ふれあいカフェ

鳳本通商店街からお送りします

明後日は来てね。

2011-04-29 14:07:41 | Weblog
マエストロ・ダイスギです(^^).
さて、今後鳳本通りネットは音楽だけに留まらない活動を
いよいよ本格的に行なってまいります。

以前から私ダイスギは、ここ鳳本通り商店街と地域の
活性化と発展に興味を持っています。

実は音楽活動もその一環でしたし
今商店街の有志らで推進している寄席プロジェクトも
実はその一つです。

ダイスギは音楽は好きですが、ここではあくまでも
私たちが音楽でできることは?
あるいは音楽で何ができるのかという視点で考えています。

ダイスギは個人でも勿論音楽を楽しんでいますが
これは別のものですし自分自身の音楽活動は
別にして行なっていきたいと考えています。
本通りネットの音楽プロジェクトも勿論応援しますが~

そこでメンバーの皆さんへお願いがあります。
今後ですが、よほど重要な事柄や緊急に関すること以外
特に、ここではブッキングはメール、もしくは
このカフェ・ブログを中心にします。

はっきり言いまして電話ですともれとか、ミスが多いんです。
それに、ついつい余計な雑談もしますので
経済的にも馬鹿になりません。

一括送信ができるメールとか
不特定の皆さんにもご覧いただけるインターネットは
そういう意味で雑務に追われるものにとっては本当に便利ですし楽です。

ですから「知りませんでした。」とか
「すみません・メーリングリストのメールは読んでいませんでした。」
というようなことは皆さん、ないようにしてくださいね。

来月1日は久しぶりにお会いする皆さんとも
メルアドが変更になっている人たちもおられるかも知れませんし
できればお客様たちとも名刺交換会をしたいと思っていますので
よろしくお願します。


   

≪週末ですね≫



上にも書きましたが5月1日(日(午後1時から堺市綾野町電停近くの
青少年センターで〔第1回、復活ふれあいカフェ定例ライブ〕を行います。
センター所在地の正しい住所は
堺区柳之町西1-3-19. です。

詳細と、電車で来られる方は-リンク 5月1日(日)復活カフェライブ要綱
http://blog.goo.ne.jp/hondoori_2005/e/cc34304542e1a5667855d989a097ebf0

車で来られる方は-
リンク 5月1日(日)車で来られる方へお送りします。
http://blog.goo.ne.jp/hondoori_2005/e/bb83980ae9e6e5d705a4f9a9abaf8acd
皆さんで楽しみましょう。


   

≪編集後記≫



本日から徒然草 第3段です。
これはなかなか面白いですよ(笑(。
出典は 徒然草 (吉田兼好著・吾妻利秋先生訳)
を引用させていただきます。
ここから現代語訳-

「どんなことでも要領よくこなせる人だとしても
妄想したりエッチなことを考えない男の子は
穴が空いたクリスタルグラスから
シャンパーニュがこぼれてしまうように
つまらないしドキドキしない。 」

以上引用ですが何も
君たちに不良になりなさいとは言ってませんのではいな。
この続きは次回へ。

ダイスギ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月1日(日)車で来られる方へお送りします。

2011-04-25 14:37:42 | Weblog
マエストロ・ダイスギです(^^).
時間のたつのが本当に早いなと思います。
大和郡山市でチャリティーライブをやらせていただいて1週間。
本通りネットは留まることなくこの先も進んでいくことになると思います。


   ≪最新の話題≫


本通りネットメンバーのライブ告知や
その他有意義と思われる催し物をご紹介します。

先日、5月1日(日)鳳本通りネット主催
第1回復活ふれあいカフェ定例ライブの会場でもある
青少年センターの道順を電車で来られる皆さんへ
ざっとですが書きました。

今回はどうしても車でないと都合が悪いという皆さんへ書きます。
特に飲食に関する諸注医もよくお読みください。

なお先だっての文章中の地名は
阪堺電車の電停の駅名です。
文中の地名とは少し違いますがご了承ください。


以下の文章は、メンバーのたぬきさんが
出演者などを対象に
本通りネット・メーリングリストへくれたものを
1部編集してお届けします。
ここから引用-


尚、青少年センターには駐車場があります。
ただ、少し離れた場所にあるので
たくさんの機材がある人は
一旦荷物を下ろしてから、車だけ駐車場へ行く方が良いと思います。

青少年センターは堺大通り(阪堺線が真ん中に走っている道路)を
南から錦綾町へ突き当たる、一つ手前の信号を
(西側に)左折し、一筋越えた左角(右角は
公園)にあります。

駐車場は先ほどの堺大通り(阪堺線沿い)を
錦綾町に突き当たり、左折して
二筋目を越えた左に(看板が)あります。

それと、部屋は土足禁止なので足下の冷える方は
対策が必要です。(スリッパはあります)

尚、室内はもとより館内はほとんど飲食禁止です。
建物は古いですが、公共の施設なので時間的なことも含めて
節度は厳格に考慮した方が良いと思います。
特に、長く使用していく意向ならば……

なんか、堅苦しくなりましたが、時間内の部屋の中では
いつものように皆さんで楽しみましょう。
よろしくお願いします。

以上引用です。
皆さん大勢様のお越しを心よりお待ちいたしております。
なお当日休憩時間を使いまして
皆さんと名刺交換会もしましょ。


   ≪編集後記≫


徒然草という古い書物を通して
現代人の私たちの生き方を考えています。
出典は 徒然草 (吉田兼好著・吾妻利秋先生訳)を
引用させていただきますが第2段は案外短いです。

今この時期に当たってこの段を読みますと
本当にいろいろと思わされることがあります。
実は原文は書かないでおいたほうがいいかなとも思ったんですが
あまりにも吉田兼好の文章がすばらしいので
これも以下に書いておきます。ここから-


原文
いにしへのひじりの御代の政をも忘れ、民の愁、国のそこなはるゝをも知らず、
万にきよらを尽していみじと思ひ、所せきさましたる人こそ
うたて思ふところなく見ゆれ。
「衣冠より馬・車にいたるまで、あるにしたがひて用ゐよ。
美麗を求むる事なかれ」とぞ、九条殿の遺誡にも侍る。
順徳院の、禁中の事ども書かせ給へるにも、
「おほやけの奉り物は、おろそかなるをもってよしとす」とこそ侍れ。

以上引用です。

ダイスギ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月1日(日)復活カフェライブ要綱

2011-04-23 09:39:56 | Weblog
 マエストロ・ダイスギです(^^).
さて5月1日(日)堺市綾野町にある
青少年センターで午後1時から行なう
第1回復活定例ライブですが一組が急遽
この日に用事が入ってしまいましたので欠席となりました。

その分少しでも長い時間皆さんに
演奏をお願いしたいということで
このブッキングを変えずに演奏時間などを
じゃっかん変えました。

なおブッキング表の下に電車で来られる皆さんへ
青少年センターへの行き方などを
書いておきますのでご覧ください。


     [5月1日(日)ブッキング完了表]
       (敬称は略。5組)

1. イクラちゃん(フォークでギターボーカル).
午後1時00分~1時35分。

  2. 奥村君のグループ3人(オリジナルフォーク、ギターと
ボーカル+カフォン)。
1時40分~2時15分。

  3. 臼井さん(ジャズ・ポップス。
2時20分~2時55分。
ほかサポートメンバー-神吉・ベース。
ピアノ・藤沢。ギター・ダイスギ・カフォン・どなたか?)。

4.   【ここから~3時10分まで休憩】

  5. 尾方君のクラシック名曲小品集。
3時10分~3時45分。

6. おやじ(コミックフォーク、ギターとボーカル。
3時50分~4時25分。
サポート-ギター・ベース・キーボード・
どなたか、カフォン?以上たぬきフェースほか)。


   『電車で来られる皆さんへ』

  場所は堺市立青少年センター。
-. 〒590 -0930 大阪府堺市
堺区柳之町西1-3-19.
TEL:(072)229-5120 FAX:(072)228-5244 .
www.osakaymca.or.jp/shisetsu/youthcenter/index.html
道順の重要ポイント目印には“*”を着けます。

  1. 南海本線で来られる電車組みは
午後12時30分に南海本線
ひちどう駅改札を出て階段を下りた辺り集合(ダイスギの組)。
遅れないようにご注意ください。
【こちらは普通電車しか止まりませんので
急行電車で来られた方で
南から来る方は堺駅で乗り換えてください。
一駅です】

  南海本線からの行き方をとりあえず書いておきます。
目標は*阪堺電停綾野町(西方向歩く)。
 ・綾野町電停から堺駅方向へ歩く(南へ)。
・一つ目の角を右へ曲がる。
*UFJ銀行のATMがある。
・そこを右へ曲がると左にあるとのこと。
以上がざっとした道順です。

   2. 阪堺電車で来られる方が
ここからが近いです(以上で説明)。
*綾野町電停下車。
こちらの移動は12時40分ごろでもよろしいかと思います。

   【皆さんへお願い】
青少年センターは公共施設ですが
些少ですがお金が必要です。
3500円を参加者(オーディエンスも含む)全員で
均等に割らせていただきます。

 うちの関係者だけで
今分かっている人数だけで
14名ほどかなと?
ミュージシャンだけで確か12名ほどいると思います。
増えれば増えるだけ ̄オ・ト・ク。
ということで皆さんお客様を連れてきてくさい。

 これを堺市の名物イベントとしても
今後は先々有名にしたいので
南海と阪和線などの主要駅で
将来ビラまきなどの宣伝もしたいと思ってますので
パアアアっと お願します!
なお本日は編集後記はございません。
ダイスギ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月1日(日)定例ライブを復活させます。

2011-04-21 11:53:50 | Weblog
マエストロ・ダイスギです(^^).
先週の木曜版ブログを見ますと
ダイスギはなんだかえらい愚痴っぽいですなあ(汗)。
元来がミュージシャンでありながら長年のイベント経験から
どうしてもプロデュース的なことまでやりますので
これが結構ストレスになることも最近ありましてね。

周りの皆さんは信じられないとおっしゃいますが
私自身、実は、内向的な人間です。

作曲や、アレンジ、そしてセッションこそが
最も「音楽を楽しめる」というのが
私ダイスギの本音です。
今後は、できればもう少し軽い感じで
音楽を楽しめるといいよなあ、なんて考えてます。


≪芸能物語≫



このコーナーでは、いろんな芸能ニュースなどの話題をお送りします。
これは毎週木曜日に発信します。

私が落ち込む原因の一つに
イベントの成功不成功の不可否というのがあります。
今回も実は前日までのチケットの売り上げがぱっとしませんでした。
独りのミュージシャンとしては、音楽を楽しむなんてのは
もうこうなれば考えられませんよね(苦笑)。
チケットが前々日で20枚しか売れていなかった。
ところがところがです。以下は会計からの報告です。ここから-


杉本優子です。
4.17は皆さんお疲れさまでした。やっぱり音楽はいいなあ、人間っていいな
あとしみじみ思いました。
以下は 音楽を楽しむ会 収支報告です。
**収入**
 チケット売上      44,000
 出演者から徴収(奈良組) 16,000
 出演者から徴収(大阪組) 14,000
   収入合計     ¥74,000
 
**支出**
 会場利用料       21,000
 電気代            630
 チケット印刷費        525
 昼食代(お弁当・お茶)   7,245 
 ドラムセット      10,000
 PA          10,000
 受付           3,000
   支出合計     ¥52,400
 
 差し引き 21,600円が残りました。(すごい!!)
 篠原(おやじ)さんと、たぬきさんから出演者徴収金以外にたくさんいただき
ました分は、義援金のほうに入れさせていただきました。
 それと当日どなたか会場の電気代を105円立て替えていただいてませんか?
コンサート終了後に聞いてもわからなかったので誠に勝手ながらこの105円も
義援金にさせていただきました。
・・・「それはワシ」というかたはダイスギまで。

***義援金***
 当日、集まったお金が、28,530円。(これもすごい!!)
全部で、50,130円を「音楽を楽しむ会」からの義援金として毎日新聞社の
厚生文化事業団にお願いすることにしました。

以上引用です。
改め増してお越しいただいた皆さん
スタッフ皆さん、出演してくれた諸君
・まとめて皆さん、本当にありがとうございました。

なお復活第1回、ふれあいカフェライブの詳細は
週末のカフェ・ブログでお知らせします。
お・た・の・し・み・に・とお・・


   

≪編集後記≫



徒然草という古い書物を通して
現代人の私たちの生き方を考えています。
出典は 徒然草 (吉田兼好著・吾妻利秋先生訳)。

今、2段をやってますが前回は
「政治家も、てめえらも平時のときにこそ
有事のことを考えておけ」
というあったりまえのことを言っているところです。

有事とは何も戦争だけのことではありませんね。
国難すべてでしょう。
「能天気にうかれてる場合かよ?」ということなんでしょうな。

普段からの心得ごととして吉田兼好は
以下のように言ってますが?-

「『作業着やヘルメット、シャベルカーからダンプカーまで
すべて間に合わせで済ませよ。』
新品や最新機種を欲しがってはいけませんと
死んだ右大臣の遺言にもあったことだし
順徳院が宮中の決まり事を書いた
《禁秘抄》という
参考書にも
『天皇のおべべはコンビニで買えばよい』と書いてある。 」

以上引用ですが・・この吾妻先生の
このような、ぶっちゃけたような訳文のユニークなところが
ダイスギが最も好きなところでもあるんですが
皇族方というのは普段から実は
大変質素な暮らしをされていると聞きます。
これは昔からの慣わしのようです。

昔からお下品ななりあがりものほど豪華な暮らしにあこがれて
偉そうにしたがるというのは世の常のようです。

ダイスギ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今も昔も変わらないのか?

2011-04-18 15:23:07 | Weblog
マエストロ・ダイスギです(^^).
昨日奈良県大和郡山市で行なわれた
「音楽を楽しむ会・チャリティーコンサート」は
無事に、また大成功に終えることができました。
詳しいことは後ほど。


   ≪最新の話題≫


本通りネットメンバーのライブ告知や
その他有意義と思われる催し物をご紹介します。

上記にもありますが奈良県から3組。
大阪からも3組のミュージシャン(個人も含む)のグループが集まって
チャリティーライブを行ないました。

このイベントは計画立案当初勿論ですが
チャリティーではありませんでした。

3月11日起きた大震災と津波。
当事中止も考えましたし
熟慮に熟慮を重ねましたが
それなら収益を少しでも被災地の皆さんへ。

もし収益が出なければ??
出演ミュージシャンたちから分捕る・・
そういう覚悟で私たちは今回実行させていただきました。

以下同イベント関係者のメーリングリストへ
今朝私から送ったメールをここに貼り付けます。ここから引用-


皆さんお疲れ様でした。
以前私が書いたように-
「イベントは参加するものではなく
みんなでよってたかって作る側へ。」
このことの楽しさと汗を流す意味が
お分かりいただけたかと思います。

ご覧いただけた皆さんい上に
私たちは大きなものを獲た感じがします。

  谷本さんと神吉さんへ-
お手伝いいただけた皆さんに
くれぐれもよろしくお伝えください。
本当に助かりました。

  さて昨日のチャリティーコンサートの成果と収益。
それと肝心の義援金額につきましては
今晩経理のほうから書いたものが来ますので
その後お知らせしますが
 チケットは44枚売れました。
義援金は5万円以上になりました(これもお知らせします)。

今回驚いたのは、
ブログやMLなどの情報で来られた方も
お越しいただいたことでした。
やはりミクシであれブログであれ
続けることの大切さを知りました。

 本通りネットは、ひにくにも
ふれあいカフェが閉鎖されたことがきっかけで~
その後5月から再スタートさせたことが
逆に反応が多いです。 

これらも最近私宛に何本か
まったく存じ上げない皆さんから
直接にいただくお電話の数で理解できます。

これらの義援金は、しん君のお父さんが
毎日新聞社へお勤めとのことで
最終的に
そちらの構成文化事業団へお願いしました。

寄付という形ですと全体的な
支援活動の一環として処理されますが
義援金は直接被災者のために
使っていただけるということで
寄付ではなく義援金とさせていただきました。
皆さん本当にありがとうございました。
【音楽やっててよかったよなあ】

  追伸じゃあ-

居酒屋で飲みさらしたてめいら・・
ダイスギは風にあたりながら
JRで帰ったぞ。
家で豚まんとシュウマイをほうらいで買ってきて
優子さんとビールを飲んだ。
豚満4個食ったが文句あるか?
ざまあみろい。

杉本 茂

以上引用でした。
あのう・・最後の部分は私の悪友どもへのメッセージですので
驚かれないように願います(ホントホント)。
普段はもっと私
こいつらには紳士的ですのではい。

5月の定例ライブのブッキング以降の関連作業を
これから開始しますので明日以降のこのブログをお楽しみに。
正直に申しますと、場所も私はっきりと知りませんノデヘエ。


   ≪編集後記≫


徒然草という古い書物を通して
現代人の私たちの生き方を考えています。
出典は 徒然草 (吉田兼好著・吾妻利秋先生訳)を
引用させていただきますが
前回で1段が終了しました。
原文が先生のサイトにありますし
文中に出てくる人物や語句の説明も
きっちり書かれてありますので合わせてご覧くださいね。

本日から、2段をいっしょに勉強やりましょ。
ここから先生の現代語訳 -

「聖なる古き良き時代の時代の政治の方針を忘れてしまって
一般市民が困って嘆いていることや
国に内乱が起こりそうなことも知らないで
何もかも究極に豪華なものを用意して
自分のことを偉いと勘違いし
『ここは狭くて窮屈だ』というような態度をしている人を見ると
気分が悪くなるし
自分のことしか考えていない厭な野郎だと思う。 」

以上は引用です。
この部分はダイスギは今の日本に当てはめて
以下のように理解しました。

> 「一般市民が困って嘆いていることや」
ここは大災害が起こるまでの
すでに、この国の国民が置かれていた状態と
1部政治家さんたち。

> 国に内乱が起こりそうなことも知らないで
これは大災害後の現在に・つまり政治家と
同じく何事も人事として捉えがちだった
今までのこの国の、おおよその傾向と国民の性格。
要するに今回の国難に当てはめられるのではと考えました。
以降は次回へと続けます。

ダイスギ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加