『ほのぼのマイタウン』気まま通信

『ほのぼのマイタウン』のブログ版~見たこと、聞いたこと、伝えたいことを自由に気ままに綴ります。

昭和の家族写真によせて(2)

2016-10-29 13:20:03 | 身辺雑記
  
  昭和8年頃の一家団欒

  

  こちらは母が家族で毎夏を過ごした、嬉野温泉(佐賀県)の旅館での一コマ。
  写真の折れ線が2本入っている古い写真です。

  写真館での緊張した写真と違い、家族がリラックスしています(母は右後ろに)。
  左側の小さな女の子二人は叔母に訊いたところ、その旅館の娘さんたちだとか。
  家族と較べ、かしこまっている様子が可愛いです。
  きっと一緒に遊んでいたのでしょう。

  座卓の中央にある昔のレコードプレーヤー(蓄音機)が時代を物語っています。
  テレビもゲームもない時代、家族で音楽を聞き楽しんだのでしょう。
  以前叔母から貰った手紙によると、祖父はよく晩酌の手を休め、当時踊りを習っていた母が
  童謡の「雨降りお月さん」を踊るのを眼を細めてみていたとか。

  この想い出を叔母から知らされた時、私の記憶の中で蘇ったことがあります。
  私が小学生の頃友だちが遊びに来るたび、母は「雨降りお月さん」を歌いながら振付を教えていました。
  「雨降りお月さ~ん、雲の蔭、お嫁に行くときゃ誰と行~く・・・」
  今でも私は最初の踊りを憶えているほどです。
  この踊りは母にとって「父との大切な想い出」だったのです。

  この歌の作詞者は野口雨情。
  雨情のお墓が小平霊園にあることで、「こだいら雨情うたまつり」が毎年5月に開かれています。
  その実行委員をやっている私は、毎年のように出演者が歌う「雨降りお月さん」を聴き、
  しみじみと母との想い出に浸ります。
  「雨降りお月さん」は祖父と母、私の3代にわたるソウルソングなのです。
    
  

  

  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昭和の家族写真によせて(1) | トップ | 公民館ライブのモロコシボー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

身辺雑記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。