まめだの落語日記

落語が大好きです。私自身の備忘録を兼ねてその日聴いた落語について書いていきます。

雷門音助勉強会Vol.4

2016-10-13 08:09:05 | 落語
2016年10月12日(水)19時開演
連雀亭



私メが主催する音助さんの勉強会です。
本日のゲストは夢丸師匠。楽屋から
笑い声が絶えません。



春雨や晴太  桃太郎
雷門音助   置泥
三笑亭夢丸  目黒のさんま

仲入り

トーク

雷門音助   棒鱈



本日のトークは夢丸師匠の落語原体験と
入門のいきさつ。

なんと小学生の時から落語にはまって
いて、中学生の時には青春18切符で夜行に
乗り、東京の寄席に通ったとか。そして
高校生の時に噺家になることを決心。

30キロのお米(師匠へのお土産)を
かついで新潟から東京にでてきたの
でした。

お二人とも、この師匠、と決めたのは
浅草演芸ホールの高座を観て強く印象に
残ったからだったそうです。

夢丸師匠、まるまる落語少年だったんですね。


さて、師匠は目黒のさんま。いつうかがっても
ほんとにサービス精神に富んでるなぁ、
と思う高座。もっとわがままになっても
いいのに、とも思ってしまいます。

具体的にどういうことがわがままなのか
よくわかっておりませんが。

音助さんの棒鱈はもちろんいいのですが、
この噺は端っからいいに決まっている感じ
がします。

少しベクトルの違う噺に挑戦して欲しい
と思ってしまう、わがままな主催者です。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 巣ごもり寄席~愛山ゆずりの会 | トップ | 扇辰ぴより »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む