尼さん漢方医心と身体のお話

法華宗本国寺の住職とA級国際中医師である私の心の持ち方や、

元気に生きるための、お話です。

*御供養ということ。

2015-08-29 18:39:36 | 雅諒のささやかなお話。

洋皿のグリル鶏どんぶり、マグロとホタテのマリネ、具だくさんの豚しゃぶ梅酢冷麺

合掌

   もうお盆も過ぎてしまいましたが、お盆の由来は、

 

 お釈迦さまの神通力第一のお弟子、目連尊者が亡くなった母、青提女をどこにいるか天界を探したところ、

 

 天界にはいず、なんと、慳貪( けち、欲深い )の罪で地獄に落ちていたのです。

 

 そこで、目連尊者はその神通力で母に水や食べ物を送り、母を地獄から助けようとしました。

 

 でも、青提女が口にしようとすると火となって燃えてしまったのです。

 

   困った目連尊者は、お釈迦様にお尋ねしました。

 

      どうして私のように神通力があるのに、わが母を助けることができないのでしょう?

 

   お釈迦さまは、

 

      それは、青提女の罪障のためである。その罪障の深い母を助けたいのであれば、

 

      千人の僧に、お経をあげて、御供養してもらいなさいとおしゃいました。

 

   目連尊者は教えの通りに、千人の僧に御供物をし、母への御供養をしました。

 

   そして、青提女はお経の力により成仏し、地獄界より救われたのです。

 

 このようなことから、

 

   お盆のように、霊を供養してもらうことが始まったといわれています。

 

 皆さんも、よくお墓参りもされると思います。とても良いことで、ありがたいことです。

 

   では、お墓参りと御供養との違いはどこにあるのでしょう。

 

 お墓参りも、もちろん、ご先祖様も、きっと喜んでくださっているに違いはありません。

 

   お墓参りはどちらかというと、お墓参りするこちら側のためのように思えます。

 

 ご先祖や、親や、お世話になった方に、お礼を言ったり、報告したり、することで、

 

 お参りした方がとにかく気持ちが救われるのです。

 

   御供養は見えないご先祖の霊に対して、僧にお経をあげてもらうことにより、

 

 お経( 法味 )により霊が成仏し、またさらに、霊が子孫を守る力をつけることになるのです。

 

   では、自分で上げるお経は、どうなんでしょう?

 

 自分で上げるお経は、自分自身の罪障消滅のためになるのです。

 

  ですから、目連尊者も他の千人の僧にお布施をしてお経をあげてもらったのです。

 

    いつも、檀家の皆さんに申し上げているのは、

 

  1、罪障消滅すること。(お題目、お経を唱える)

 

  2、御供養すること。

 

  3、正しく考える。

 

  4、正しく生きる。

 

   私はこれは、檀家の方でなくとも通じることと思います。

 

 又、以前も申し上げましたが、

 

   家族にとって、仏さま、ご先祖様は、家にたとえると、屋根です。

 

  家族を、嵐や雨や雪や熱射などの人生の荒波より守ります。

 

  家族、親せきは家の壁です。まわりから守ります。

 

  友達や同僚は床で、家族を支えます。

 

  家族も、親せきも友達も大切です。

 

    きっと、仏さまや、ご先祖を大切にする気持ちは、ほとんどの方がお持ちと思いますが、

 

  ぜひ、本来の御供養のことも、考えてみていただけたらと思います。

 

    現代は、見えることや自分のことにはお金を使うことが多い世の中ですが、

 

 見えないけれど、実際に、自分が今あるのは、ご先祖があるからで、

 

 必ず、先にはあなたも先祖になるのです。

 

   御供養により、ご先祖を尊び御法味を差し上げ、救い喜んでもらうことは、

 

 すなわち、お経の力により、先祖の悪い罪障を消し先祖に力をつけ、子孫を救い守ることになるのです。

 

     あなたは、屋根のないお家に住んでいらっしゃいませんか?

 

  あなたの家族に何か問題があるとしたら、屋根が壊れていたり、傷んでいたりしていませんか?

 

   この世は目に見えることだけでできているのではありません。

 

 正しく考え、正しく生き、頑張っていらっしゃる人こそ、

 

 運命のままに、罪障のままに、流され、振り回される人生や報われない自分を、

 

 仏さまやご先祖を御供養することにより、お守りいただけ、人生を変えていけることも

 

 考えていただけたらと思います。

 

   もうすぐ、お彼岸もまいります。

 

  仏さま、ご先祖を御供養しに、お参りされてみませんか?

 

   そして、御供養を積み重ねることで、

 

  大きく、何かが、きっと良い方へ変わっていくことでしょう。

 

  正しい積み重ねに仏様、ご先祖は必ず正しく答えてくださるに違いありません!!!

 

 

      再拝

 

 

 ほんもんはっぽん じょうぎょうしょでん ほんにんげしゅ (の) なむみょうほうれんげきょう ほんこくじ  がりょう

 本門八品   上行所伝  本因下種   南無妙法蓮華経   本国寺   雅諒

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« *芍薬甘草湯ということ。 | トップ | *41歳寿命説ということ。 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
美味しそうな料理ね(°▽°) (一円玉の旅烏)
2015-09-21 17:42:32
こんばんわ(^^)とても可愛い猫ちゃんですね。ブログ読ませて頂きました。あなたはとても慈悲が深くて純粋で素朴な方なのですね。病人を救おうとしてくれてるそのお志はまるで野菊の花のようです。本門法華宗は法華宗(本門流)と同じく慶林日隆を門祖と仰ぐ八品勝劣派の一派で京都の妙蓮寺を本山とされてますね?妙蓮寺は日朗の弟子の日像が京都弘通に赴き最初に建立し た妙法蓮華経寺の旧跡に再興された寺院で仏性日慶は日像の流れを汲む妙顕寺の月明の門下でしたが応永一年9歳の時に月明の優柔不断な信仰姿勢を刷新しようと立ち上がった日存・日道・ 日隆(日隆は当時21歳)と共に妙顕寺を出て綾小路五条に草庵を結んで移り 三人で師事しながら八品勝劣義の布教に加わったのです。その後、三人は布教の為に草庵を出たが日慶は一人残って独自に教線を広げ応永三〇年27歳の時に酒屋の外護で廃寺となった妙法蓮華経寺を妙蓮寺と改め再興したのです。同じ頃、兵庫に本興寺を再建 し再び京都弘通を目指した日隆は内野付近に本応寺を建立して京都の日蓮宗 八品勝劣義を表明し日慶に対し恩人ともいえる日存・日道を妙蓮寺歴代に加えるように伝えた。だが日慶がこれを拒否した為に日隆は日慶と絶交してしまい以後、本応寺と妙蓮寺は五〇年にわたって対立する事になったのです。その後、本応寺は本能寺と改めて六角大宮に移り教線を広げ、日慶は本能寺への対抗手段として公家・皇室に縁の深い庭田家出身の稚児を妙蓮寺の寺主として迎え権勢による自門の繁栄をはかりました。その結果、妙蓮寺は公武の厚い庇護を受け皇族や武家の参詣で大いに栄えました。 また日慶は天台宗の三井園成寺より常住日忠を学頭に招いて門下の育成に努めました。なお日忠は妙蓮寺内の道輪寺学室において八品教学の振興をはかり中興の祖と称されていますね。日慶は自ら妙蓮寺の歴代に入らず文明一〇年81歳で亡くなりました。日慶が亡くなった後、学頭の日忠は公家出身の日応を補佐して妙蓮寺歴代に日存・日道・日隆を加えた相承次第を作って本能寺との長年にわたる対立を解消して和解へと導きましたた。これによって妙蓮寺は本能寺を中心とする日隆門流に連なり戦後独立するまでの長期にわたって門流と同じ盛衰の歴史を辿り、 天文五年の「天文法乱」では叡山衆徒の襲撃によって堂宇は全焼してしまいたしたが六年後に再建され天正十五 年に現在地に移転されました。江戸時代には法華経が説かれた諸天善神を祀って現世利益を求める番信仰が全国に広がり妙蓮寺も本能寺・本興寺と同様に鬼子母神、十羅刹女、三十番神を祀って教勢発展をみるに至りましたね。その一方で教団内では尼ヶ崎 勧学院の日秀と本興寺の日専との間で逆縁の衆生の成仏をめぐる「回向成不論争」が起こってしまい教団を二分する大問題に発展していってしまい、また、布教から遠ざかり堕落した僧侶の姿に失望した信徒を中心に在家組織である八品講が全国に生まれ折伏布教を展開していきました。中でも長松清風 (日扇)が率いる仏立講 は法華宗門が主張する「回向成仏 論」を真っ向から否定し畜生の成仏を認めない「三途不成論」を唱えては徹 底した現世利益を前面に立てた強義折 伏によって一大勢力となりましたね。この時に妙蓮寺は「三途不成論」を支持し本能寺・本興寺と対立したが慶応三年この論争は同一法門の両面であるとの解釈で三山は和解しています。明治五年 妙蓮寺、光長寺(沼津)鷲山寺(千葉)本能寺(京都)本興寺(尼ヶ崎)は廃仏毀釈の難局に対処する為に一致して「本門八品五山規則」を制定し五山は一致勝劣二派制か ら「日蓮宗八品派」となり五山一派一管長制を敷き「本門法華宗」と改称しましたね。昭和一六年 戦時下の思想統制によって「本門法華宗」は更に日真門流・日陣門流合流して「法華宗」を結成したが戦後、妙蓮寺は「法華宗」 から離脱して独立し昭和二七年に再び 「本門法華宗」と改称して現在に至っ ています。ここで日忠の「本同益異説」は日隆の「種脱一双論」と同じく日蓮様が明かされた種脱と法体の正意に背く迷論です。 これについて大石寺の日寛上人は『観心本尊抄文段』 において「たとえば脱穀した米は白米であり仏は白米(脱益の一品二半)を持って在世の衆生を養い脱穀しない米は籾(も み)であり仏は籾(文底下種に題目)を持って本化菩薩に付嘱し末法得益の種とされた。 『彼は一品二半、此は題目の五字』といわれた真意は、この白米と籾との明らかな相違を示されたものである」と言ってます。 それに「『本同益異』の一言に具に五箇の迷乱あり」として「U+2460文上・文底の迷乱(法華経に文上文底のある事を知らない)U+2461在末種脱の迷乱(下種と脱益は化益ではなく法体の相違である事を知らない)U+2462今家の本迹の迷乱 (末法における本門とは文底久遠元初の妙法である事を知らない)U+2463事理の三千の迷乱(文底事の一念三千より見ればお釈迦様の法華経は悉く理の一念三千である事を知らない)U+2464教相・観心の迷乱(末法における観心とは文底 下種の妙法に限れる事を知らない)」を指摘され日忠の過ちを言ってくれてます。過ちのある法華宗を改宗されて正しい日蓮正宗 法華講(にちれんしょうしゅう ほっけこう)の信心をしてみてはいかがですか?これは勧誘ではなくて折伏でございます。鹿児島県にも日蓮正宗 法華講の寺はございます。もし宜しければ一度 法話を聞きに来てみてはいかがですか?
南無妙法蓮華経【なんみょうほうれんげきょう】
Unknown (雅諒です。)
2015-09-22 05:16:58
合掌

   コメントして頂き、ありがとうございます。

  本当に、よく知識が深くいろいろとご存じですね。

  私など,他宗の歴史など、勉強が足りずびっくりし

  てしまいます。

    私のお寺は、妙蓮寺を本山とする、本門法華宗

  ではなく、門祖日隆聖人、法華宗(本門流)でござい

  ます。本山は本能寺です。

     日蓮大聖人は、御遺文の中に、

  「妙法蓮華経宗(法華宗)の沙門日蓮である」と

  おっしゃっておりますが、当宗も、妙法蓮華経宗、

  略して、法華宗でございます。

    私など、学林(法華宗の僧侶の学問所)を出て

  おりませんので、本当に、行学二道を行ずべきでは

  ありますが、足りていないと思っております。


    ですが、私のお寺、本国寺は、ブログを前のを

  お読みいただくと書いてございますが、私とちょうど

  60歳違う祖母が、寿量菩薩さまのお導きにより、

  法華経を口ずてにお教えいただいて、また祖父も

  約90年前、寿量菩薩さまのお導きにより法華宗

  の僧侶となり、本能寺の末寺になりました。

    私も二十歳の時、頭に腫瘍ができ、大学病院

  では、腫瘍の中心に顔面神経が通っていて、顔が

  ゆがむというのを仏さまのおかげで、全く奇跡的に

  治ったのです。インターンの医師が、奇跡ってあるん

  だねと言われたのを、今でも覚えています。

  その後すぐに、得度いたしました。

    私は、まだまだ罪障が深いので、祖母のように

 何もかも教えてはいただけませんが、でも、困った時

 には、いつも、写真のように見せていただいたり、

 いろんなお助けがあり、守り助けていただき、私自身

 は、全く、何の不信も不満もございません。

   今も、これからも、少しでも、病気や、いろんなこと

 で困っておられる方が良くなられるお手伝いができた

 らと日々、目の前の方のことに、できる限りのことを

 尽くして、仏さまのお導きの元、生きていくだけです。

  私のようなものでも、このようにして、一日一日を

 生かされている事を本当にありがたく仏さまに感謝申

 し上げ御縁の有ります方、檀信徒の方々、患者さん

 の為、これからも精進してまいりたいと存じます。


   コメント頂きましたことで、改めて、今の自分が、

 仏様に守られ、どんなに幸せか、仏様のありがたさ

 信仰の正しさを見つめなおす機会を頂戴いたしまし

 た。

     本当にありがとうございました。


    御礼申し上げます。



       再拝   雅諒 
本国寺の檀家です (nami)
2015-09-24 00:24:09
コメントを読ませて頂きました。難しいことは勉強不足でよく分かりませんが、私は本国寺の檀家になって、先祖供養の大切さ、正しい行いをして生きていかなければならないことの大切さを学びました。
それは、私が妊娠中に見つかった病が奇跡的に治ったこと、諦めていた子供が授かったこと、迷った時は仏様にお尋ねして正しい道へとお導き下さってもらってることが目に見えて分かり、目に見えて世界が変わってきているからです。

私は檀家として、もっと法華宗について学ばねばならないかもしれません。
ですが、檀家からして見れば、何故先祖供養が大切なのか?子供たちに伝えていけるものが欲しいのです。

本国寺の和尚人は私たちに無償の愛を下さいます。
これは、いくら和尚人だからと誰にでも出来るものではありません。
特に子供には1番伝わります。
毎日お仏壇に手を合わせ、お経を唱えることで、仏様やご先祖様に守って頂けることを知りました。
最近は、子供が小さい嫌な出来事はこれはよくなるための試練だと思えるようになりました。
そう思えるのは大きな災いがないし、これからもないと信じられる強い気持ちが芽生えたからだと思います。

色々な宗派があり、奥深く勉強したわけではないので、よくわかりませんが、私たちが今できることは、毎日、先祖供養をして、心を込めてお経を唱えること、恥じない行いをし、人に感謝すること、それを子供たちに伝えていくこと。

これが私たち檀家に伝わっていれば十分ではないでしょうか?
幸い、本国寺の檀家さんは皆、欲深くなく、優しい方ばかりです。
心が洗われます。

昨日はお彼岸で、お寺にお参りさせて頂きました。
美味しいおはぎと酢の物を作って下さって有り難うございました~!
子供たちも大喜びでした。

コメントを投稿

雅諒のささやかなお話。」カテゴリの最新記事