まめだの落語日記

落語、講談、歌舞伎、文楽が大好きです。私自身の備忘録を兼ねてその日観た聴いた演目について書いていきます。

池袋橘家文蔵襲名披露興行9日目

2016-10-31 08:06:01 | 落語
2016年10月29日(土)
池袋演芸場
2,800円


今日は机の引き出しを整理しようと
朝から一念発起。開けて見ただけで
ほってある山のような郵便物の類を
一つずつ点検。

途中朝ごはんも食べたりしていたら、
もうすぐお昼なのね、という時間に。

なんとなく池袋の番組をチェックしたら、
とっても素敵な顔付け。大慌てで仕度して
出発。すでに11:45をまわっています。


橘家かな文  たらちね
柳家花ごめ  桃太郎
古今亭文菊  長短
小菊
春風亭柳朝  お菊の皿
入船亭扇辰  お血脈
柳亭燕路   千早振る
春風亭一朝  看板のピン

仲入り

口上   扇辰司会 藤兵衛 文蔵 一朝 さん喬

勝丸
柳家さん喬  そば清
桂藤兵衛   のめる
アサダ二世
橘家文蔵   寝床



いやぁ、密度の濃い寄席でした、本日。

文菊師匠の長短。長短の革命ではないかな。
こちらがイライラせずに楽しめる。
上手いです。

え、この季節にお化けですか?
でもノリノリの柳朝師匠。楽しかった。

お化けの後に冬の噺はできないですな、
と悩んでいた扇辰師匠はお血脈。これが
もうそんじょそこらのお血脈とは違います。
バツグンにクサい。でも最高に笑えます。

一朝師匠の看板のピンまで、皆さん
どうしたんでしょうというような熱演。

さて仲後のさん喬師匠は十八番のそば清。
そば清といえばさん喬師匠です、私メは。
理屈抜きの楽しさ。

本日のトリは寝床でした。披露興行、
今日で5回きたけど、偶然ネタかぶりなし。
大爆発の寝床で大笑いしました。


とにかくすごい日でした。
番組確かめた自分をほめてあげます。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« らくだ亭 | トップ | 小正苑20回記念 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

落語」カテゴリの最新記事