本日は改姓なり!

うだうだな日記ですがどうぞよろしく

自転車

2014-04-29 14:37:16 | 日記
実は私、4月に入ってから、勤務先の最寄り駅から、会社まで自転車通勤をしております。
片道、自転車で30分ほどなんですが、いかんせん最近、体力というか持久力が完全に落ちているので、まだ始めて1ヶ月ほどですが、結構きついです。
これまで、その区間はバス通勤していたんですが、4月からの消費税増税でバス料金が上がるのと、バス自体の本数が減るのとで、これを機に体力をつけるのと、節約のためにも自転車通勤にしようかと思った次第でして。
なおかつ、現在、これまで下車していた駅の1つ前の駅で下車しているんですが、そこの駅(駅自体で運営しているわけではないですが)では、レンタサイクルをやっていまして、1ヶ月ごとの定期利用をしています。
新しく自転車を買おうとも思ったんですが、同僚の1人も、そのレンタサイクルを利用していまして、駐輪場代金もいらず、自転車自体のメンテナンスもそこの店がやってくれ、盗難にあった場合の保証などもあるので、便利ですよと話を聞いていたので、私も利用する事にしました。
これから、気候も温かくなるので、自転車通勤にはもってこいになると思うんですが、問題は梅雨の時期と、冬の季節ですかね。
雨の日は、仕方がないのでバスでの通勤にすると思いますが(ただ、今日現在、出勤日で自転車を利用しなかった日は1日だけです)、冬の時期に寒さに耐えながら(本ブログでも何度も紹介していますが、私は冬が大嫌いです)、自転車通勤できるかどうかと、帰宅時に真っ暗な中の自転車がどうかなと。
ま、ただ、これから寒くなるまでの4月から9月頃までの6ヶ月間で、少しでも体力が付いて、身体もスリムになれば、言う事はないんですけどね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

彦根城博物館

2014-04-24 21:21:54 | 国宝
前回のブログ‘一乗谷’で予告していましたが、一乗谷朝倉氏遺跡から水口城に移動する間に‘国宝絵画巡りプラスα’をしてきまして、行って来たのが滋賀県彦根市にあります彦根城博物館です。
彦根城郭内にあるこの博物館は、彦根藩政を司っていた表御殿を復元し、なおかつ博物館としての機能を一体化させた建物なんですが、今回、この博物館が所蔵している国宝‘風俗図’通称‘彦根屏風’が4/11から5/13まで展示されるというので、行って来た次第です。
‘国宝建造物&城巡り’をしている者にとって‘彦根城’はどちらにも属する建造物ですので、本来なら見て回る所ですが、2011年の夏に既に訪れているので、今回はスルーさせて頂きました。
国宝である‘彦根屏風’は、彦根藩主であった井伊家に代々伝えられたもので、色彩が剥離していたり、傷みが結構あったりしたんですが、近世の風俗画として、高く評価され国宝に指定されているだけの事はあり、絵画の傷みを補って余りある魅力を感じさせる絵画でした。
この日の翌日も‘国宝絵画巡りプラスα’をしてきたと、前回のブログで書きましたが、行って来たのは、3/31付けのブログで紹介した辰馬考古資料館で、只今‘富岡鉄斎展’が開催されているんですが、前期と後期で展示替えがあり、前回行った時は、重要文化財に指定されている六曲一双の屏風の右隻‘阿倍仲麻呂明州望月図’が展示されていたんですが、後期の今回は、左隻である‘円通大師呉門隠栖図’が展示されていたので、再度、行って参りました。
しかし、前回の時も感じましたが、重要文化財に指定されている富岡鉄斎のこの屏風は、迫力が半端ないですね・・・今回も一時、屏風の前で放心状態というか、感心しきりでしたからね。

さて、今週末からゴールデンウィークに入るわけですが、特に‘○○巡り’の予定は現在のところ立てておりません・・・大型連休中は、どことも人でいっぱいになりますんでね。
ま、そうは言いつつ、なにがしかの文化財巡りは、する気がするんですけどね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一乗谷

2014-04-21 21:28:33 | 
一昨日、またもや(と言っても半月ぶりくらいですが)‘城巡り’に行って参りました。
まず、最初に行ったのが、福井県福井市にあります一乗谷朝倉氏遺跡なんですが、ここには、天守や櫓といったものは全くなく、館跡などが残っているんですが、その遺跡等が特別史跡に指定されていまして、なおかつ、その中にある4つの庭園は、特別名勝にも指定され、さらに、日本100名城にも指定されているという非常に稀な遺跡です。
しかも、遺跡の一角に城下町が再現され‘復元町並’として公開されていて、戦国時代に思いを馳せるには、うってつけの場所となっています。
100名城の中でも、極めて特殊であろうこの遺跡は、私も前々から気にはなっていたんですが、今回、やっと行く事が出来、その遺跡を堪能したわけなんですが、朝倉氏がこの地を治めていた全盛期の頃は、どれほどの繁栄に満ちた場所だったんだろうと思います。
次に行って来たのが、滋賀県甲賀市にあります水口城で、ここは、これまで何度か見てきた城と同じように、櫓が復元され、その中が資料館となっているんですが、隣接している本丸跡が、現在、高校の運動場として使われており、学校の敷地となっている城跡も、ちょくちょく見かけるなと思ってしまいました。
ただ、水口城の資料館では、お茶を出して頂きまして(多分、来られる観光客には全員、出してらっしゃると思われます)、これには、ちょっと感動してしまいました。
この日は‘城巡り’と共に‘国宝絵画巡りプラスα’もしてきて、翌日の日曜日にも同じく‘国宝絵画巡りプラスα’をしてきたんですが、その話はまとめて、明日以降のブログで書かせて頂きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

湯の山温泉

2014-04-18 20:32:47 | 観光スポット
昨日のブログからの続きですが、夫婦岩を後にした私達5人が向かった先は、当日の宿泊先で、三重県三重郡菰野町にあります湯の山温泉です。
伊勢からですと、志摩の温泉街が近かったんですが、温泉で宿泊するからには‘関西の奥座敷’とも呼ばれ、全国的にも名前が通っている湯の山温泉だろうと、全員一致で宿泊先を決め、事前に予約した次第です。
伊勢から湯の山温泉までの道中、少しばかり渋滞に巻き込まれてしまい、到着がPM6:00頃になったので、荷物を置いて、一息ついた頃には、夕食になりました。
ま、夕食後は、当然ながら、5人で温泉を堪能しまして、その日の疲れを癒したわけなんですけどね。
5人揃って会うのも久しぶりでしたので、就寝までの間、アルコール&おつまみ片手に、他愛もない話で盛り上がったりして、その日は終了致しました。
翌日は、私とあと2人は、朝風呂に行きまして(前回の長良川温泉の時も、この3人で朝風呂でした)、再び温泉を堪能した後、朝食、そしてチェックアウト後、向かった先が、温泉街の中にあります御在所岳です。
湯の山温泉駅から山上公園駅まで、ロープウェイで結ばれていまして、標高差800m程を登って行くんですが、これが圧巻で、私は高所恐怖症というわけではありませんが、このロープウェイは、少々、足がすくみました。
他の4人も、かなり興奮していまして、登る時も、降りる時も結構テンションが高かったので、これは観光地として来た甲斐があったなと・・・標高1,200m以上もある御在所岳ですので、山頂付近には、まだ雪が残っている所もあり、私達が行った時も少し肌寒かったです。
天気がそれほど良くなかったので、景色を堪能とはいきませんでしたが、ロープウェイだけでも大満足の御在所岳でした。
山頂で昼食をとった後、近鉄の湯の山温泉駅で解散となったんですが、前回の旅行同様、今回も非常に楽しめた旅行でした・・・解散の際に‘次回は、どこに行こうか’というような話も出たんですが、また、1年から2年ほど先の話でしょうから、その時までに、色々と観光地を調べておきましょうという話になりました。
ま、前回、今回同様、また温泉ありきの旅行になる事は、間違いないんですけどね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊勢神宮

2014-04-17 21:22:02 | 観光スポット
先日の土日は、本ブログで何度も紹介した事のある高校時代からの友人5人と、1泊2日で旅行に行って参りました。
前回は、一昨年の11月に、長良川温泉に行って来まして(2012年11月28日付けのブログ‘長良川温泉’を参照)、岐阜城や大垣城を巡って来たんですが、2回目の今回は、表題にある通り、三重県伊勢市にあります伊勢神宮に参って来ました。
伊勢神宮と言えば、昨年、式年遷宮があり、只今、ブームの真っ最中と言った感じですが、個人的には実に四半世紀以上ぶりの伊勢神宮でして、私が前回、伊勢神宮に行ったのは、小学校の修学旅行でした。
伊勢神宮に行くからには、外宮、内宮共に行かなくてはならないだろうと、5人連れだって、どちらも参って来たんですが、私の記憶が正しければ、修学旅行の時は、外宮には行ってないんじゃないかと。
しかも、内宮前のおかげ横丁は、修学旅行に行った当時、まだありませんでしたので、今回、行ってみて、あまりの人の多さにびっくりしてしまいました。
伊勢神宮自体も、人は多かったですが、神聖な場所という事もあり、とても厳かな雰囲気で、これまで行った神社とは、やはりひと味違うなと・・・最近、流行りのパワースポットとか言われますが、そんな軽々しい言葉で片づけて欲しくないような場所でした。
この後、ホテルのチェックインの時間まで、まだ間があったので、車で20分ほどの二見興玉神社へ・・・神社の名前だけではピンと来ないかも知れませんが、ここは、かの有名な夫婦岩がある神社で、カレンダーや写真等で見た事がある人も多いと思います。
その後は、ホテルに向かったんですが、この5人の旅行では、必須事項として‘温泉地’というのがキーワードになっていますので、当然ながら温泉地に宿泊したんですが、どこの温泉に宿泊したかは明日以降のブログで紹介致します・・・あと2日目に行った観光地についても明日以降で紹介したいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加