ほのぼニータ’s styleⅡ

大分トリニータの話題を中心に、日常の感想などジャンル関係なく扱います!
なるべく週2回ペースで更新します!

2017/6/30 千葉ロッテマリーンズ-北海道日本ハムファイターズ

2017-07-11 22:47:41 | 野球



人生2回目のマリンスタジアム訪問です。今年からZOZOマリンスタジアムに命名変更しています。




プレミアムフライデーにある試合ということで、開門前でこの集結。関東ではプレミアムフライデーが浸透しているのかな?





我らが中津のぶんごやが出店していました。ちょっと注視していましたが、比較的購入する人が多くいたようでした。ロッテファンに中津からあげが認められている証拠です。
俺は、ここで中津からあげをわざわざ買うのも勿体ないので、その2つ隣の唐揚げを食べました。美味しかったですが、やっぱりふんごやにすればよかったと少し後悔もした。





ロッテのグッズショップ。謎の魚グッズはこの試合から販売のようで、俺もキーホルダーをお土産で購入しました。売れ行きは良さそうでした。







こうしたタイムスケジュールがあるのは嬉しい。マスコットの登場時間まで。誰でも楽しめるイベントが多いのも、千葉ロッテの特徴の一つです。







コアラのマーチにばったり遭遇




マーくんとクリーニング専科のマスコット。黒田ウーサーというらしい。
ちなみにサッカーでは水戸ホーリーホックを応援しているらしい。











本日の先発は涌井。今年はなかなか振るわないが、エースとしてのピッチングを期待している。








この試合は自分へのご褒美ということで、SS席で観戦しました。試合全体が見渡せて、すごく観戦しやすかったです。座席もふっくらしていました。


試合は初回にパラデスのタイムリーで先制。4番の仕事をきっちりこなしてくれました。
涌井のピッチングが素晴らしく、5回までロッテペースで試合を進めることができました。正直負ける予感なんてしなかったです。


さあお待たせしました。謎の魚の写真を余すところなく紹介します。








第3形態登場の瞬間




他のチアリーダーやマスコットが踊っているにも関わらず、ファンの視線を完全に一点に絞らせる存在感。キレキレのダンスを披露していました。





シュールな方法で戻り、





グラウンドを去る


結果論ですが、この謎の魚が悪い意味で試合の流れを変えてくれました。6回裏の満塁のチャンスを逃すと、7回表に涌井がつかまってしまい、一挙6点を奪われ試合をひっくり返される。
1-2で2アウトまでいけたものの、その後の下位打線のところでフォアボールであったり、走者一掃3ベースであったりと締めることができなかった。その苛立ちが抑えきれなかったのか、直後の暴投でさらに1点を失い、エースとしてもはや恥ずかしい内容となってしまった。








代打の福浦にヒットが生まれ、わずかながら勢いづき始める。




今年までに2000本安打達成してほしいな。今年のマリーンズの数少ない楽しみの一つ。





9回に反撃を試みるも、7回に奪われた失点が大きく響き敗戦。非常にもったいなかった。
スタジアムの雰囲気は最高だっただけにすごく残念。



試合は終了したが、楽しみはこれだけではない。試合後にグラウンドに入って、ボールを1球バックホームできるイベントがあり、それに参加してきました。




ヤフオクドームのピッチレベルには就活の時とかに入ったことはありますが、試合直後のピッチレベル体験はこれが初めてです。





広大なスタジアム全景。野球経験者なのである程度の感覚はありますが、やはり外野の守備範囲の多さは異常ですね。一見ヒットになりそうな球をアウトにしてしまう岡田選手のすごさが、ピッチに立つことでさらに凄さを感じさせます。






シコースキーばりの腕グルグルで準備運動ばっちりだったにも関わらず、思うようにバックホームできなかったし、ちょっと脇腹も痛めた(長引くほどではない)。定期的な練習が必要ですね。

時間帯が遅かったので子供の姿は少なかったですが、こうしたピッチに立った経験がプロを目指すきっかけになることも少なくないはず。こういった機会を与えてくださる千葉ロッテに感謝します。大人の俺でも楽しめました。


翌日もマリンスタジアムを訪れています。後日ブログにアップします。また謎の魚が登場します。

じゃこの辺で


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【DAZNで】第22節 湘南戦【... | トップ | ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野球」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。