COOの神は喜びである!

多感な万年少女COOの日々の記録。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

いつもの一日

2006-05-18 12:01:48 | 熱闘広辞苑

熱闘広辞苑」なるものに参加してみました。

お題を決めて、価値観の違うブロガー同士がそれぞれ同じお題でブログを書くという企画です。いやあ、企画の話し合いだけでもいろんな価値観が見え隠れするものですね。
(かなり見え隠れしている自分)


それでは今回のお題は「いつもの一日」

私にとっていつもの一日というのはナイのです。これ毎日が新しい一日。
昨日の私は何者?って感じの別人です。

私のブログの位置づけは、書くことによっての「記録」と「再発見」。
書く時点で違う私になっているわけで、過去の動かせない事実を新しい自分の目で検証できるというわけで、大きな楽しみがあります。
「人間は変わる。されど情報は変わらない」というのが持論(養老孟司の受け売り)でして。

さあ持論はちょっとおいといて「いつもの一日」をない頭しぼって考えてみました。
(実は小心者なので、お題にそわずにはいられない)



「いつもの一日」


今日はいつものように夜ふかししてしまった為に、出勤時間ギリギリに起きてしまった。
どうして自分はこう意志が弱いのだろう。
明日からは早寝早起きで爽やかに出勤しようと思いながら、バタバタと身支度を整え朝食を食べ終え、愛車の赤いブーブーをかって職場に向かう。赤いブーブーには、いつもエンジンを慣らしもせずいきなり走って、本当にすまないなと思っている。

さて職場に着くと、玄関そばの仏間が開いていて人の気配がする。
「なに!」って思うが、まあそれはひとまずタイムカードを押してから。

そそくさと仏間の方に戻り、愁傷気に「誰が亡くなったんですか?」と聞くと、仏間から「〇〇さん。急に亡くなったんだ」と沈痛な声が返ってきた。
「まだお焼香の準備ができてないよ」の声に、ひとまず声かけはしたということで「まあ、でも、前からちょっと具合が悪かったから、もともと...」と意味不明の言葉を空中に分散させつつ持ち場へと急ぐのであった。
※いつもこう冷淡なわけじゃないけれど、部署がちがくて接触のないお年寄りだとこんな風な扱いになってしまうことも。。。あるさ。
ちなみに特別養護老人ホームの介護士をやっています。


この頃3日とおかず誰かが亡くなっている。。
※そういう時期もあれば、半年ぐらい誰も亡くならない時期もあります。(職場のフォロー)


今日も一日「いつものように」お年寄りの憩いのオアシスとなって汗みどろになって働くぞー!!


-日が暮れて-

「ああ、疲れた。グッタリだ。何もしたくない」
夕食食べてテレビ見て、よせばいいのにインターネットを見て、ちょこっと見るつもりがやめられないとまらない。

ああ今日もまた夜がふけていく。。




第二回 熱闘広辞苑 「い」
注)カテゴリの記事及び本ブログは岩波書店及び同社刊「広辞苑」とは一切関係がありません
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おしゃべりあひる、こんにちは。 | トップ | お題「う、美味ぇ~」 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (onigiri15)
2006-05-18 19:49:49
はじめまして!こんにちは。

onigiri15と申します。



初めての熱闘広辞苑、楽しく拝読いたしました。



ところで、honey3645さんは、介護士さんなんですね。

私事ですが、今、僕の祖母は95歳で長期入院していて、その祖母の妹(92歳)も老人ホームに入っています。日本に帰国するたび、僕は二人のところを訪れるのですが、いつも看護士&介護士さんの働きに感心させられます。そして、世話をされる側も、実際看護士&介護士さんの優しさにいつも感謝しています。

ご苦労の多いお仕事でしょうが、これからもお年寄りを励まし勇気づけてあげてください。



今後も、同じ熱闘広辞苑の1期生として、よろしくお願いいたします。
こちらこそ、はじめまして。 (COO)
2006-05-18 20:30:50
はじめまして、onigiri15さん。



心温まるねぎらいのお言葉、身にしみました。

ついつい自分の最悪な部分を書いてしまい、しまったなぁなんて思っていた矢先です。こうして物事の良い面を捉えてくださるonigiri15さんは、なんて気持ちの素晴らしい方なんでしょう。これからも、どうかよろしくお願いします。



長寿国日本。私のホームでも90代の方が大勢いらっしゃいます。100歳越している方も何人かいます。長生きしている方は、気性のサッパリしている方が多いような気がします。
初めまして~ (Kenny)
2006-05-18 21:02:56
どうも、企画参加ありがとうございます!

それと、コメントも残して頂いて、どうもです。

ちなみに自分のサイトでも返事しましたが、

残念ながら、私は♂なので、その辺よろしくです(笑)



トラックバックはご希望の通り、消させて頂きました。

よって、いつでも再トラックバックOKですよ。



ちなみに、この企画では、記事の最後にトラックバック用の掲示板へのリンクを貼り、

読者が、他の参加者の記事も読める様にする、と言う形を参加者は取っています。

多分、他の皆様の記事がアップされた時にわかると思いますので、

その辺だけ、こちらの記事にも足して頂ければ、嬉しい限りです(^^)

後、細かい様ですが、「広辞苑」に関するDisclaimerも入れて頂いています。

念のために・・



ではでは、本文と関係なくてごめんなさい!

ちょくちょく遊びに来たいと思いますので、

これからも同じ一期生として、頑張って行きましょう。

(俺も書かないと・・何書こうかなぁ・・)
初めまして (どらまきん)
2006-05-19 03:29:37
こんばんは。

どらまきんと言います。初めまして。



お仕事されてるのですね。。。私は職場を離れてもうすぐ1年が経とうとしていますが、コース終了後に宮仕え生活に戻れるのかかーなり疑問です。



それ以前に仕事があるのかどうかのがもっと疑問ですが・・・。



今後ともよろしくお願いします。

あ、それから一番最初に書かれていたこと(本文「いつもの一日」の前)、よかったと思いますよ。それだけでも記事になったんじゃないかな~と。

まあ自由にぼちぼちやっていきましょう。
これからも、よろしく。 (COO)
2006-05-19 07:17:49
Kennyさん、こんにちは。



私がネットで女性とまちがえる男性は、ある種の繊細さを併せ持っているってことなんですよ。なにも繊細さを、女性の専売特許って思わなければいいってことでさ。ああ、なんかますます傷口を広げてないか!?



生真面目ブログですが、私のブログで良かったら、ちょくちょく遊びに来てください。













はじめまして (COO)
2006-05-19 08:02:13
どらまきんさん、こんにちは。



私の義兄も国の研修で半年イギリスの大学にいたのですが。イギリスで会った時はドラエモンのようにぷくぷくしてのんびりモード満開だったのが、帰国して非常に身も心もタイトになりましたね。今はあれから10年以上経って、すっかりドラエモンです。



どらまきんさんは、「いつもの一日」を拝見すると、とっても勉学に励んでらっしゃって、日本に戻られたら逆にのんびりするんじゃないでしょうかね。





記事についてほめてくださって、うれしいです。コメント参考になります。

これからも、よろしくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
第二回 熱闘広辞苑 「い」 (大きなロンドンに住む、小さな日本)
最近の熱闘広辞苑 あ 「アフリカ」 参加者の記事一覧 い 「いつもの一日」 参加者の記事一覧 ※全記事の目次は、こちらにて、近日掲載する予定です! (熱闘広辞苑