと言って下さって
本当に嬉しかったです。
智くんはずっと待っていたのかも知れないですね。
そして智くんをずっと見てきたニノちゃんだからそれを痛いほどわかっていたのでしょう。
智くんの幸せだけを願ってきたニノちゃんなのできっと
前を向き動き出した智くんの事を誰よりも喜んでいると思います。
こちらこそいつもありがとうございます♪
kotoさんへ (きらり)
2017-04-19 21:26:55
kotoさん、コメントありがとうございます。

嬉しいと言って下さって私も嬉しいです。
やっぱり寄り添っているのが二人らしいですよね。
本当に会えて話せて良かったです。
こちらこそありがとうございました♪
ふるふるちゃん。さんへ (きらり)
2017-04-19 22:18:58
ふるふるちゃん。さん、コメントありがとうございます。

いつも読んで下さっているのですね、嬉しいです。
そして更新と完結を待っていて下さっていたのですね。
予定が大幅にオーバーしてしまいご迷惑をおかけしてしまいましたが
すごく嬉しいです。

私も二人の中で色々あったとしても最後はやっぱり二人でいて欲しいと思っています。
そしてこの話を書いた目的が自己満足もありますが
少しでも救われる方がいたらいいなとも思いながら書いていたので
そう言って下さって本当に嬉しかったです。
リアルでは本当に色々ありますがやっぱり嵐さん達や山の二人をずっと見守っていきたいですね♪
ありがとうございました♪
よかったよかった (しーな海里)
2017-04-24 23:06:15
お久しぶりです。
お話、完成させてくださってありがとうございます。今回のお話は最初読むのはちょっと苦しかったです。きらりさんが苦しそうな気がして。
でも海に近いところにいて、泣くところがあってニノが居てよかった。翔ちゃんが気がついてくれて1からやり直してくれてよかった。最後の二人が本当に幸せそうでよかったです。ただ甘いばかりじゃない深い所の幸福感があって素敵でした。
きらりさんも元気になった?
しーな海里さんへ (きらり)
2017-04-25 19:33:16
しーな海里さん、お久しぶりです。
こちらこそコメントありがとうございます。

今回は結婚や解散などのワードも入り苦しく辛い展開でしたね。
私も苦しそうでしたか? 
何でしょう。この報道があるまで、こんなに翔さんで自分自身が打撃を受けるなんて
思ってもみなかったです。

でも最後にはやっぱり二人でいてもらいたいなって思ったんですよね。
深い所の幸福感があって素敵だと言って下さって嬉しいです。
元気 と言いたいところですが、またイタリアンとやらの続報を見て、うっとなってます。
なぜでしょう~覚悟を決めたはずなのに、翔さんの記事を見ると心がざわつきます。
この話を書いて整理したはずなのですがまだまだですね。
ありがとうございました♪
癒されました (桃)
2017-04-28 19:04:22
遅ればせながらのコメント失礼します(*^^*)
温かいラストに、そして用意周到な翔くんに、とてもほっこりしました。
私もきらりさんと同じで、翔くんのこういうことに自分がこんなにショックを受けたことに戸惑いました。山担だからか?もしくはどこか翔くんがよくも悪くも嵐の指針になるような(世間的に)気がするからかもしれません。
でもキラリさんのお話読んで、やっぱり翔くんは慎重で用意周到で、軽はずみなことはしない、、と思えてなりません。そのほうがしっくりくるのです。。願望かもしれませんが(^_^;)
なのでこれからも自分の信じる嵐さん(そしてお山)を応援していきたいなと思いました。
書きにくいことも書いてくださって、本当にありがとうございました。
桃さんへ (きらり)
2017-04-29 16:56:30
桃さん、コメントありがとうございます。
癒されたと、そしてほっこりしたと言って下さって嬉しいです。

本当に自分自身の心の揺れに戸惑いますよね。
仰られる通り翔くんは嵐の指針のような存在なのかも知れません。
だから他の誰の時よりも心がざわついて不安になってしまうのだと思います。

そして今回の事でまたまた心はざわついていますが
私も5人でのパフォーマンスを見るのが大好きなのでこれからも応援していきたいと思います。
アユハピコンのDVDも楽しみですね。それに映画も♪そして翔くんのドラマも決まりましたね♪
こちらこそありがとうございます。遅くなんてないです。
嬉しかったです♪

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。