くまなく趣味ばい

映画・本・ハーレー・筋トレなどなど・・・
思いのままに
元プロボクサーが書き殴る
(コメントは承認制です)

慣れたくないんだ

2017年02月22日 20時29分25秒 | 音楽
『音楽も ありがとうもゴメンも好きも

 どんどん 人間はアホやから

 すぐ慣れて来よる。

 初めてライブやった時は

 ブッ飛んだのに

 上手いも下手もなく ブッ飛んだのに

 今ではペース配分とか

 色んな工夫も覚えてしまって

「京都大作戦」も7回目になって
(10-FEET主催のライブイベント)

 あの年は雨でどうだとか

 あの年はあれがあった

 これがあったとか

 余計なことを考えて…ちゃーう。

 今年は今年で

 もしかしたらもしかしたら

 この会場にライブ観に来んのも

 最後になる奴がおるかもしれん。

 バンドでライブやる奴かてそう。

 一身上の都合

 家族1人に何かあるだけで

 バンドなんて出来んようなります。

 そんなバンド今まで一杯おったし

 今も周りに一杯います。

 色んな事情で

 まぁ価値観もあったり

 精神状態であったり

 これからの不安

 他の希望のある道を見つけたり

 他の幸せを見つけたり

 色んな理由があるけれども

 一つ歯車が狂ったり

 一つ何か運悪いことが起こっただけで

 ライブ・バンドって

 出来んようなります。

 俺らはやっぱり 月並みにその辺に

 転がってるような言葉やけれども

 今日しかない

 今日しかないと思って的な・・・

 あかんねん「京都大作戦」も

 ライブも一曲一曲も

 そうやってやりたいねん。

 慣れたくないねん 難しいけど

 慣れたないねん 慣れたないねん

 慣れたないねん 必死でやりたいねん

 必死でやります!!

 蜃気楼!!』



(TAKUMA)

10-FEETのマキシシングル

『アンテナラスト』(初回盤)の

DVDに収録されている一曲目

『蜃気楼』前の

TAKUMA(Vo.Gui)のMCなのですが



何度観ても聴いても

最高にシビれます。。。

色んなことに当てはまる

素晴らしい言葉だと思う。



オレも慣れたくない。

いつもワクワクドキドキして

必死で向き合いたい。

そう思う。




こんなに楽しく

和気あいあいとしながらも

こんなに激しいライブをする

バンドがあるなんて・・・

この空気の一体感

ハンパない。


(NAOKI)

昨年体験してホント

感動しました。

その場を生み出す

10-FEETもオーディエンスも

本当にスゴイ。


(KOUICHI)

10-FEET最高です。
(その時の模様はこちらから・・・
「飛び込め青春!」)




何度積み重ねても

慣れないことがあるなら

それに越したことはないけど・・・

人にしろすることにしろ

そういうことって

まずない。

慣れないように工夫して。

より楽しむために。

慣れないように意識して。

より真っ直ぐ向き合うために。

そうやってオレも色んなことに

取り組みたい。

意識することで必ず

人は変われる。
(慣れが必要な部分もあるけど
 ここでは心持ちの部分のことね)



何事にも慣れず

必死であれ

今しかない今しかない

生きれるのは

今しかない。

全ては己次第。

繰り返しているようでそれは

積み重ねてるんだ。

積み重ねてるようでそれは

今しか出来ない

生まれたての一回。

今を新鮮な気持ちで

さらに刺激的に

生きまくれ。

己次第で全ては変わる。



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村


にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「義理」を欠かない

2017年02月16日 08時20分13秒 | 空を眺めて
「義理」という言葉が

最も軽んじられる

バレンタインデー。

もう一昨日のことですけどね。。。

この日は「付き合い」とか

「仕方なし」とかいう意味合いが

強くなる「義理」

しかし「義理」とは本来・・・

「物事の正しい道筋」

対人関係などでの

「守るべき道理」という

意味である。

男として「義理」を欠いたら

おしまいよ。


なんて使うわけでね。

人として生きるのに

大切なものである

義理人情」のように

「人情」と繋げて

使われることもありますね。

それでこの「義理」を果たすことこそ

「本気」でやらないと

果たせないわけでね。

「本気」でやらないと

失礼になるわけでね。

バレンタインで言うところの

「本命」くらい「本気」でないと

果たせないわけですね。

そういう意味では・・・

バレンタインデーの

「義理」の使われ方には

不満を覚えます。

でも「義理」でも甘いチョコ貰えると

やっぱ嬉しいもので。

甘いもの美味しいですからね。

癒されます。

糖類は身体を動かすエネルギーにも

なりますしね。

そういう意味ではバレンタインデーの

「義理」も捨てたもんじゃ

ありません。。。

やっぱ「義理」って

重要ですね。



そんでいつものことで・・・

バレンタインの時期には

スーパーなんかに行くとチョコが

たくさん目に入るからか・・・

すごく食べたくなるわけですけど。

バレンタインデーの前後には

チョコを買いにくい・・・

なんて男性は感じるもんですね・・・

まぁ私は全然平気で

買っちゃいますけどね。

こういうのを自分にご褒美する

「自分チョコ」と言うそうで。

ここら辺が若さを通り越した

オジさんである証

でしょうかね。。。

悪党ではなく甘党である証

でしょうかね。。。

そんでチョコを食べながら

こういうことを思い返すわけです・・・

このチョコを作るのに必要な

カカオのこと。

それを収穫するカカオ農園の

子供のこと。

チョコを食べたことすらなく

チョコが何かも知らない

そんな子供たちのこと。

(チョコレートの甘味と苦味の裏側・・・
「仕事そっちのけでチョコレート」)


チョコって甘いようで甘くない。

そんなことを思い出したり・・・

「義理」の軽んじられ方が

気になるのが・・・

私のいつもの

バレンタインデー。


(この日本の空もカカオ農園の子供が
 見上げる空と繋がってるんだよね)

チョコを食べて・・・

カカオを収穫する子供たちに

思いを馳せることが出来る・・・

それくらいの心の広がりを

持っていたい。。。

それが「義理」を欠かない

ってことだと思う。

やっぱ「義理」って人として

大切なものだと思います。


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村


にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへにほんブログ村
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

当たり障りしかない

2017年02月14日 12時35分47秒 | 空を眺めて
こんな「毒」にしか

ならないような写真でも

人によっては・・・

「薬」にもなる。



それと同じで・・・

「言葉」ってのも人を元気にさせる

「薬」にもなるし・・・

人を落ち込ませる

「毒」にもなる。

ましてブログになると・・・

特定の人に向けて

口で発する言葉と違って・・・

不特定多数の読み手がいるから

意図しない相手に

意図しない伝わり方をしたり。

伝えたい相手に

思うように伝わらなかったり。

それがまた伝わりながら

形を変えて行ったり・・・

そこにまた別の事実が生まれたり。

これもひとえに自分の

言葉選びの下手さが

原因でしょうけど。。。

「言葉」って面白くもあるけど

「言葉」って難しくもある。

そんなことを近頃

痛感しました。

私個人としては・・・

以前にも書いたことがあるのですが

毒にも薬にもならない

生き方はしたくない


と思っていて・・・

「毒」になるよりは「薬」になりたい

と思ってはいるのですが・・・

自分の思ったことを言う

という性質上・・・

薬になりたいと思っていても

なかなか思うようには

行かないものです。

もう少し自分に細やかな

心遣いがあれば・・・

違うんでしょうけども。

反省することは多い。。。m(_ _)m



自分の場合は色んな面で極端で・・・

程良いというところがない。

と人によく言われる。

悪い言い方をすればアクが強く

良い言い方をすれば個性的・・・

「毒」として強かったり

「薬」として強かったり

するのかもしれません。

だから人に好かれる時も・・・

嫌われる時も・・・

極端なのでしょう。

当たり障りがないよりは

個人的にはいいと思うけど・・・

当たり障りしかない

というのも

なかなか問題だと感じる

今日この頃です。


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村


にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへにほんブログ村
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

個性と無礼の話

2017年02月11日 23時49分40秒 | 空を眺めて
もういい大人なんだから。

誰にも文句言われないように

嫌いなこともキッチリやってる・・・

まぁ仕事のことだけど。

もちろんオレ仕事に

誇りを持ってない。

自分に誇りは持ってるけど。。。

だけどその昔・・・

命をかけてそれをしていた

こともある。

そのために生まれて来て

そのために死んでもいいと

そう思いやっていた。


そうやってリングに立っていた。

生活の全てを人生の全てを

そこに傾けていた。

その名残で引退後もトレー二ングは

命がけでやっている。

『昔は・・・』なんてダサいこと

言いたくないから。

そこには誇りを持ってる。

それで引退したら白い灰みたいに

なっちまってね。

普通に労働することに

それだけのやり甲斐は

見出せなかった。

そもそもオレはカネのためにやる

「仕事」という存在が嫌いだし。
(その原点がここにある・・・
「貧乏という名の豊かな経験」)


だからそこは流して
(だけど誰も文句言えねえよう
 人並み以上にやる。
 たかが仕事如きのことで文句
 言われたくねえからね)

己のやりたいことにその分も

己をブチ込む。

(リングに立つことやトレー二ングは
 カネを貰わなくてもやりたいこと。
 だから命を張れる)

オレは自分の意見はシッカリ持ってる。

だけど・・・

いやだからこそ・・・

自分の意見を人に押し付けはしない。

自分と反対を好む人を否定しない。

オレは仕事嫌いだけど・・・
(だけど仕事はキチンとやるんですよ。
 嫌いとやるやらないは別ですからね)

そうじゃない仕事好きな人のことを

バカにしたりはしない。

人それぞれの価値観。

それでいいさね。
(人と違う価値観もある・・・
「「日の丸弁当」に見た「豊かさ」」)


誰が何に打ち込もうが

それは自由。

それは正しい。

仕事が好きならそれでいい。

それは素敵なことだ。

しかし例えばオレが

こう言ったとしよう・・・

仕事好きな奴は人生損してる。

遊びに時間割けないから。

若い内はいいけど

もういい大人なんだから・・・

会社と自分の区別くらい

つけようや。

そのつけてるネクタイ

会社の首輪?


・・・なんて言ったら

仕事に誇りを持ってる人や

仕事を好きな人は

嫌な気がするはずだ。

それと同じで仕事嫌いな人に対して

同じように否定する言葉を

向けたならば・・・

仕事嫌いな人は嫌な思いをするはずだ。


(大嫌いな仕事の帰りに眺める空は・・・
 たまらなく気持ちいいね)

自分の肯定する価値観を

強く示すのは・・・
個性。

それは誰も不快にならない。。。

だけど自分の否定する価値観を

強く示すのは・・・
無礼

それは不快になる人がいる。。。

もういい大人だったらこれ位

分かっときたい。

そう思ったりします。

オレ大人のふりした子供のくせにね。

まぁオレはオレのしてる

仕事を好きにはなれないけど・・・

実際仕事が好きなんて人のことは

心から羨ましいと思う。

1日の大半は仕事なのだから。

仕事を誇りに持てるなら

それは素晴らしいこと。

仕事を好きな人のことは

否定しない。

その人の価値観だし。

実際にスゴイと思うから。

そんな風に否定の目ではなく・・・

自分と逆の価値観でも

肯定的に受け止めれる心で

色んな物事を捉えることが出来たら・・・

もっと人生豊かに輝く

ような気がします。

そこから得れるものは

たくさんある。

そういう風に人生を豊かに

して行きたいと

思っています。

社会の型にハマらない

そんな人もいるんだ。


社会の目で仕事人間は肯定的・・・

仕事嫌いは否定的・・・

例えば社会の目で見れば

刺青も否定的・・・

でも社会の目が否定的

だからと言って・・・

それは間違いではない。

価値観が違うだけ。


アンチな意見で否定して

良いわけではない。

価値観を頭ごなしに否定されたら

誰でも嫌な気分になるだろ?

人は人やろ。

放っときゃ良かろうもん。

個性を振りかざすのはいいけど

無礼を振りかざしてはいけないよ。

いい大人なんだから。。。


オレ骨から狂気に染まってる

大人のふりした子供のくせにね・・・

言うことだけは

ご立派。。。


精進せえよオレ。


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村


にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへにほんブログ村
コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

ジェイソンが仕上げたソフトモヒカン

2017年02月10日 23時09分49秒 | つぶやき日記
最近髪の毛が

モッサモサして来たので・・・


(ビフォー)

翼の親父さんの店へ昨日

散髪してもらいに

行って来た。

横を刈り上げたソフトモヒカンの

上も短めバージョンを

オーダーしまして・・・

スッキリしました。。。


(アフター)

もう5割り増しくらいに

カッコ良くしてもらって

本当に感謝です。

昨日も散髪してもらいながら

色んなことを話して来た。

シンプルに生きるということ・・・

バイクのこと・・・

トレーニングのこと・・・

寅さんのこと・・・

店に来る腕自慢のこと・・・

いつもここに来ると

楽しいひと時を

過ごさせてもらってます。

そして寅さんについて語ることが

出来る幸せ・・・

噛み締めました。

また語りましょう。

昨日は閉店時間の30分前に入店して

閉店時間の30分後まで

自分1人のために

店を開けてくれた翼の親父さん。

遅くなってすみません。

感謝してます。



すでに他のスタッフは

帰っていたので・・・

自分のカットが終わってから

しばし二人でトークをば。

ここで拝見させてもらったのが・・・

翼の親父さんが毎日仕事中に

履き込んだという・・・

アイアンハートのデニム。

ここまで色落ちしてるものには

なかなか出会えません。

マジでカッコいい。





そんで見つけた・・・

翼の親父さんらしい

1年カレンダー。



余白の部分が全くなく

何月かも載っていないという

ツギハギのカレンダー。

これが計画立てるのに

立てやすいらしい。

カレンダーも翼の親父さんの

手にかかれば・・・

こんなにシンプルに。

さすが家に洗濯機がなく

洗濯は手洗い・・・

テレビもなく電子レンジもなく

冷蔵庫もない・・・

とことんシンプルに生きる

俺以上のナチュラル変わり者。。。
(もちろん褒め言葉です)

「断捨離」なんてよく聞きますが

ここまでやって

言って欲しいよね。。。

シンプルに生きることから

学ぶことは多い。

便利からよりも不便から学ぶ

ことの方が多いのだ。


このカレンダーで思い出したけど・・・

今年の7月に翼の親父さんやるらしい。

バイクで日本縦断。

まず広島から鹿児島の最南端まで

移動してから・・・

鹿児島を発ち北海道を目指す。



それも鹿児島スタートから

48時間以内に北海道へ。

休憩や睡眠時間を含む

48時間で・・・

それに挑戦するらしい。

もちろんワクワクしながら

楽しみながら。

相変わらず自分といい闘い方してます。

昨年の夏には3日と2時間で

3300キロを走破した

翼の親父さんだから・・・

きっと成し遂げることだろう。

やっぱ彼は本物のバイカーで・・・

本物の鬼で・・・

本物のジェイソンだ。。。
(「高速道路上に棲むジェイソン」は
 コチラをクリックで読めます)




そしてこのアルファのジャケット・・・

翼の親父さんの物なんだけど・・・

オレのブログを見ていいなと思って

購入したらしい。

何だか光栄です。

ちょうどこの日は

このアルファのジャケットの

モデル違いを自分は

着て行ってたから・・・

それを着て一緒に写ろうってことに

なったわけですね。。。



翼の親父さん言ってた・・・

『こうして見るとオレ髪伸びてるね・・・

 まぁ髪の毛なんて・・・

 どうでもいいんじゃけどね


翼の親父さんの職業・理容師。

床屋の店長やってます。。。

これぞロックンロール。

ジェイソンはまだ死なない。


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村


にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへにほんブログ村
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加