ふれあいカフェ

鳳本通商店街からお送りします

【カフェブログ:サバイバルギター/音楽物語・ライブの途中でギターの弦が切れた!】

2017-08-30 10:42:47 | Weblog

今【古典のコーナー】の思想家を
二つの基本的な思想の二人に絞っています。
具体的には、この『音楽物語』では老子を。
『日々雑感』では兵法家の孫子です。
人生や恋愛、仕事などの悩みに直面したとき
ただ祈って処理できるような問題ではありませんし
行き当たりばったり出解決できる問題でもありません。
そこで東洋哲学に即したものの考え方を提案しています。
それぞれの論説の意味や私なりの考えを書いています。

そこで今回は『音楽物語』ですから
ここでは老子を取り上げます。

『道(タオ)』っていったい何?
そんなご質問をよくいただくんですが
そこで今回の文章です--

「それは天地であり、謎であり、すなわち宇宙の真理である。
だがそれらは深い探求を要する。
一言で言えば『生』の本質であり
そこへ辿る門である」。

以上これでも私が分かりやすくするために
かなり大雑把に訳したものです。
分かりますかこれ?
でも、これで分かったらすごいですが。
言いだしっぺの老子もあまり分からんと言っています。
ぼんくらの弟子などは、まあそういうもんやろというこったす。
皆さんもあまり深く考えないほうがよさそうです。


改めまして律儀なブロガー業界のトランプこと
音楽イベンターの顔も持つマエストロ・だいすぎです(^^).

ところで   [017/8/27日(日):アコースティック
ポンカンと仲間たちライブ・シリーズその1
「よし笛デュオ・さわさわ篇]は
大阪  本町の綺羅星(きらら)ホールで行われました。

綺羅星(きらら)ホール 大阪・本町
http://www.k2.dion.ne.jp/~kirabosi/index1.html

おかげさまで満席ということで無事終えさせていただきました。
もう少し通路が広いほうがよろしいですね。
狭くて申し訳ありませんでした。

会場はもう少し入りますがあそこまでになるとは
実は正直思っていませんでした。
今度はもう少し改善します。
あの会場はもう少し実は広げることができますのでね。
今度はもう少しゆったり座っていただきます。

それにしてもあの空間はよろしおまっしゃろ(笑)。
楽器も結構響きますし音響もなかなかのものですしね。
今回は私たちの後輩ミュージシャンのカズブーこと小林君が
オペレーターをやってくれました。
お越しいただいた大勢の皆様ありがとうございました。
心より感謝申し上げます。
スタッフ関係者皆さんもありがとうございました。


本日は『音楽物語』です。
このカフェブログでは音楽の話題を中心に書いています。



       ≪すばらしい音楽家たちを紹介するプロジェクト始動≫



     〈人間のアマとプロの違い〉

これは「雑感ブログ」と同時並行のテーマとして使っております。
アマチュアでもプロの真似事を。
心も態度も立派にカッコ良くだぜ。
そんな願い出お話しています。
今回もライブなどのお話。


   《だいすぎワールド:本格的に動き出す》

どないですか。うそ書いてまへんやろ(大笑)。
プロのまねをすればああなるっちゅうことですわ。
まあ確かに長いことやってますけど
やったからと言ってあんなにも入らないのが最近のライブ事情です。
ましてや、まだまだ無名のポンカンですからね。

そういえば面白いお客様が
尼崎市から初めてお越しになった方がおられましてね。
その方から12月にポンカンと、鼻笛のマックス中野(ビッグフェイス)を
早速オファーいただきました。
まいどありがとうございます(笑)。
詳細は今後主催者様とつめさせていただきます。


   {ギターの弦が切れたああ!}

ポンカンの演奏まもなく相棒の神吉のギターの弦が切れましてね。
そういうことってあるんですね。
なかなか遭遇しないハプニング。
いえ、フォーク弦ではよくあるんですが
クラシックの弦ではあまりありません。

最初のコーナー、20分はビッグフェイスの中野が
ピアニカと途中けったいな鼻笛を。
そのときは神吉はベースを持ちました。
パーカッション(打楽器)をビッグフェイス茨木が担当してくれました。
だいすぎは最初から最後までガットギターです。

二つ目のポンカン40分のコーナーの
2曲目辺りで3弦の音が
どんどん下がりだしまして)汗)
ついにパッチンとはい。

ライブはしばしストップ。
ユウタロウに弦を換えさせる間予定外の彼のハーモニカの2曲で
何とか間に合わせました。
しかし神吉の手元に戻ってきたギター。
弾いている間弦がなじんでませんので伸びます。
狂いますがどうせ頭も狂っているのでしゃあない||
何とか途中から落ち着くということになりました。


   {できればバリエーションとネタを増やしておく}

神吉の場合はハーモニカとかベースという物がありますので
それを使えばいいわけですが
今回はあくまでも『ギターデュオ絶対ポンカン』という看板でライブを打っています。
である以上はギターデュオをお客様は望んでおられるわけですから
何が何でもそれで行くのがあったりまえのこと。


   {よし笛デュオのさわさわが感動を}

最初彼女たちは『夕焼け小焼け』をアカペラで。
これがまあ何ともはや、涙を誘いますな。
人は子どものころの思い出を心の奥底に持っています。
いつしか忘れた風景と思い出。
大人になってそれを引き出す経験は少ないでしょう。
そのときあの『さわさわ』の笛の音色。

お母さんと手をつないでお買い物から帰ってきた
あの夕焼け雲のことを思い出した人。
あるいは叱られて泣きながらふと空を見上げたら
真っ赤な空が。
結構年を重ねた大人たちもそんなことをいろいろと思い出すものです。
音楽の力とは何とまあすごいものがあります。


   {愛のぬくもりとやさしい風景}

歌がはいらない演奏を『インスト』と私たちは言いますが
名曲たちのメロディーの素晴らしさは
ときに見たことのないような風景も見せてくれます。


   {最後にサプライズを演出!}

皆さんと最後いっしょに歌うコーナーでは
たまたま会場に来てくれていた 声楽家・石川昭子(ショウコ)さんを
だいすぎは無理やりにステージへ。
皆さんとごいっしょに『ふるさと』と『浜辺の歌』を歌っていただきました。

それこそボンビー・向井ではないですが
「楽しい時間はあっという間に」終わりました。

次回のだいすぎワールド8月コンサートは
今のところ同じ会場の『綺羅星(きらら)ホール』で
2018年8月最終の26日日曜日行う予定です。

ところで今週土曜日は9月2日(土)立山の天狗平山荘で
夕食後だいすぎが一人でギターを弾くことになりました。
相棒神吉が都合で行けなくなりました。
そして来週9日(土)は久しぶりに大和郡山で
ポンカンはライブです。
ある団体様からオファーをいただきました。
ありがとうございます。

そこで次回の『未来日記』は
『ふれあいカフェ』 通常カフェブログです。

ふれあいカフェ
http://blog.goo.ne.jp/hondoori_2005

だいすぎ

『だいすぎワールド・素晴らしい音楽家たち紹介プロジェクト』が始動しています。
【イベント専用カフェブログ:第80回/9.5(火) かよううたう会のお知らせ】
http://blog.goo.ne.jp/hondoori_2005/e/b6dc99feaa68b2cb1f6ce5dd59b1d107

ポンカンがネットラジオに出演!
9月2日(土)同じく9日(土)
いずれも正午から30分間オンエア。

でぐっちゃんの 「この指と~まれ~!」 | ゆめのたね
http://www.yumenotane.jp/konoyubi-tomare

2日と9日はおりませんがそれでも聴けるネットラジオはよろしおます。
皆さん、ラジオ大阪とは一味違うポンカンを
聴いてやってください。

だいすぎ直通連絡用携帯:090-8237-0985

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【だいすぎカフェブログ:日々雑感・ライブの形とイベント企画】

2017-08-27 07:08:00 | Weblog
【古典のコーナー】
前回の『カフェブログ:音楽物語』にも書きましたが
こちらでは兵法家の孫子を中心に取り上げます。
東洋思想家、今回も兵法家の孫子の言葉です。

「実践においてはまずは正攻法で敵と相対する。
その状況に応じた奇策でもって敵を崩して勝利を得るのである。
『正攻法』とは基本です。
『奇策』は言い換えればアドリブです。
まず最初は『正攻法』を徹底的に学んでおかないといけません。
それらが習得できれば次はそれらの応用になります。
豊かな経験は豊かなバリエーションになります。
ライブも戦もまったく同じですね。
以上だいすぎの訳文と考察。


上記東洋思想を研究しながら
狭い世間を生きやすくするために
常に自らを実験と自問自答しながら生きている
イベント企画者であり
落語作家であり(うそうそ)。
東洋思想研究家でもある
自らもギター弾きでもある
そんな相変わらず夢見る万年やろうの何だか分からないだいすぎです。

さてこの毎度『日々雑感』。
だいすぎの人生に対する基本的考え方や
音楽以外の趣味の話も、ここではしたいと思っています。



       ≪コラム/兵は拙速を尊ぶ≫


これは孫子の兵法にある慣用句ですが
『三国志』にも同じようなものがあります。
つまりは仕事の完璧さよりも
できることはチャッチャとやれやと言うこと。


   {企画書の場合}

思いついたことはまずメモする。
本当は、この最初に「思いついたこと」が大事なんですが。
とりあえずですが、むしろこの「とりあえず」が全体のイメージですから
実はとても大切です。
コンセプトや全体像をばさっと大枠だけでも作っておくということです。
そして時間を作ってそれを少しづつ形にして行く。
スピーディーというのはそういうことです。
勢いのないものはしょせん生きた物ではありません。



       〈プロとアマの違い〉


     《だいすぎの実験・その52》

これもシリーズでお送りしております。
【プロとアマは人間のアマチュアとプロという意味です】

今回も前回の『だいすぎワールド』の話の続きです。


   {鑑賞と参加}

お金が取れるプロの皆さんの音楽は鑑賞型かなと?
だいすぎはむしろできれば全員参加型が理想です。


   {三つの要素}

音楽の3要素というものがあります。
1.メロディー  2.リズム  3.ハーモニーです。
一流の演奏家たちの音楽は
その三つで十分堪能できますが
素人が全部それをやっても時間が持たないのが当然。

そこで三つをばらけてみる。


   {参加型に替えてみる}

これは私たちもよくやる手なんですが
ライブは中ほどまで来ますとちょっとだれてきます。
つまりお客様が退屈し始めるわけです。
だからこそ選曲などに工夫をこらしたり
プログラムにメリハリをつけることになります。


   {拍手でリズム}

ちょっと軽快な楽曲を用意します。
演奏する前に中心者が手伝ってくれるようにお客様にお願いします。

拍手でリズムを刻んでいただく。
途中乱れたりするのはご愛嬌です。
これ結構受けますし乗り切れたりしますしね。


   {ハーモニー}

簡単なコーラスです。
場内を真ん中の通路から割ってパートを指導します。
観客皆さんが自らの声でハーモニー。
これも人数が多いと結構皆さん興奮します。
なぜなら音楽は耳で楽しむものだからです。

これからの音楽の特にライブの場合
流れはそういう『鑑賞型』から
ライブもおそらく参加型の物のほうが
これからのライブ形式には主流になってくるような気がするんですが?
と言うかだいすぎ企画はそういう流れと方向になります。
特にポンカンライブに関してはお客様と相談して
次回の企画をごいっしょに考えていただく(汗)。
アカン!起業機密ばらしてもた!!

さて明日はおそらく『あすなろジャーナル』の予定です。

http://blog.goo.ne.jp/jaanaruaoi

前回の記事が-

】ジャーナルブログ:民進党代表選とその先はどうなる?】
http://blog.goo.ne.jp/jaanaruaoi/e/0811b54bc617b8ab90a98cee66051d19

ほかフェイスブックもやってますので
杉本茂で検索していただいて
ぜひお友達になっていただければと思います。
まずは『5000人のお友達計画』お目標に。
でもゆっくりやりますやらせます。
これからも『だいすぎ』よろしくお願いします。


だいすぎ

『だいすぎワールド・素晴らしい音楽家たち紹介プロジェクト』が始動しました。

[イベント特集カフェブログ:改訂版/8.27(日)
・ポンカンと仲間たちのお知らせ]
まもなく満席 近いかも?
本日お越しいただける方は必ず
以下へお問い合わせください。
本日です。
http://blog.goo.ne.jp/hondoori_2005/e/589642dd58fb44bce998ae9730d4e628

【イベント専用カフェブログ:第80回/9.5(火) かよううたう会のお知らせ】
http://blog.goo.ne.jp/hondoori_2005/e/b6dc99feaa68b2cb1f6ce5dd59b1d107

どんなことでも、だいすぎ直通連絡用携帯:090-8237-0985
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【イベント専用カフェブログ:第80回/9.5(火) かよううたう会のお知らせ】

2017-08-26 04:03:25 | Weblog

マエストロ・だいすぎです(^^).
毎日暑いですね。
ですが今回はもう9月度のイベント案内で出てきました。
暑いのももう少し。
せめて朝夕だけでも涼しくなってくれることを祈ります。
今回はイベント専用カフェブログです。
まいど!スーパーチューズデイズだいすぎです。

『尼崎かよううたう会』特集カフェブログです。

新しいコミュニティーの場。
「また来るんでしょ!?」
初めて参加した視覚障害者の皆さんが
「そんな暖かい言葉をトイレの中でかけていただくんですよ」と(笑)。
皆さんおっしゃっています。うれしいことです。
いつもご参加いただくご常連の皆さん、いつも私たちの仲間を見守っていただきまして
やさしく愛にあふれた暖かいお声かけをありがとうございます。
その友人の一人が今『コーラス そら』で歌っています。
「すぎちゃん、居心地がいいから」。
ああ、最近また一人男性が入りましたよ。
またトイレでよろしく(ホントホント)。
それが『尼崎かよううたう会』です。
まあとにかくお越しやす。

一人で家にいてもおもろいこともなあああんもない。
暑いしクーラー代ももったいない!!
ただし、会場もたまに止まる(ホントホント)。
まあそのときは、みんなで汗かいてべそかいてトライトライトライ!
(なんのこっちゃあ)。



       [9.5(火)尼崎 かよううたう会のお知らせ]



< 第80回 かよううたう会(2017.9.5.火>

開場:12時30分。
開演:13時(午後1時)。

それはもう、みんなで歌えば怖くありません。
しっかり歌えば暑さも吹っ飛ぶ(ホントホント)。
ドンとお任せください。
あなたもお友達とごいっしょにぜひどうぞ。
上記日程でいつものように行います。
今回は第1火曜日です。
お間違いなくね。

・昔なつかしい 歌謡曲♪♪
最近演歌も増えてます。♪♪
・子供のころ覚えた童謡・唱歌♪♪
・これも最近リクエストが増えている
若いころ歌ったフォークソング♪♪
・世界各国のなつかしい 歌♪♪
そんな素晴らしく厳選された後の世まで残る
歌たちに囲まれながら楽しい懐かしく甘い青春時代と今もなお
いつもの非日常の時間を全員で楽しみましょう。


場所はいつもの尼崎市の「小田公民館(JR. 尼崎駅北出口から徒歩4分)」
(だいすぎからのお願い・初めてスマホでお越しいただく方は
道を渡っていただいたら絶対に左には行かず右に曲がってください)。
キューズモールとは逆方向です。

小田公民館-
http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/kouminkan/106_gaiyou/106_odakou.html

所在地
尼崎市潮江1丁目11番1-101号
・1階
   多目的ホール(定員200人)を使って『かよううたう会』があります。
会費千円(資料代)で唱歌や古い曲をうたったり
ゲストの演奏を聞いたりするゆったり
楽しい時空の会です。


今回は第1火曜日の9月5日(火)開催です。
いっしょに歌って遊びまひょ。

午後1時から3時半までぐらいで行います。
「ぐらい」ですのでガイドヘルパーさんとお越しの視覚障害者など皆さんも
安心してお越しください。


お年寄りや昔若かった皆さんなど||
後チュウトらパンパな年齢の皆さんも加わって
やく100名ぐらいの参加です。
最近100名というのが結構前後でうろうろと近いので
だいすぎも結構喜んでおります。
これからも、みんなで楽しい魅力あふれる会にしてまいります。


さて今回も三部形式で、一部と三部はみんなで歌って
二部はゲストの歌や演奏を聞きます。


本番13時(午後1時) (第一部)みんなでうたう会開始。

          ボーカル:平松、樫村、山本
伴奏:三木(ギター)、杉本(ギター)、山田(ピアノ)  神吉(ベース)
そんなイケメン+イケウーマンたち(ホントホント)。
以上スーパーチューズデイメンバー。
いずれも、いろんなタイプの美男子と美女を取り揃えております(ホントホント)。


   【ちょこっとお知らせ】
『コーラス そら』もありますよ。
毎月第4火曜日の午後1時から3時ごろまで
同じ会場の小田公民館で練習しています。
『かよううたう会』へお越しいただいている皆さんは
どなたでもご参加できます。

『かよううたう会』会長山本指導による
『かよううたう会』から生まれた
楽しいコーラスです。
だいすぎたちのお友達も入会しています。
詳しくは9月5日(火)『かよううたう会』
受付でお問い合わせください。

次の大きなステージで
皆さんが歌える日はさていつの日か?
本格的に発生からご指導します。


ところで今回の『うたう会』、事務局から今届いている課題曲を
ここで、こそっと少しだけご紹介しますと-

第1部と第3部では:『みんなのうた』というのがあります。
「ゴンドラの唄」「おおシャンゼリゼ」(開幕2曲)。
「琵琶湖周航のうた」(指導曲)です。
      「サンタルチア」「夕焼け小焼け」 (3部の開幕2曲)など。
1部3部ともにリクエスト曲も受け付けますのでお楽しみに。
ここは皆さんのお楽しみコーナーです。
バンドが苦しむコーナーです(涙)。

最近結構新しい楽曲が増えてますのでね。
これも皆さんが歌いたい曲などがありましたら
終わってからのアンケートなどにご記入いただければ
次回以後事務局は結構ご要望にもお応えしますので
書いておいてください。


14:00-
〈(第二部)   ゲストコーナーです〉
このゲストコーナーですがしばらくいつもの田中さおりちゃんが産休に入ります。
その代わりに、しばらく
ピアノの藤原 まなかさんにプロデュースをお願いすることになりました。

(第二部) 今回のゲストコーナーは
14:00   (第二部)                      
今回はピアノの藤原まなか さんと
バイオリンの 中本 梨香 さんの演奏をお楽しみいただきます。
どんな極が演奏されるか?
だいすぎも楽しみにしています。


 さて第3部は開幕

 スタート時に軽い体操と「ハッピーバースデイ」のうた。
今月お誕生日をお迎えになられた皆さんの
お誕生日をみんなでお祝いする
いつものなんとも和んだ空気のコーナーです。
一瞬ざわざわする皆さんの笑い声と楽しさが大好きです。

ボーカル:平松、樫村、山本
           伴奏:三木(ギター)、杉本(ギター)、山田(ピアノ)
   神吉(ベーー巣)   以上スーパーチューズデイメンバー。

3部開幕曲から最後の1曲のリクエスト曲まで
私たちも心行くまで皆さんと楽しみながら
この空間を作ります。

終了:15時30分ごろです。


9月ですね。
まだまだ残暑厳しいざんしょ(ホントホント)。
暑いですから皆さん道中を含めて
まだまだ熱中症対策をお忘れなく。
今回もたくさんの皆さん
ぜひお友達をお誘いいただいてお越しください。
皆様のお越しを心よりお待ちいたしております。


【以上かよううたう会ナビゲーターの
スーパーチュースデーリーダーマエストロだいすぎでした】
待ってまっせえええ!
お・い・な・は・れええええ!
もうええっちゅうねんはい。

【だいすぎ】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【人生の流れが変わるとき】

2017-08-24 10:31:45 | Weblog

【ブログ末尾部分には次回の発行予定のブログ名を記しています】。

ここに来てまた気温が上がってきた感じです。
今日も暑くなりそうです。
だいすぎは相変わらずやっておりますのではい。


これは通常ふれあいカフェブログです。
改めてマエストロ・だいすぎです(^^).


     《安らぎは幸運に》

これ荘子のどこかにあったものでして
だいすぎが勝手に短い言葉に訳して自分の資料に入れたんですが
確かにこれあります。

ゆったりしている人たちは幸運を持っているような気がしますし
持っていなかったとしても(汗)持っているような気がしませんかいな?
そこで今後のだいすぎのプライベート時間のテーマは『安らぎ』ですはい。


   {9月2日(土)は立山の天狗平山荘でライブ}

今回はポンカン片割れの神吉が来れなくなりましたので
だいすぎが一人でやらせていただくことになるんですが
久しぶりに東京から息子を呼び寄せまして
3人で旅行という形を取ることにしました。

今回は1日(金)私とユウタロウは
大阪駅前から夜行バスで長野へ。
あくる日着いて、早いので善光寺でじかんつぶし||じゃあなくておまいりを。
というか例のほれ真っ暗闇の廊下を歩くと言うあれねえ。
あの回廊をユウタロウを連れ歩いてやろうと思っています。

その後息子は東京から新幹線で長野へ来て合流。
そこから移動して黒部ダム。
そこから立山の室道へ~天狗平山荘へ入ります。

その夜は演奏と皆さんで山や自然をコンセプトにした歌う会。
宿泊してあくる日は富山市内を観光します。
市内のマスズシが一同に試食できるという施設へ行きます。
そこで昼食する予定です。

だいすぎとしましては、これからはこういう時間も大切にしたいと思うわけです。
思えば結婚したときは今よりも暇でした。
その分確かにもう少し安らぎがあったように思います。

いろんなところにも行きました。
落語会もよく行きました。
二人でふらふらと目的のない散歩もしましたな。
JR和歌山駅前からバスに乗って良い海の見える景色を眺めたり
適当なところで降りて近くの食堂でご飯をいただいたりと。

少し生活サイクルを元に戻そうかなと思っています。
タオイズムで言う『復帰原理』というやつですが
その中で本当に自分しかできない仕事を選んでみたいと思う今の心境です。
『復帰原理』。頭冷やして遊んで見る。
結局遊ぶんだけどはい。
ちょっと心根変えた遊びでんがな。



       ≪イベント情報≫


近く行われるイベント情報です。
常設のコーナーです。

以前私が鳳時代やっていたネット放送。
そのゲストにも出ていただいた秋元さん。
その秋元さんがラジオに出演されるようです。
本町でのライブが終わったあくる日の月曜日ですので
ゆったりと聴かせていただきます。
本とお久しぶりの秋元さんです。
ここから引用--


Subject: BOM TODAY'S TOPIC #70 (2017-08-22)
Date: Tue, 22 Aug 2017 19:47:25 +0900
From: "BOM Services, Ltd"

◆谷五郎のこころにきくラジオ
月イチ・コーナー「ブルーグラスなう」(BOMサービス提供)は秋元 慎が案内役
で毎 月第4月曜日、午前11時15分からラジオ関西(558khz)で放送中。
 
今月8月28日(月)の放送
はマーク・カイケンドール、ボビー・ヒックス&アッシュビル・ブルーグラス『F
orever and
a Day』(rebel-1865)特集。全国インターネットの「ラジコ」で聴けます。(ライ
ブ)http://radiko.jp/

●REB-1865 MARK KUYKENDALL, BOBBY HICKS & ASHEVILLE BLUEGRASS 『Forever
And A Day』CD(本体\2,450-)\2,646-

http://www.bomserv.com/NEWS/tt070.html

以上引用です。
こんなコーナーやってたんですね。
知りませんでした。
最近高校野球でおもろなかったので||
元来が大好きな民放のラジオ関西を聴いてましたが
普段はNHKラジオを聴いてたものでしてはい。
来週から元に戻そうかと思っていたやさき。
久しぶりに谷五郎さんの番組聴きます。
これも『復帰原理』なのかも?



       ≪今週の眼目と先週の足跡≫


先週あったことで忘れられない大切な出来事と
今週または来週の鳳本通りネット関連の話題です。

先週はやはり私としては16日(水)の夜泉大津市総合福祉センターで行われた
『第1回ボラセン音楽会』でした。
何しろこちらは20年以上も前から
だいすぎが考えていた構想の企画だったわけですからね。

当時泉大津という街は
まだまだ地場産業である毛布から脱却できない風土がありました。
繊維業はすでに長い構造不興に立ち往生していました。
もともと音楽文化なんて根付くような街ではありませんでした。
「そんな時間があるのなら機織してるほうがええやろ」という考え方です。

それが最近この街が大きく変わろうとしています。
それも良い方向へです。
時代と言えばそれまでですが
全体に上げ潮を感じます。
その流れが今回の『ボラセン音楽会』の実現となったと考えています。

さて今週ですが、ガット弦の4~6弦を元のアーニーボールへ戻しました。
ガットギターを修理してもらっていたんですが
ちょうど修理箇所がその辺りのブリッジ(ボディーの弦を巻く側)付近だったので
職人さんがはずしまして後ヤマハの弦に換えてくれてたんですが
やはり音のバランスが取りにくくてアーニーに戻しました。
これでばっちり私の愛用のガットは27日(日)のイベントに使えます。



       〈堺市鳳とだいすぎ・その44〉




     《人生第8章の終焉へ向けて》

今この通常カフェブログでは、『だいすぎ日記』を振り返りながら
話を書いています。
2013年11月からの前回の続きの分です--


 12月1日、先月11月21日から以後この9日間はいろんなことがあった。
まず21日私は近くの鳳クリニックを受診。
いきなりクリニックから救急車で
本院の耳原病院へ移送された。
心臓を取り巻く三つのうちの2本冠状動脈が完全に詰まっていた。
いったん帰りたいと言うのも
「この日の夕方5時までには
必ず帰ってくること」
という医師の要求を守ってあすなろへ。
無理やり意見を通して各方面へ連絡を入れるなどの準備を
3時間と少しの合間にやり終えて病院へ向かった。
主治医はK医師。
「あくる日カテーテル検査をします」
とのこと。そして「もし詰まっているようだったら
そのまま治療へと移行します。」
とのことだった。
入院は生まれて初めての経験。
だから病室でどのように過ごすのか?
あるいはこの気持ちのやりどころのない閉塞感、イメージもわいてこなかった。
病室は新館の循環器病棟2階、35号室5人部屋。
ここで心電図や看護師の詰め所から
監視されるモニターをぶら下げて、点滴などを付ける。
生まれて初めて尿瓶のお世話になる。
最も尿瓶は私から申し入れて借りたのだが。
点滴やその他の線が絡みついたりトイレの位置にも慣れないということと
想定できないような事故が怖かったからだ。
尿瓶というやつは実にやりにくいものだ。
どこかプライドを傷つけるものがある。
だが慣れると結構やれるようになる。
ところがそばに置くとこいつは結構におうものだ。
あくる日早速カテーテル検査。
3本のうちの2本の冠状動脈が完全に詰まっていた。
金属を入れるためにバルーンを入れた。
約90分ほどの治療を終えて部屋へ戻った。
「退院には2週間程度みていただきたい」。
医師の先刻だった。
だが私は何としても一国も早くここを出ないといけない。
コレステロールも問題になったし血糖値も高い。
これは想定済みだった。
空腹時なら100と少しなのに食後は200前後になる。
医者ではないが、まさに不養生の極みである。
まず入院して感じたことは退屈であること。
予測はしていたがなにせ急のことなので書物などは持ち込んでいなかった。
ただラジオだけがこの退屈をしのがせてくれた。
私はできるだけ寝ないように勤めた。
寝ると余計に病人という気持ちになるとともに全身の筋肉を座っていることで
平均に拮抗状態に緊張させるという意味をそれなりに感じていたからである。
「入院は戦いだ」と妻は言っていたがそのとおりだ。
どうすれば血圧測定時に
低い値にさせることができるか?
血糖値も意識して前日夜間時以降の間食は原則しないなどを私はできるだけ
守ったが妻が来るとどうしても自販機でコーヒーを買ってきてくれるよう頼んだ。

以上引用です。
今思えば嫌な時間でしたね。

【この続きは次回へと続きます】

次回のブログは
『あすなろ経絡指圧療院・東洋的生き方研究会ブログ』の予定です。
http://blog.goo.ne.jp/asunarosiatu



       ≪編集後記≫


徒然草(吉田兼好著・吾妻利秋先生訳)
今回から百十三段です。
今も昔もまったくと言っていいほど変わらない人の世です。

徒然草 第百十三段
現代語訳
 四十過ぎのおっさんが、恋の泥沼に填って、
こっそりと胸に秘めているのなら仕方がない。
でも、わざわざ口に出して、男女のアフェアや、他人の噂を喜んで話しているの

嫌らしく、気色が悪い。
 ありがちな聞くに忍びなく見苦しいことと言えば
年寄りが青二才に分け入ってウケ狙いの物語をすること。
有象無象の人間が、著名人を友達のように語ること。
貧乏人の分際で宴会を好み、客を呼んでリッチなパーティをすること。

以上引用です。
とりあえず本文の和訳されたところ全文です。
次回は原文を引用させていただきます。


だいすぎ

『だいすぎワールド・素晴らしい音楽家たち紹介プロジェクト』が
始動しています。

[イベント特集カフェブログ:改訂版/8.27(日)
・ポンカンと仲間たちのお知らせ]
http://blog.goo.ne.jp/hondoori_2005/e/589642dd58fb44bce998ae9730d4e628

ポンカンはネットラジオに出演します。
9月2日(土)同じく9日(土)
いずれも正午から30分間のオンエアです。

でぐっちゃんの 「この指と~まれ~!」 | ゆめのたね
http://www.yumenotane.jp/konoyubi-tomare

だいすぎ直通連絡用携帯:090-8237-0985
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【カフェブログ:サバイバルギター/音楽物語・ライブしたい】

2017-08-23 14:10:09 | Weblog
お暑うございます。
今回から【古典のコーナー】の思想家を
二つの基本的な思想で二人に絞ることにします。
具体的には『音楽物語』では老子を。
『日々雑感』では兵法家の孫子です。
それぞれの論説の意味や私なりの考えを書いて見ます。

そこで今回は『音楽物語』ですから
ここでは老子を取り上げます。


   {その前に}-

ところで老子と荘子をひっくるめて『老荘思想』と名づけます。
では彼らが言うところの『道』とは
さていったい何なのか?ということなんですけどはい。

『道』を別名『タオ』と言います。
ですからこのような考え方を『タオイズム』と言い
この研究者や実践する人たちを『タオイスト』と呼ぶようです。
そういう意味ではこのだいすぎも『タオイスト』となるわけです。

ただ私の場合は『東洋的生き方研究会』という団体を主宰していますので
ほかにも仏教などの東洋思想を研究もします。
ただし、その場合でも中心軸は
あくまでも老子と荘子との比較検討でありスタンスはタオイズムです。

「オイオイ!『カフェブログ:音楽物語』だっちゅうのに
読者諸氏からは何をしょうもないことを書いているのか」
って叱られそうですがはい。
まあどっちにしても普段からたいしたことは書いておりません。

そこで気の利いたことを何か書こうと思いましたが
最初からこの部分だけで
結構スペースを使用してしまいました。
まさに『無駄を楽しむ~『無用の用』

この『音楽物語』古典では次回から
老子を集中的にやりますのではい。
離れる方は今のうちにどうぞどうぞ。


改めまして律儀なブロガー業界のトランプこと
音楽イベンターの顔も持つマエストロ・だいすぎです(^^).

ところで、またまた今年も、富山県 立山天狗平山荘での
私どもの恒例になりましたライブの日が近づいてきました。
今回は9月2日(土)です。

今回初めてポンカンの片割れの神吉が来れませんので
私一人で演奏と歌の伴奏をさせていただくことになりました。
そんなこんなのお話はまたこれからのネタになります。
いずれにしましても今年9月2日(土)に
天狗平山荘へご宿泊の皆さん
偶然にもこのカフェブログをご覧いただいた皆さん
ほんの短いお時間ですが
夕食後のひと時を演奏と皆さんの合唱で
しばしおくつろぎいただければと思います。
山と自然に関連した歌の数々をみんなで歌いましょう。
私だいすぎも天狗平山荘の皆さんとともに
皆さんのお越しを心からお待ちいたしております。


本日は『音楽物語』です。
このカフェブログでは音楽の話題を中心に書いています。
その割りには、たまに政治的なこともはい。



       ≪すばらしい音楽家たちを紹介するプロジェクト始動≫



     〈人間のアマとプロの違い〉

これは「雑感ブログ」と同時並行のテーマとして使っております。
アマチュアでもプロの真似事を。
心も態度も立派にカッコ良くだぜ。
そんな願い出お話しています。
今回もライブなどのお話。


   《各地の総合福祉センターの活用を提言》


   {ライブ提供の場所としても位置づけを}

アマチュアは原則お金を支払って
ステージに立たせていただくものと言うのがだいすぎの考え方です。

以前ビッグフェイスの中野も書いてましたが
アマチュアの皆さん言うほど演奏できる場所はないのが通常です。
ましてやいろんなところから声がかかるなんてことはまあまれです。
それがアマチュアミュージシャンたちの現状と考えてください。

そこでだいすぎは、各地にある総合福祉センターなどの公共施設や
市役所などのエントランスコーナーを
障害のあるなしに関係なく一般のミュージシャンたちにも
開放してあげていただきたいなと思っています。
そして、できる限り演奏できるチャンスを
与えてあげていただきたいなと思うところです。


   {じゃあ彼らは普段はどこで演奏をしているのか?}

最近結構増えているのがライブバーや
ライブカフェと言われるお店。
お食事ができて音楽もできるというお店です。
昔スナックだったお店がライブバーへ変身するというところも
増えているようですし
あるいは居酒屋さんそのもので「演奏をどうぞ」というお店もありますね。
その代わり失礼ですが
それほどの機材は置いてないのが一般的です。


   {スペースだけ貸し出し}

最近このカフェブログでもよく出てくる泉大津市の
『マドレの庭』。
こちらは下がカフェで上がスペースです。
2階スペースは特にライブだけを対称にしているわけではなく
いろんなイベントをコンセプトに運営されています。
ですから機材などは置いていません。

マドレの庭
http://www.madre-garden.com/

ライブの場所としては後は
路上でライブと言うことになります。
ただ路上結構警察などの取締りがきつく
ミュージシャンたちにはしんどいです。


   {ネットで探すか友人に教えてもらう}

上記のようなお店は今結構あちらこちらにありますから
フェイスブックなどのSNSやホームページ。
あるいはブログなどで宣伝していますので
そういうところを調べてください。
皆さんそういうお店で演奏させていただくことが多いです。


   {ホストミュージシャン}

どこのお店にも出入りするミュージシャンの中に
必ず中心的な人たちがいるものです。
そして彼らはときに自身の
あるいはグループが中心になってライブを企画します。
おおよそ3組から4組ぐらいの募集をかけます。
『対バン』と言われる形式のライブ企画です。
まずそういうところでしっかりと腕を磨くということになります。


   {人の目に留まるパフォーマンス}

だいすぎがあちこちのライブ会場に気晴らしで遊びに行きますが
自身が遊ぶということ以外に
皆さんを物色させていただくということも意識しています。
ですからすごい人がいれば、いきなりジョイントもありえますし
私たちがWでライブが入ってしまいそうなときに
その方をオファーいただいた団体へ推薦することだってありえるわけです。
これがだいすぎの『本通りネット活動』です。
そんな立場の者もライブの場所に顔を見せることもあるということです。


   {ホストにくっつく}

素晴らしいミュージシャンやお店でライブを企画するホストがいたら
その人の主催するライブや
出演するライブに顔を出すと言うことも大切。
その人にかわいがってもらうということもありますが
何よりもお店にも顔を知られるわけですから大きいです。
そういうふうにしながら自分の居場所を確保してください。


   {思うほど難しくない}

以上のように今はライブがしたいと言う願いは簡単に実現します。
昔は憧れのライブハウスというものがありましたが
今はそういうことよりも
上に上げたようなお店がたくさんできました。
ですから特にプロではなくてもライブはできるわけです。
そのことを考えると今は昔に比べてとってもいい時代になりました。
スマホで検索してどんどん見つけて
演奏させてもらってください。

チャージ料金は飲み物が付いて
どちらのお店も1000円~2000円ぐらいの間で
楽しめるようになっています。
2曲~3曲程度させていただけるところが多いです。
お近くのお店をご紹介しますから
なんでしたら以下の連絡先へ
直接だいすぎにお電話くださっても結構です。


   {バンドをバックに}

サポートミュージシャンがいる場所もあります。
お願いすれば結構気軽にやってくれるものです。
その場合の加算料金はいらないのが通常です。

とにかく人前で演奏しなければ腕は上がりませんので
あなたも勇気を出して1度チャレンジしてみてください。
今回はここまでです。

そこで次回の『未来日記』は
『ふれあいカフェ』 通常カフェブログです。
ふれあいカフェ
http://blog.goo.ne.jp/hondoori_2005


だいすぎ

『だいすぎワールド・素晴らしい音楽家たち紹介プロジェクト』が始動しました。

[イベント特集カフェブログ:改訂版/8.27(日)
・ポンカンと仲間たちのお知らせ]
満席 近いかも?
http://blog.goo.ne.jp/hondoori_2005/e/589642dd58fb44bce998ae9730d4e628

【ポンカンはネットラジオに出演します】
9月2日(土)同じく9日(土)
いずれも正午から30分間のオンエアです。

でぐっちゃんの 「この指と~まれ~!」 | ゆめのたね
http://www.yumenotane.jp/konoyubi-tomare

だいすぎ直通連絡用携帯:090-8237-0985
どんなことでもお気軽にどうぞ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加