広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

灰銀

2016-11-05 19:07:37 | 音楽
筆者は10代からインディーズ、当時流行っていた
ヘヴィロック、ミクスチャーや洋楽など聞いてはおりましたが
その頃は筆者は音楽好きという自覚はしてはいませんでした。

本格的に音楽好きだと意識し始めたのは
hiphopにはまってからになります。


そんなインディーズやミクスチャーなどにはまる更に前に
はまっていた音楽がDir en greyでありました
音楽好きと自覚する前後くらいまでヘビロテで聞いていました
初めてDirのアルバムを買ったのは現金ではなく
地域振興券でありました(懐かしい・・)

それ以降はいろいろな音楽を聴き漁るようになり
Dirとは遠ざかっている状況なので、選ぶ時期は偏ってしまうんですが
そんな彼らの出したアルバムの中の好きな曲を紹介します

gauze
いま聴いたらyoshikiプロデュース感を感じすぎて笑える。
reison datreがなんか妙に踊れるビートで好きです
当時は激はまりしたけどいま聴いたらそこまで好きな曲は今はないかも・・

macabre
ファンクみたいな曲調のegniry~と
DIRの1つのパターンの和風ミディアム系の曲の中では蛍火が好きです。
さわやかしっとり!な太陽の碧もgood

鬼葬
歌詞は気にしない気にならない筆者ですが
このへんくらいまでの歌詞の言葉遊びが好きです
当時は激しめの曲がお気に入りでしたが
いま聴くと鴉が妙な中毒性があってよいですね

vulgar
まだこの時期は激しい音楽に耐性がなく第一印象は微妙でしたが
どんどんはまっていき一番聞いたアルバムかもしれない
もうこのへんからはV系要素は全然なくなってますね
increase blue.明日なき幸福~あたりのテンションの高さが好きです

withering to death
個人的には一番完成度が高いアルバム
これも前アルバムと同じく最初は微妙でしたが聞いていくうちに・・
garbage.merciless cult.朔.鼓動など名曲多いっす


これ以降は聞いたり聞かなかったり・・
archeは軽く聴いた限りだとメタルよりもパンクみたいな
雰囲気でよいですね
『音楽』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プエルトリコ人 | トップ |   

あわせて読む

音楽」カテゴリの最新記事