まめだの落語日記

落語、講談、歌舞伎、文楽が大好きです。私自身の備忘録を兼ねてその日観た聴いた演目について書いていきます。

大阪松竹座七月大歌舞伎

2017-07-12 07:54:44 | 歌舞伎・文楽
2017年7月9日(日)16時 夜の部
2017年7月10日(月)11時 昼の部



<夜の部>

舌出三番叟

   中村鴈治郎
   中村壱太郎

通し狂言 盟三五大切
  
   源五兵衛  片岡仁左衛門
   三五郎   市川染五郎
   小万    中村時蔵
   八右衛門  尾上松也
   菊野    中村壱太郎



今回の大阪行きの眼目は「盟三五大切」
を拝見することでした。

仁左衛門丈の当たり役、でももうこれで
最後になるのではないか、という友人の
ことばで遠征を決心しました。

源五兵衛は小万を愛して愛して愛し抜いて
殺してしまう。お金を騙し取られたこと
よりも自分以外の男を愛していたことに
逆上する男。

歌舞伎の殺しの場面は様式美の世界。
それは美しい芸術そのものです。

仁左衛門丈の美しさ、所作の美しさ、
魂の美しさ。すべてがリアルに舞台の
上で表現されることのすごさ。

言葉で表すことは到底できないのですが、
夢幻の世界へいざなっていただいた
役者さんたちに、感謝しかありません。



<昼の部>


夏祭浪花鑑

  団七  市川染五郎
  お梶  片岡孝太郎
  徳兵衛 尾上松也
  お辰  中村時蔵
  礒之丞 中村萬太郎
  琴浦  中村壱太郎


幕見で拝見しました。松竹座の幕見席は
舞台が歌舞伎座より小さいので観易い。

「夏祭浪花鑑」も殺しの場面が大きな山場。

小金が欲しいばかりに悪事を働き、娘夫婦
にとって大事な人々に迷惑をかける義父を
仕方なく殺す団七。

昼の部も夜の部も人間の業が引き起こす悲劇。
歌舞伎の演目はこうした悲劇的な結末のもの
がとても多くて、それが私を沼へと引きずり
込むのです。



夜の部、昼の部と堪能して大満足で東京へ。



  



ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 逍遥祭 シェイクスピアの上... | トップ | 七月大歌舞伎 昼の部/夜の部 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大阪遠征 (やんべ)
2017-07-12 13:52:44
おぉ!
決断されたのですね。

僕も23日に「盟三五大切」を観にいきます。
仁左衛門丈大好きの妻と行きます。
今から楽しみです。

道頓堀グルメも楽しみです。
Unknown (まめだ)
2017-07-12 15:52:27
やんべさま

コメントありがとうございます。

よかったですよ~「盟三五大切」。
仁左衛門丈大好きの奥様にもよろしくお伝えください笑。

盟三五大切 (ヌーベルハンバーグ)
2017-07-14 09:52:21
十二代目・市川團十郎丈演を国立劇場で現・松本幸四郎丈演を歌舞伎座で見たことがあります。十二代目・團十郎丈の薩摩源五兵衛は特に三五郎宅で小万とその赤ん坊を殺害する場面では嫉妬に狂った人間はここまで残酷になれるものかという想いにかられました。最後の幕で塩治(赤穂)浪士の「不破数右衛門正種」に戻って「討ち入り」の火消装束の姿で現れたのには「同じ人物なのか?」と思わせる不思議な違和感を覚えました。錦絵のような華やかさを持った俳優さんだけにより「残酷美」を感じさせてくれました。現・松本幸四郎丈は「二軒茶屋の五人斬り」の場で丸窓を切り破って入ってくる源五兵衛の形相が凄かったですね。真面目な人間ほど色恋沙汰で自尊心を傷つけられるとここまで狂暴化するのかと思わせられました。因みに三五郎役は前者の舞台では現・尾上菊五郎丈、後者では十八代目・中村勘三郎丈(勘九郎時代)でした。小万役はいずれも四代目・中村雀右衛門丈でした。実兄が毒殺されたのを目の当たりにして源五兵衛の自分たちへの殺意をはっきりと感じ怯える態に説得力がありました。
Unknown (まめだ)
2017-07-14 13:44:57
ヌーベルハンバーグ様

コメントありがとうございました。

名優の演技でご覧になっているのですね。
コメント読んだだけでも背筋が凍るような・・笑。

仁左衛門丈は凄まじさもありながら、どこまでも美しいというのが私の印象です。
小万の生首を懐に抱いて去る場面は本当に哀しそうで、涙が流れそうになりました。
夏祭浪花鑑 (ヌーベルハンバーグ)
2017-07-14 16:21:10
団七九郎兵衛が市川染五郎丈ですか。曾祖父様(初代・中村吉右衛門丈)の当たり役の一つですね。私は十八代目・中村勘三郎丈(勘九郎時代)、現・中村吉右衛門丈、現・市川猿翁丈(猿之助)の舞台を観ました。舅の義平次を殺害した後、通り過ぎる神輿の掛け声ですが現・中村吉右衛門丈は「ワーッショイ!ワーッショイ」、十八代目・中村勘九郎丈は浪花の祭りらしく「ヨーサヤチョーサ!ヨーサヤチョーサヤ」でしたね。染五郎丈はどちらだったでしょうか?大阪での上演を意識して後者だったでしょうか?お辰は現・中村時蔵丈ですか。美しいだけじゃなく胸のすく役ですね。私は四代目・中村雀右衛門丈、現・坂東玉三郎丈で観ました。「うちの人が好くの
はここ(顔)ではない、ここ(胸の内)でござんす。」はいつ聞いても清々しいですね。
Unknown (まめだ)
2017-07-18 08:19:30
ヌーベルハンバーグ様

コメントありがとうございました。

お神輿の掛け声、覚えていません。
ワーッショイ!ワーッショイだったような。
少なくともヨーサヤチョーサ!ヨーサヤチョーサヤではなかったと。

コメントを投稿

歌舞伎・文楽」カテゴリの最新記事