まめだの落語日記

落語が大好きです。私自身の備忘録を兼ねてその日聴いた落語について書いていきます。

人形町噺問屋

2017-06-28 10:11:47 | 落語
2017年6月27日(火)19時開演
日本橋劇場
2,500円


兼好師匠主催の定例独演会。


三遊亭兼好     ごあいさつ

三遊亭じゃんけん  たらちね
三遊亭けん玉    ん廻し
三遊亭兼好     風呂敷

仲入り

コント青年団    コント
三遊亭兼好     へっつい幽霊




前座二人ともめきめき上手くなっている
ように思いますが、けん玉さんは
うけようとしすぎるきらいがあるかな。

兼好師匠の風呂敷はよく聴く落協の
師匠方とは少し設定が違っています。

ちょっとくどいというか、面白くしよう
として説明過多な印象。

この説明が師匠の場合はセリフで語られる
からいわゆる説明ではないのだけれど、
私は必要ないと感じます。

コント青年団のコントは寄席の芸ですね。
寄席というのは内々に楽しむ場所だから
こういう政治的なコントもOKだけど、
ホールだとしんどい、と思いました。

私は大ファンなのでOKなのですが、
一般受けはけっこう厳しいかと。

へっつい幽霊は師匠の明るい芸風に
ぴったりで楽しく拝聴しました。



    
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

一之輔たっぷり

2017-06-26 08:05:20 | 落語
2017年6月24日(土)18時開演
鈴本演芸場
2,800円


後援会主催の会。いままで平日だったり
して参戦したことなかったのですが、
このたびはゲストが雲助師匠ということで、
参戦してみました。



春風亭きいち 湯屋番
春風亭一之輔 鰻の幇間
五街道雲助  お見立て

仲入り

春風亭一之輔 子別れ 下



鰻の幇間はつい2,3日前に毒炎会で聴いた
ばかり。青菜はかけてくれなかった。

タガメに会いたい私の望みは今夏も適わない
のか・・・

雲様のお見立て、何十回聴いても爆笑です。
多分、かぶらないように廓噺を選ばれたの
だと思います。The古今亭ですものね、お見立て。

一之輔さんこの日もすでに二つの会をこなし
てきたとか。働きすぎ。

一時一之輔さんを追いかけていたとき、自分
(たち)が追いかけるからこんなに働かせて
しまうのだと思って、それから追いかけるの
やめたのでした。


子別れ、夫婦、親子の情愛の表現がとても上品。
上品なご両親に育てていただいたに違いないと。
その品の良さが人気の秘密だと思います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

扇辰日和

2017-06-26 07:58:20 | 落語
2017年6月24日(土)13時半開演
なかの芸能小劇場
2,000円


後援会主催の独演会。今日はいろいろな
会が重なっているので、ご常連でお顔の
見えない方もチラホラ。


橘家かな文  蒟蒻問答
入船亭扇辰  団子坂奇談

仲入り

入船亭扇辰  茄子娘
三遊亭天どん ハーブをやっているだろ
入船亭扇辰  心眼



ゲストの天どんさんの芸風が大好きと
おっしゃる扇辰師匠。

確かにあの芸風は出そうと思って出せる
ものじゃない、天然です。多分扇辰師匠、
それがうらやましいのだと思います。

さて今日は扇橋師匠から受け継いだ、
これぞ入船亭という三席でした。

茄子娘は予定外。うれしい~これ聴き
たかったの。とってもばかばかしいけど、
ほのぼのしてて好きなんですよね。

団子坂奇談は何人かの若い方が習いに
きたそうですが、茄子娘はお一人いたか
どうか、と。

誰でもいいから継承して欲しいなぁ。
でもこの味わい師匠ならでは、ですからね。
案外難しいのかもしれません。




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

夏の毒炎会(春風亭一之輔独演会)

2017-06-22 07:45:36 | 落語
2017年6月21日(水)19時開演
国立劇場小劇場
無料


TBSが主催する(TV放映する)一之輔
師匠の独演会。2回目だそうです。

1回目は深川江戸資料館でなさったとか。
あまりに応募が多かったので会場を
大きくしたらしいです。

私、抽選に当たったので文句は言え
ませんが、14列目とかなり遠いので
行きたくないなぁ、と思っておりました。

でも、この頃歌舞伎座3階席から
とんでもなく遠い舞台を観ることに
慣れてしまったせいか、思う程では
なかったですね。


古今亭駒次  鉄道戦国絵巻(戦国鉄道絵巻かも)
春風亭一之輔 鰻の幇間

仲入り

柳貴家雪之介 太神楽
春風亭一之輔 らくだ



「夏の毒炎会」なので、青菜か鰻の幇間
のどちらかだろうと思っておりました。
鰻でしたね。

私としては青菜が聴きたかった。タガメ
の奥方がでてくる一之輔さんの青菜、
久しく聴いておりませんゆえ。

それに鰻の幇間は、幇間がかわいそうに
なってきちゃって、楽しめないんだよね。

雪之介さんは出刃包丁を使った曲芸。
この芸をする方、芸協にもいらっしゃいます。
いつ観てもスリリング。水戸の曲芸
なんですね。

一之輔さんのらくだ、久しぶりでした。
とても進化していて面白かった。

古典を古典としてきちんと踏襲(継承)
していながら、ちょっとした言葉や仕草の
スパイスが効いている。

さすがでございます。らくだはけっこう
長いから、ウデのない方のは辛いのよ。


というわけで、文句タラタラだったのに
大満足で帰宅。あくまでも自己中。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

愛山・喬太郎二人会

2017-06-21 07:54:33 | 落語
2017年6月20日(火)18時半頃入場
お江戸両国亭
2,000円


ずいぶん久しぶりに参戦です。
明日からずっとお天気がぐずつくという
前の晴れ間。演芸活動がしたくなりました。

この二人の会は、場所がよくないのか
木戸銭が安いからなのか、企画物を
やらない限りあまりお客様が入りません。

もったいないですね。



柳家喬太郎  蒟蒻問答
神田愛山   三勇士の出合い 三十三間堂誉れの通し矢

仲入り

神田愛山   不可抗力(新作)
柳家喬太郎  ウルトラマン仲蔵



このお二人の前に前座(けん玉)と春陽先生が
あがっています。なんと豪華なんでしょう。


愛山先生の古典、いいんですよね。
でも間に笑いを取るために入れごとを
なさるのはやめていただきたいです。

せっかく現われた風景が消えてしまいます。

喬太郎師匠のトリネタを楽しみにやってきた
のですが、ウルトラマン仲蔵。

私はこの新作は好きではありません。
なぜなら、古典の中村仲蔵が大好きだからです。

仲蔵だ、と思った瞬間に噺のすべてが
よみがえってくるからです。

その世界に浸りたいからです。

どうしてウルトラマンの新作つくるのに
仲蔵選んだのかな。勘弁して欲しい。


というわけで、久しぶりに参戦した二人会
でしたが、ご不満のまま帰宅です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加