本日は改姓なり!

うだうだな日記ですがどうぞよろしく

旧矢掛脇本陣高草家住宅

2017-09-14 20:27:01 | 重要文化財
今回は前回からの続きで、前回のブログの最後でもチラッと紹介しましたが、旧矢掛本陣石井家住宅を出て向かった先は、そこから徒歩数分の場所にあり、主屋や表屋、表門等、9棟の建造物が国の重要文化財に指定されています旧矢掛脇本陣高草家住宅です。
脇本陣とは、本陣の予備的な施設なんですが、薩摩藩や長州藩のような大きな藩の場合は、前回、紹介した旧矢掛本陣石井家住宅には主に藩主が宿泊し、それに次ぐ家老等が脇本陣である高草家住宅に宿泊したようです。
今回、訪れた矢掛宿は、本陣、脇本陣の両方が国の重要文化財に指定されている唯一の宿場だそうで、本陣である石井家住宅の、1,000坪近くある敷地には驚かされましたが、脇本陣である高草家住宅も約600坪の敷地があり、代々、金融業を営み、いかに財を成して来たかがわかる感じです。
ただ、石井家住宅と違い、高草家住宅は、主屋や表屋等の建造物の内部には入る事が出来ず、外から中を見学する感じだったのは少々、残念だったんですが、蔵屋敷のなまこ壁等は非常にお洒落で綺麗な上に、堅固な感じがしました。

さて、この日は、もう1件、旧矢掛脇本陣高草家住宅を出た後に、岡山県内にある文化財に向かったんですが、どこに向かったかは明日以降のブログにて紹介したいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旧矢掛本陣石井家住宅 | トップ | 旧野﨑家住宅 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

重要文化財」カテゴリの最新記事