まめだの落語日記

落語、講談、歌舞伎、文楽が大好きです。私自身の備忘録を兼ねてその日観た聴いた演目について書いていきます。

神田松之丞独演会

2016-10-25 08:16:35 | 落語
2016年10月23日(日)14時開演
ノラや
2,000円(1D付)


狭い空間での独演会は最近では
希少価値。

しかし、お客様の層が大きく変化
している。男性が増えましたし、
お見かけしない方が大勢。

どんどんファン層が広がっているのかと。


珍しいはなしをかける、がコンセプト
な会らしいけど、本日は珍しく
ないはなしを、と言ってスタート。


天保水滸伝 潮来の遊び

仲入り

忠治山形屋



連日ハードなスケジュールで
お疲れのご様子。

きゃたぴらでかけた潮来の遊び
と久しぶりの忠治山形屋。

侠客物二席というラインナップでした。

忠治山形屋は国定忠治の男気が
描かれたダンディズムの物語。

講談らしい講談。

侠客物は松鯉先生はあまりおやりに
ならず、もっぱら愛山先生から教わっ
ているということ。

もっともっと継承していただきたいと
切に思いますわ、だって素敵ですから、
男のダンディズム。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 池袋演芸場橘家文蔵襲名披露... | トップ | 人形町噺し問屋 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
認知度Upしていますね (mars)
2016-10-25 12:10:10
三越落語会とか、よってたかって、みたいなコアでない落語ファン。石井式で言う「落語マニア」でない「落語ファン」が多数集まる会に、
松之丞さんも呼ばれいますよね、ここ暫く。その影響が徐々に形に成っているんだと思います。

飽きられるまでは、増え続けると思います。ネタを如何に増やしながら、忙しい状態に耐えられるか?と、客層に合った演目を瞬時に選んで、対応できるか?

本当の自力が問われるフェーズに入っていますね。
Unknown (まめだ)
2016-10-25 16:56:00
marsさま

コメントありがとうございました。

対応できるのではないでしょうか。。
頭のいい方ですから。

どのように化けていくのでしょうね。
反面教師 (mars)
2016-10-26 19:41:46
談春

かと言って、三三?

三代山陽は、論外と本人は高を括っていますが。今の松ちゃんより遥かに売れてましたし、
可能性は、山陽先生の方が豊かでしたよ。

所詮、まだ松ちゃんは、二つ目を末廣の北村さんがケツ持ちしても、芸協では真打に成れない器ですからね。
Unknown (まめだ)
2016-10-27 08:27:53
marsさま

コメントありがとうございます。

山陽先生はリアルで拝見したことないんですよね、私。

北村会長、ほんとに松之丞さんが好きなんですね。ずっと芸人を観てこられた方だから、その目に狂いはないのでは?

芸協内での存在がどのようなものなのか、私にはさっぱり。

欲が深い人ですけど、一方では講談を愛していて真摯に芸と向き合っていますから、報われる日がくると思いますが。


コメントを投稿

落語」カテゴリの最新記事