その月の終りに突撃隊が僕に螢をくれた

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

その心地よい感覚を味わった

2016-10-13 12:32:44 | 生活
沖田さんは何だか腑に落ちない表情をしていたけど、私の腕を取るとそこに口をつけた。
そしていつものように私をギュッと抱きしめてくれる。

緊張に固くなっていた私の身体は、その温かい感触にふっと力が抜ける。
やっぱりこうやって優しく抱きしめてもらうのって、凄く嬉しい気持ちになる。
私は暫しの間目を閉じて。

でも、それと反比例するように、沖田さんの息はだんだん上がってくる。
そんな彼の様子を見れば、やっぱり私の胸はチクリと痛くなった。


「えりちゃん・・・今日これからどこに行くの?」


沖田さんは私を抱きしめたまま、少し荒い息の合間から聞いてきた。


「左之と会ってきます・・・」


そう告げた途端、沖田さんは私から身体を離し、険しい顔で肩に掴みかかる。

「あいつとはもう二人で会わないって約束したじゃない!」

「分かってます・・・でも・・・」

「どうして?まだあいつの言いなりになるつもりなの?」

沖田さんは眉根を寄せて苦しげな表情をする。
その表情は単に衝動から来るものではなく、まるで彼の心模様を表しているような気がして、私の気持ちまで苦しくさせた。


「私、決めたんです、ちゃんと左之と向き合うって。・・・だから自分の本当の気持ちをちゃんと伝えて、彼にもそれを分かって欲しいんです」

「あいつは話が通じるような男じゃないよ。また何かされたらどうするの!?」

「大丈夫です。もう私は流されたりしません」

沖田さんは唇を噛みしめながら厳しい表情で私の顔を睨む。
でも、私もここで折れる訳にはいかなかった。

「じゃ、僕も一緒にいく」

「ダメです、これは私と左之の問題です。沖田さんにこれ以上ご迷惑はかけられ・・・」


「・・・迷惑なんかじゃない!」


沖田さんは私の言葉を遮るようにそう叫ぶと、再び私の身体を抱き寄せぎゅっと肩口に顔を埋めた。


「君をあいつの所に行かせたくない」

「沖田さん・・・」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名称については定説がないが | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。