『ほのぼのマイタウン』気まま通信

『ほのぼのマイタウン』のブログ版~見たこと、聞いたこと、伝えたいことを自由に気ままに綴ります。

想い出の古代桜と地獄谷野猿公苑

2017-04-25 22:52:36 | 旅行


        3年前の丁度今頃、信州湯田中温泉へ1泊しました。

        翌朝、ホテルの人から「近くの桜が見頃ですよ」と聞き、もらったイラストマップを頼りに、車で回ってみました。

        すると、どうでしょう。こんな古代桜に出合えました。

        

        道路脇にそれは見事な一本桜が満開!

        右端の車の大きさと較べればわかるように、他を圧するような大木で樹齢約900年とか。

        山ノ内町宇木地区の「エドヒガン千歳桜」です。

        宇木地区にはあちこちに5本の古代桜があり、この時いずれも満開でした。

        真っ青な空、信州の山々を背景に、来る人もいない静寂な朝の一本桜の素晴らしかったこと。

        人は予期しないいいことに出合うと、うれしさも倍になるものです。


        

        こちらは丘の上のお墓を覆うように咲くしだれ桜。

        周りは田園風景が広がる、気持ちいいロケーションでした。


       
        桜を堪能したあとに出向いたのが、世界に名が知られる地獄谷野猿公苑。

        駐車場から25分ほど山歩きして野猿公苑入口に着くのですが、外国人観光客が多いのにびっくり。

        こんな山の中でも、温泉に入るサルはやはり人を呼ぶのだと納得。


        

        

        温泉の周りにいるサルたちや下の川沿いで遊ぶサルたち、どちらを向いてもサル、サル、サル・・・

        温泉に入るサルがなかなかいなくて、皆シャッターチャンス待ちの状態でしたが。

        勇気あるサルがいざ入ると、その近くに人々が押し寄せ、スター並み。

        係りの人に訊ねたところ「外が暖かくなると、あまり入らないんですよ」と。

        そりゃそうですよね。日向ぼっこや外で体を動かす方が、濡れなくて気持ちいいのでしょうね。

        雪の降る日などに、コマーシャルで見るように「いい湯だナ」という顔をするのでしょう。


        
        温泉へ入るかどうか相談中?

        
        日向ぼっこの方がいいよね!

        
        日頃温泉にはいっているせいか?毛並みがキレイでした。

        
        慣れているのか、人間を全く意識せず、自分たちの世界で無心に遊んでいました。

        
        

        
        この年に生まれた赤ちゃんサルをたくさん見られたのはラッキーでした。

        おかあさんの側を離れないのだけれど、好奇心でちょっと周りに手を出してみる。

        そんな仕草が可愛くて、1日中居ても飽きない気がしました。

        あの子たちも3才になって、跳ね回っていることでしょうね。

        古代桜とおさるさん、忘れられない信州の春です。





        

        
        【まちかど情報】
        
        ◆染織の「ともえ会展」
        4月30日(日)~5月4日(木・祝)11時~18時(4日は16時まで)
        白矢アートスペース(小平市美園町1-4-12遊歩道沿い)

        麻生芬さんが主宰する染色教室の生徒による25回目の作品展。
        紅型染、藍染、草木染、ろうけつ染などの作品。
        着物、帯、のれん、タピストリー、額絵、洋服、小物など

         ☆30日13時30分よりオープニングイベントして落語を開催(無料)

        (問合せ)090-2408-1092 麻生

        ◆オペラ鑑賞会 ロッシーニ「セビリアの理髪師」'89メトロポリタン歌劇場ライブ
         5月14日(日)13時30分~16時30分 
         清瀬アミューホール(清瀬駅北口 生涯学習センター7階)
         入場無料

         大型プロジェクターによるスクリーン大画面投影 字幕スーパー付き

         (問合せ)042-491-0572 清瀬稲門会 大畠薫
         
        





       

        

        

        


        


        

        
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小平井戸の会NEWSが冊子に | トップ | 住宅街でアライグマ捕獲 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。