ほのぼニータ’s styleⅡ

大分トリニータの話題を中心に、日常の感想などジャンル関係なく扱います!
なるべく週2回ペースで更新します!

臼杵 鷺来ヶ迫温泉

2017-06-28 23:21:01 | 日記
先日の道の駅ドライブついでに、鷺来ヶ迫(ろくがさこ)温泉に行ってきました。
今月あったトリニータ-横浜FCの試合の時に臼杵市PRブースがあって、そこでもらったパンフレットの中に面白そうな温泉があったので、せっかく県南に行くのであればついでに寄りたいと思っていました。


https://www.rokugasako.com/


臼杵市街地から少し進んだ山奥にありました。それほど遠い印象はありませんでした。







道中に飲泉場がありました。一口いただける蛇口と、有料で5リットル持って帰れるサーバーが設置されていました。もちろん、蛇口のほうはペットボトルなどの移しは厳禁です。

一口飲んでみました。温泉独特の風味があり、ミネラル豊富とのこと。最初の一口は錆びた味が広がるが、次第にくせになっていく。肝臓病や通風などに効果があるようなので、飲んで悪いことは無い。





そこから少し進んだ先に鷺来ヶ迫温泉「俵屋旅館」がありました。
山奥にひっそりとある旅館で、週末にも関わらず人気も少なく、最初の受付を済ませるまで少し勇気がいりました。


温泉までの通路も年季が入った感じで、少々不気味な感じも漂う景観でした。男湯と女湯に分かれていましたが、男湯の更衣室は通路の途中にありましたのでほぼ丸見え状態でした。女性客がいなかったので助かりました。


先客は2名ほどいました(地元の人だったようです)。温泉は熱め(41℃)、ぬるめ(38℃)、源泉(22℃)とサウナがあり、個人的には冷たい、熱め、超熱めの3種類のように感じました。要するにちょうどよい温度が無かった。

温泉自体は、茶褐色に濁った温泉で、肌がすべすべになったと感じるくらい温泉の質は申し分ないです。行ったら理解してくれると思いますが、温泉好きには絶対に後悔させない魅力があります。



脱衣場近くにも飲泉場があり、ここでも体験しました。独特の感じはここでも同じで、健康のためと思えば苦にならない。


宿泊にも力を入れているようで、利用するには少し分不相応のところがあり、もう少し年齢に脂がのったところで本気で検討するレベルかなと思う。一度は泊まってみて、健康になったと実感して帰るような経験をしてみたい。


じゃこの辺で
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千葉旅行計画2017 | トップ | 【負けたのに】第21節 千葉... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。