本日は改姓なり!

うだうだな日記ですがどうぞよろしく

甘泉寺のコウヤマキ

2017-06-09 20:29:39 | 天然記念物
今回は前回からの続きで、望月家住宅を出て向かった先は、同じく新城市内にあります甘泉寺と言う寺院です。
私が寺院に向かったと言う事は、当然ながら‘文化財巡り’なわけなんですが、今回は表題にある通り、この寺院にあり国の天然記念物に指定されていますコウヤマキを見て参りました。
甘泉寺のコウヤマキは、コウヤマキとしては国内で1番の巨樹だそうで、樹齢は400年以上とも600年以上とも言われているそうです。
ただ、上記写真を見て頂いてもわかるように平成21年(2009年)に台風の被害を受け、木の上部がかなり欠損しているんですが、それでも、このコウヤマキの迫力は圧倒的で、木の頂上部分が葉に覆われていないからこそ、木の幹の部分がてっぺんまで一直線にそびえているような感じで、下から木を見上げながら感心してしまいました。
また、この甘泉寺は、戦国時代、織田信長・徳川家康連合軍と武田勝頼軍が戦った長篠の戦いで、後世に名を残した鳥居強右衛門と言う武将の墓所があり、この武将についての詳細は、インターネット等で調べて頂くとして、私は個人的に、この武将の長篠の戦いでのエピソードが大好きで、天然記念物のコウヤマキと共に、鳥居強右衛門の墓所にも訪れる事が出来、大変、満足した‘文化財巡り’でした。
ま、しかしながら、今回訪れた2件の‘文化財巡り’ですが、どちらの文化財を見学している最中も私の他の見学者は1人もいなかったんですけどね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 望月家住宅 | トップ | 旧西園寺公望興津別邸 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

天然記念物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。