gooブログ
「まっくららんどのホネイヌくん」制作スタッフブログ by 動画革命東京
「まっくららんどのホネイヌくん」制作スタッフブログ by 動画革命東京
ごぶさたしておりましたが、うれしいご報告をさせていただきます

東京国際アニメフェア2009アニメアワードの公募部門で
「まっくららんどのホネイヌくん-まっくららんどへようこそ」が
企業賞のTOKYO MX賞を受賞いたしましたーっ!!!!
http://www.tokyoanime.jp/ja/award/2009/

メジャー作品への展開を目指して制作した、本作品
TOKYO MXというメディアに認めていただいた、というのは
もんのすっごい励みになります

ホネイヌくん登場とさまざまなキャラクターを楽しめる
「まっくららんどへようこそ」
そして、
ホネイヌくんたちが想像力の世界でおおいに遊ぶ、
こどもたちに人気の
「デイジーのドーナツ」
さらに、おもしろいお話とキャラクターを準備しています
これらの作品が、多くの方に見ていただけるよう
まだまだ、がんばっちゃいますっ!


TAKA KATO
comment ( 0 ) | trackback ( 0 )
ブロク、さぼりすぎでした・・
はい。怠けものの加藤です

この間に、「まっくららんどのホネイヌくん-まっくららんどへようこそ」が完成。
TAFでご覧になれた方は、超ラッキーでございます

現在は2話め、「デイジーのドーナツ」を制作中です。
カフェ作ったり、ドーナツ作ったり、キャラクターたちにコスプレさせたり
(劇中劇のような構成なのです)やっております

この話のイマジネーションを高められるよう、
先日は、ホットケーキパーティを開催
さらに数日後、ヤシの実ジュース試飲会も開催されました
・・決して、壊れたわけでも、逃避しているわけでもございませんっ!
ホットケーキはかなり美味しくいただいたのですが
ヤシの実ジュースはビミョーでした

この、一見無駄に見える我々の活動の成果は、おそらく、作品に現れていることでしょう・・・

とりあえず、クールなナイスガイ、レオン・ブロンゾの画像をごらんください。
comment ( 0 ) | trackback ( 0 )
シナリオの調整に追われ、海にもプールにも行かないうちに夏は終わり
コンテを描き、取り込み、動画コンテを作っているうちに
すっかり冷え込む季節となってしまいました

みなさん、お元気でしょうか

ブログ、さぼりすぎました

と、いうのも、本格的にピンクの仕事場で(前出の建物です)活動をしはじめたのですが、
それにともなって、使用しているマシンが変わりました
INTELはいってるコア2DUOなマックです
で、古いマシン(クイックシルバー以前のG4なマックです)から、
このブログのIDとかパスとかひっぱってくるの忘れてました。

そんなこんなな事情で、久しぶりの書き込みでございます

制作のほうは、ひーひー言いながら進めております。

ようやく、動画コンテが終わり、プレスコの準備中。(先に台詞の録音)
CGのほうも、キャラのモデリングとマッピングなど終了しています。
「や~ノンブル、かわいい~!」と文字とおり、自画自賛しながら、マップを描いていたら、
横からスタッフに「よかったですね」と冷静に言われました。

ただ、「お絵描き」と「アニメーション」だけやっていればいいわけではないのが、このプロジェクトのミソです。
普通の仕事と違って、ある程度、自分自身で「制作進行役」をやっていかないと、立ち行きません。
一週間ごとに、「どうっすか?」とつつかれる事がないぶん、
セルフコントロールが大事です。
ことに、これから、カット作業に入っていくとなると、なおさらです。
マメでない分、ちょい、苦手な分野です。

ただ、やりたかった事をやっているので、体調はよろしいです。
ってか、楽しいです。
おいしいお店も近所に多いし。

ちなみに、この仕事場の周囲では、アニメ業界のビッグネームが次々と目撃されております。
どうやら、アニメ的パワースポットらしいですよ。
富士山も見えます。

なんとなく、ありがたいかんじです。
comment ( 0 ) | trackback ( 0 )
投票日でしたので、タイトルはちょっと、西川きよし師匠の選挙演説的名台詞をパクらせていただきました。

たまたま、時期を同じくして、プロモーションにつながりそうな動きがありましたので、宣伝しておこうと思います。
宣伝しないと、誰も気がつかないかもしれないので。
何もやってないと思われるかもしれないので。

まず、ANIMEINSIDERというアメリカの雑誌に紹介してもらいました
これは、TAF2007を取材に来ていた兄ちゃんが、
CREATOR'S WORLDのコーナーを記事にしてくれたものです
が、ホネイヌくんが表紙やら、見開きページやらで紹介されていて、
我々としては、ちょっと、「わんだほー!」「あんびりーばぼー!」とカタカナ英語で叫んでしまう出来事だったりします。
ちなみに、ホネイヌくんはBone-Dog kunだそうです。そのままやんけっ!

これには、ちょいと、後日談もあります。
この記者の兄ちゃん、音楽をやっておりまして、
PVを作ってくれよん、と、こちらが、浮かれていて断りにくい、いいタイミングで言ってきました
・・・やるね。

つぎにですね。
このプロジェクトの前身である、「おとなをぐっとこさせるホネイヌくん」シリーズのムービーが、期間限定でストリーミング配信される事になりました
興味のある方はごらんください 無料ですよ
http://streaming.yahoo.co.jp/p/t/00103/v02263/

いよいよ次回は、作業現場おひろめ会のレポートです
たぶん。
comment ( 0 ) | trackback ( 0 )
荻窪の物件をチェックしてからというもの、連日、オギから携帯に連絡が入った。

電力会社の人やら、管理会社の人やら、引っ張ってきて、調査しているという。
その結果、ちょっと変則的ながら、なんとか40Aまであげてもらえる事になった。

当然、並行して、別の物件も探してもらっていたが、なんせ、お金のない人たち・・
保証金もなし礼金もなし、家賃も安いこの物件に対抗できるものは見つからない。

そんなこんなで6月も終わろうとするころ、
「暖房はがまんしよう。」
「電子レンジはコンビニですまそう。」
「お湯もガスでわかそう」
「まさにガスだね。」
そんな固いコンセンサスのもと、ピンクの物件と契約することになった。

なんとか契約がまとまって、うきうきのオギ
契約内容を説明する口はなめらか、軽やか・・・が

「ちょーと待ったあ~!」叫ぶ加藤

特約事項に聞いていない条件が入っていた。
3年以内に退去するときは2ヶ月分の違約金がかかる。と。

「こぉら~、初耳やで~」

私にキム兄が乗り移り、オギを攻める。
涙ぐむオギ。30歳男。しまった。やりすぎたか。

「まあ、オレも鬼やない。ただ、こういう契約にはあってはいかん話や。
充分気ぃつけ~や。」
「はい。もう二度とやりません!」オギに笑顔がもどった。
フォローを入れながら契約終了。明るさを取り戻したオギ、

「ご迷惑をおかけしました!」契約書を手に持つ。

こらあ~!今、はんこ押したとこ、お前、指でこすってるやないか~!!

ま、いろいろあったが、
こうして、無事に作業の拠点を確保したのでありました。
そのうち作業風景もお見せしたいと思います

注1 実際には関西弁では怒っていません

注2 部屋にはガス栓があったので、暖房は確保できそうです。まさにガスだね。

※  電力関係について、いろいろな方のアドバイスをいただきました
   堀江さん、吉岡さん、お忙しい中、ありがとうございました
comment ( 0 ) | trackback ( 1 )
数回、このブログを書きましたが、
ちょっと、あたりさわりがなさすぎた感が強い気がして、ふてくされている加藤です
これからは、もう少し、メンバーのこととか、紹介していこうと思います
興味ないかもしれませんが・・・

さて、そろそろ、本格的な映像制作に入るので
いいかげん作業場を確保しなくてはいけません。

メンバーの意見(徹夜はしたくない。電車の乗り換えはしたくない。
おしゃれなカフェがなきゃいやだ、など)を考慮して、荻窪周辺で探しました。

不動産屋の担当オギ(仮名)はさわやかな青年です。
「会社では、あっちを勧めろと言われてますが、こっちの物件のほうが、ぶっちゃけ、いいと思います」とか
「似たような物件ですが、ぶちゃけ、こっちは若干揺れが強いです」
「ここの担当者とは仲がいいので、ぶっちゃけ、だいじょうぶだと思います」
などと、ずいぶん、ぶっちゃけすぎてくれるいい人です。

そんな彼のおすすめ物件は強烈なピンクの外壁の古いマンションです。
「壁の色はつっこまないでください」オギは小さな声で言いました。
まあ、よい。ここに決めじゃ!と思ったとき、あることに気がつきました

配電盤のブレーカーが30Aなのです
メカくん「きびしいと思います」
加藤「あげられる?」
オギ(汗をふきながら)「えーっと・・聞いてみます」
加藤「それ次第だな・・」
中尾くん(巨匠)「・・・ここじゃなきゃ、いやだ・・」
加藤「ええ~っ?!」

というわけで、そこから10日間にわたりオギと配電盤の戦いが始まるのです
ど~なる?ホネイヌチーム!続きはまた次回!
comment ( 0 ) | trackback ( 0 )
ブログのほうは、ちょっと時間が空いてしまいましたが、
制作のほうは、ちょこちょこ進んでおります
こんにちわ。加藤タカです

今はシナリオを固めているところです
今回は2人の女性シナリオライターが、あらたなホネイヌくんワールドを
一緒に作ってくれています。
さらに、仕上げの段階では演劇集団キャラメルボックスの真柴さんにもご協力いただく予定。

先日は音響周りの初打ち合わせをいたしました
メンバーは、私、加藤と、プロデューサーMさん、音響監督Nさん、
キャラメルボックスからは、製作総指揮の加藤さんと、Sさん

キャラメルボックスには、去年製作したDVDでも音楽を提供していただいたので、
今回はミュージシャンの方のコーディネートというか、そのへんもお願いする形になります。
なんと、今回の企画では、音楽は書き下ろし!
で、サンプルを聞きながら、こんなかな?こんなのもいいね~などと、楽しく盛り上がってしまいました
意外と、意外なかんじかもしれません。むふふ・・・お楽しみに。

もちろん、キャラメルの役者さんには今回も出演していただきます
そのへんのスケジュール確認もして・・「うあ~がんばらないとぉ~」
といった気分になっている、今日このごろです。
comment ( 0 ) | trackback ( 0 )
データーを整理していたら、こんなの出てきました

使うあてもなく、ノリで作った画像です
こんな発想にも、メンバーのCGデザイナーはまじめに対応。
ピンクの「ゴージャススタイル」の質感にはこだわりがあったようです。
(Kくん、その節はありがとう)

これを見て、
うっかり、だれかが、「よし!ボトルキャップ作ろう!」って
言い出してくれたりしたら、ラッキーですね

ホネとホネの間、離れてるところは、透明パーツかブラックパーツって
事でいかがでしょうか・・・

と、一応、プレゼンもしてみました

かと
comment ( 0 ) | trackback ( 0 )
本題に入る前に・・・
一回書いたブログ、消しちゃいました・・・

まあ、そんな事もありますよ。ええ。

そんなわけで、「まっくららんどのホネイヌくん」始動しました。
ただいま、設定やらを、今いちど、練り直しているところです。
で、本日アップしましたのは、
「まっくららんど」ってどんなとこなのよ~と考えながら書いた
落書き、じゃなくてスケッチです。
「まっくららんど」には夜しかありません。
で、良~く見ると、夜空の壁で囲まれていて、さらによ~く見ると
上のほうに出口らしきトビラがあったりして~
てな事を考えたわけですが、
この設定もまだ変わるかもしれません
あるいは、お話には出て来ないかも。
お話に出て来なくても、設定は要るのです。

それにしても、淋しげな絵だな~
こども、泣くかな~?

by かと
comment ( 0 ) | trackback ( 0 )

先週末の東京国際アニメフェアでは いろいろな方に
ホネイヌくんをおひろめできました
友人などにもいっぱい写真を撮ってもらったんですが
 自分ではあまり真剣に撮っていなくて
(余裕がなかったらしい)
 仕込みの日の写真しかありませんでした。
 で・・・もっといい写真撮った方・・・ください!

手前に見える、ホネイヌくんと猫のノンブルは 切り抜き自立パネル!
 ええ、ええ、もちろん持って帰ってまいりました。
 ・・・どこに置きましょう・・・  by かと
comment ( 1 ) | trackback ( 0 )
« 前ページ