オススメ情報局ーgooブログ(ニュース・トレンド系情報などより、おすすめ&有益な情報をピックアップしてお届けしています)

どこにでも出ているような一般的な情報よりも、少し変わった面白い情報やお得な情報を厳選してお伝え出来ればと思っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

グワシ! 赤白ボーダー柄の「楳図かずお恐怖カレー」を食べてみた

2016-10-11 10:08:49 | ショッピング・グルメ
赤羽といえば林家ペー&パー子夫妻であり、戸越銀座といえばCharであり、吉祥寺といえば楳図かずお先生である。筆者には吉祥寺在住の友人がいて、楳図先生をよく見かけるそう。うらやましいかぎりだ。


楳図かずおのボーダー柄をカレーで再現

しかし、吉祥寺に住まずとも楳図先生を体感できる手段がある模様。これを食べればいいのだ。株式会社ノーツが9月より発売しているのは、その名も『楳図かずお恐怖カレー』(税抜600円)である。



「今年は楳図先生が80歳のお誕生日を迎えるメモリアルイヤーであり、そして弊社スタッフが大の楳図先生ファンという事もあり、コラボをお願いさせていただきました」(担当者)

ところで、楳図先生のトレードマークといえば「赤と白のボーダー」。どうやら、今回のレトルトカレーにもその色合いは反映されているらしい。



それぞれ別のパウチに入った「赤カレー」と「白カレー」をほかほかごはんに綺麗にかければ、このような赤白ボーダーが出現するという按配だ。

でも、最も気になるのはカレーの“味”なわけで。商品ページには「味は……食べてのお楽しみ! グワシ!!」と書いてあるけども。はたして、どんな味なのかしら?
「恐怖要素の一つとなりますので、是非みなさんにお召し上がりいただきご確認いただきたいです」(担当者)


「恐怖カレー」だけに、カレーに“恐怖”が潜んでいる……?

そんなこと言われたら、取り寄せるしかない。注文すると、数日後に『楳図かずお恐怖カレー』が到着!



パッケージには、まことちゃんの下で楳図先生が「ギャァーッ」と悲鳴を上げている構図が載っている。

これは“恐怖要素”が含まれているというカレーを食べたから? 確認すべく、実際にレトルトをお湯に投入して3分待機してみよう。

そして、お皿に盛る。

これが、はっきり言って難しい。赤と白を交互に注いでいくのだが、トロットロの液体なので、思い通りになってくれない。結果、こんな仕上がりに……。不器用で、本当に申し訳ない。



ただ、赤と白でくっきりボーダー柄になっているのはわかっていただけると思う。うまくよそれば、こんな綺麗なボーダーになる。



じゃあ、『楳図かずお恐怖カレー』をいただきます! ……へ? 美味しい。普通に美味しい。楳図先生も、こう言ってるし。



赤と白はそれぞれ味が異なり、単色で食べるのもOK。でも、ぶっちゃけそれじゃ物足りない。赤と白を混ぜた途端、奥行きが深くなり本領を発揮する。



どんな味かは他言無用なので控えるけども、私と楳図先生は文句なしに大好き!
「先生は『普通に美味しかった!』とコメントくださいましたし、他の方々からも『思ったより美味しい!』という声がありました」(担当者)

やっぱり、結局は美味しいのだ。たしかに赤と白を混ぜると、見た目は恐怖かもしれないけど。



1食で二度美味しい“合いがけカレー”の感想は、グワシ!!


株式会社ノーツ 『楳図かずお恐怖カレー』
詳しくはこちらを→クリック



原文:グワシ! 赤白ボーダー柄の「楳図かずお恐怖カレー」を食べてみた - Excite Bit コネタ  http://www.excite.co.jp/News/bit/E1475641280710.html
『B級グルメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 茨城グルメ「メロンカレー」... | トップ | 「仕事によってついた変な癖... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ショッピング・グルメ」カテゴリの最新記事