まめだの落語日記

落語、講談、歌舞伎、文楽が大好きです。私自身の備忘録を兼ねてその日観た聴いた演目について書いていきます。

みちゆき 奈々福・吉坊二人会

2017-03-08 07:59:59 | 落語
2017年3月7日(火)19時開演
木馬亭


滑稽と狂気が織りなす旅路という
副題が付いています。

ネタ出しされていて、深山隠れは
初めてうかがうので楽しみです。



雷門音助  呑める
桂吉坊   深山隠れ
玉川奈々福 慶安太平記 善達三島宿

仲入り


仲入り後はトークがあるのですが、
この時点ですでに21時近く。

明日も仕事、しかもまだ週始めですから
失礼いたしました。

深山隠れはほんとに荒唐無稽。これぞ
上方落語です。コロコロ人の首を切り落
としていく。

でもハメモノが入っておにぎやかなので
ちっとも残忍ではありません。

くだらないオチも十分楽しめました。
上方落語って得だなぁ。

変にこちらの左脳を刺激しないから、
何も考えずに楽しめます。ハメモノの
力が大きいです。


講談の慶安太平記では伝達と言われる
お坊さんが浪曲では善達。

しかも、泥棒三人を殺してお金を取る
という場面が講談にあったかなぁ。。。

まぁ、泥棒の方が先に仕掛けているので
自業自得なんですけれど。

講談でつくる慶安太平記の世界観とは
まったく別で、かなり滑稽につくってある。

だから、人を殺してもちっとも残酷に
ならない。チャンチャンって感じ。


珍しい二つの演目を楽しんで退散です。


次回みちゆきは6月7日だそうです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三月大歌舞伎夜の部 | トップ | ギャラリーレクチャー 歌舞... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
談志一門は… (mars)
2017-03-08 13:38:55
談志師匠のネタ元が、浪曲師初代木村松太郎からなので、善達です。
ご来場ありがとうございました! (おひつじ亭)
2017-03-09 01:35:27
 楽しんでいただけたようで嬉しいです。
次回は第三夜は、第一夜第二夜と全く趣を変えて新作の会になります。奈々福「金魚夢幻」吉坊「夏休み」、開口一番 港家こゆき 。今から楽しみでワクワクしています。

コメントを投稿

落語」カテゴリの最新記事