ふれあいカフェ

鳳本通商店街からお送りします

わが町、わが友、わが心。

2008-09-25 12:37:04 | Weblog

ふれあいカフェニュース:9月25日号です。




ふれあいカフェニュース発行責任者の、マエストロ・ダイスギです(^^)。

2~3日辺りから朝夕めっきりと涼しくなってまいりました。
昨晩も近くのスーパーへ妻と買い物に出かけましたが
さすがにこのダイスギも汗をかきませんでした。


   ≪最新情報≫

「仕事が済んだら仕事だぜ!」


実は8月の『ダイスギ交友録』に出ていただいた
奈良県大和郡山市在住の加藤さん、溝口さん、谷本さんたちが
9月二十日(土)ふれあいカフェの定例ライブに来られました。


この日は同月28日(日(午後2時から

大和郡山市で行われるライブイベントの
リハーサルもかねた公開練習でもありました。


ゲストにギターデュオ絶対ポンカンが招かれるもので

サポートM&Mの小林君も後のセッションに参加するため出演します。


<詳細は以下の通り>-

イベント名-『仲間とビールと音楽と

テーマ-音楽でつなぐ、るしあんこーるの和


開場は1時30分、開演は2時です。

全般の2時台は-加藤さんたちのバンド、にわか、万華鏡、レミールーワン
ヒマナスターズがそれぞれ15分ずつ演奏。


後半3時台で今回のゲスト、ギターデュオ絶対ポンカンのステージが

約30分ほど。小林君がつないで
その後、絶対ルー湾のジョイントでシングアウトも含めて40分。
4時30分ごろ終了予定。


なお会場でのチャージ料は500円です。

ワンドリンクつきです。
それ以外の食べ物としましては、かわき物のつまみ程度。
来られる場合は、必ず昼食は皆さん
どこかで事前にお済ませいただいてお越しください。


   ≪イベントの話題≫

このコーナーでは鳳本通りネットふれあいカフェミュージシャンたちの

イベント情報などをお伝えします。


今週27日(土)午後8時から

本通り商店街中央:ふれあい広場内、ふれあいカフェで行う定例ライブには
久しぶりにモダンジャズの、ピアニスト高石市在住の藤沢さんが
ご病気も癒えて去年の12月以来の登場となります。


藤沢さんは80歳を超える年齢ですが

彼のピアノは実に若々しく、独特のサウンドと世界をお持ちです。


ジャンルも、モダンジャズ以外に、オールディーズなものから

映画音楽、ビートルズなどの曲にいたるまで~実に豊富!
多くのレパートリーをお持ちです。


パースネルに-ドラムの茨木。

ベース神吉。ソプラノサックスに碓井。
ギターダイスギの各メンバー。
週末の夜のひと時を、ふれあいカフェでお楽しみください。
なお入場料は無料です。お気軽にどうぞ。




   ≪トピックス≫

ここでは、9月18日から24日までのニュースを日にちを追いましてお伝えします。




18日、下関市在住の村岡さんの番組コーナーが技術的な懸案事項で

処理しきれないなどの理由で今回見送られることになっていたが
以下の方法で5回シリーズで行うことになった。
インタビュアーが、ICレコーダで収録した質問を添付で送り
それに村岡さんご自身が答える形で、CDに収めるというやり方である。
村岡さんはミキシングの技術もお持ちなので
今回は、このような実験的な放送となる。


なお10月度からのオンエアは予定どおり見送られ

12月から5回シリーズで月替わりでオンエアの予定。


ところで舩後さんの10月4日のイベントと、先日栗山君が

高島家の結婚披露宴へ招待されたおりの彼のメールを
18日づけのふれあいカフェニュースへ掲載。


19日、夜来月分の放送収録。

インタビューのゲストに、7月の最終土曜日に行われた
夕夏鳳祭第1部ライブに出演してくれた
ななことかんぱいの荻さんが来る。


二十日、大和郡山市から加藤さん、溝口さん、谷本さんたちが

夜、ふれあいカフェライブのために来てくれる。
28日、同市で行われるイベントの、リハーサルもかねたものである。


21日、本通りネットパンフメールを主なメンバーへ。

それと、フォークジャンボリーの詳細を各報道機関へ送った。




   ≪本通りネット放送をやっています≫

今月もまいど、ばかばかしいお笑いで

皆様のご機嫌を伺っております。


肉体派ピアニスト:さもんちゃんの、ジャズの話は趣がありますな。
リンク 9月放送分
http://db1.voiceblog.jp/data/minifm/1219889658.mp3



全体の入り口はこちらから-リンク

http://blog.goo.ne.jp/minifm_2005



   <今回、オンエアができなかったコーナー>

下関市在住の村岡さんの、電気や技術に関するお話のコーナーですが

今後の計画としては、5回シリーズぐらいで12月から
改めてオンエアする予定で準備を進めています。




   ≪心に残る、このメール≫

1通のメール。その何気ない文章につづられた

人の文字は、ときに言葉以上のメッセージを送りつけてくることがあります。
そんなメールをご紹介するコーナーです。


本日は私から本通りネットMLへお出しした朗報メールからです。ここから-




わが鳳本通り商店街では

夕夏鳳祭の第2部会場でもおなじみの
北大路会館付近に、ステージを作ることになりました。
ステージの大きさは横幅5mと少し。
奥行きが3mと少しです。
ですからフォーク系の人たちや
ごく少人数の方にお使いいただくことになります。
 月1ぐらいのわりでたとえば土曜日の昼辺りでも
フォーク関係者を中心に、ライブをやってもらおうかと考えています。
ただし今の人数ではしんどいですから
フォークメンバーには周辺に出演者の募集も含めての
そのあたりの宣伝をお願いできればと思っています。
勿論商店街にも、いろんなメディアがありますので
これらを使いまして広く宣伝します。


 具体的なライブ実施は12月ごろからを

実は予定しております。
 この件に関しましては
できれば皆さんで
野外ライブ実行委員会を作ってもらって
運営や実施などのサポートをお願いできればと考えています。


この件は、また私のほうから

随時商店街側とも検討しまして
皆さんへご報告と、おはかりをします。
このステージの件は決定しておりますので
今からでもどうぞPRしてください。
ではでは。
ダイスギ




考えましたら来週は、ここ鳳周辺も秋祭りですね。

昔は、お米など五穀豊穣と収穫を喜び
神様に感謝の気持ちをささげるとともに
農作業の労苦をみんなでいたわりあうという
本当に素晴らしい古来からの日本人の神事であり習慣でした。
その意味というか原点だけは絶対に忘れないでいただきたいと思います。


ただ、だんじりを引っ張りまわして終わり・・

これでは、だんじりも祖先たちも泣きますよ皆さん。


わが町を愛し、わが町の発展を祈り

そして、わが町にどなたが来られても
「ここは、いい町だな。」と思っていただけるような鳳にしましょう。
これは、よそもののダイスギからも心よりお願いいたします。


次回のふれあいカフェニュースをお楽しみに!

ダイスギ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どうせ短い人生だから!

2008-09-18 16:44:57 | Weblog

ふれあいカフェニュース:9月18日号です。


ふれあいカフェニュース発行責任者の、マエストロ・ダイスギです(^^)。

やはりメモリを増設しますと処理能力が上がりますね。
マエストロの頭のメモリも増設したいですな。
その前に、ハードディスクを交換した方が(^^)。


   ≪最新情報≫

「仕事が済んだら仕事だぜ!」

フォークジャンボリーと、フリマに関しては
別ブログのふれあいカフェニュースをご覧ください。


本日は

難病ALS患者の舩後靖彦

(ふなご やすひこ)さん(千葉県在住)が

10月4日(土)に、ライブイベントをされます。
詳細は以下のとおりです。


「舩後でございます/お知らせ & ご案内」


皆様、いつもありがとうございます。
舩後からのお知らせとご案内でございます。
なお、最近麻痺が進みメールが困難となりました。
このメールには「代筆者」が存在いたします事をご了承くださいませ。
【舩後】


★!★ 第七回 " 舩後ファミリー・ライブ " 開催 ! のお知らせ ★!★

いよいよ来る2008年10月4日(土曜日)に
恒例となりました" 舩後ファミリー・ライブ "を開催させて頂きます。
おかげさまで「第七回」を迎えることが出来ました。
これもひとえにご来場・ご参加の皆様のお力添えがあればこそ…
本当にありがとうございます。
今回もまた、お忙しい中のお願いで恐縮ですがお友達・ご家族お誘い合わせの上
ご来場賜りますよう、私も含め出演者一同(お店の方も…笑)で、お持ち申し上
げております。
僭越ながらこの日はちょうどワタシの51回目 ! の誕生日。
さらにこの夏「しあわせの王様」と題したワタシの本を小学館さまより出版する
事ができました。など、例年にも増して、思い出深いファミリー・ライブになり
そうです。
また、今年はワタシの外出許可時間が
「17時までには帰る」と言う健康状態をも、考慮されたものになった都合で、開
催時間が例年になく早くなりました。
その分どうか、Live後の皆様のご交流にお役立てくださいませ。


● 開催日

2008年10月4日(土曜日)


● 時間

→開場12:30から
→開演13:00~ 終演16:00


● 会場

「楽屋」(旧店名 Music Cafe 92)
店長「多幸詩(たこし)」ことアーティストの佐々木さん、高校時代の同級生
千葉市中央区中央3-15-14三好野ビル3F
電話番号 043-202-5592
→URL
http://www.gakuya-itv.com/
→Google Mapで場所をご確認くださいませ
http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&tab=wl&q=千葉市中央区中央
3-15-14三好野ビル3F
→お店でご用意しているMAPです
http://www.gakuya-itv.com/access/index.html


● チャージ(税込)

1000円(ワンドリンク付き)のお願いでございます。


● Special Thanks

ご来場先着30名様に豪華プレゼントをご用意させていただきました。お楽しみに
!


★!★ 出演者 & 企画のご案内 ★!★


● ご存知 ! のレギュラー陣
○ 舩後シスターズ(ピアノ演奏と詩の朗読のコラボレーション)
姉のピアノ伴奏と、私(舩後)が作った詩&短歌の朗読。
○ あるけー(アコースティック・ロック・バンド)
私(作詞) & あるけー(作曲・アレンジ・演奏)でお届けするアコースティッ
ク・ロック・バンド。
○ ザキドン溝口とヒロ田辺(旧バンド名:ハンカチおジン)
とにかく上手い!キーボードとパーカッションのグレートデュオ。


● " ほぼ " デビューの友情出演

○ ふなごつ(FunagOtsu)の大津弘之さん
私が全作詞(20曲)をしました。シンプルフォークユニット『ふなごつ』の作曲
担当者でもありシンガーの大津さんの “ ほぼ ” デビューライブ !
" ふなごつ " の全歌詞については以下のWEBでご覧頂けます。
WEBページ上部ワク内の『ふなごつ』の歌詞をご紹介をクリックしてください。
http://www.ne.jp/asahi/jmp/vg/silk/index.html



● SPECIAL企画その1

○ KUROHIGEDON(黒肱俊一さん) with あるけー
(ヴォーカリスト "KUROHIGEDON" とあるけーのコラボレーション)
伝説のバンド「ブルーワーカーズ」をアコースティック・ロックで再現。
KUROHIGEDONの迫力あるヴォーカルが皆様の魂を揺さぶります。


● SPECIAL企画その2

○うら若きゲストによる私の曲付き短歌の発表 !
2005年日本ピアノ研究会関東主催の第5回北関東Aジュニアピアノコンクール(V
過程)で見事優秀賞と高崎市長賞を受賞した、自閉症の美少女間庭麻未さん登場
!
私が作詞した「妖精たちの願い」を歌って頂けた彼女が今回は私の短歌に、姉が
作曲してくれた曲を歌ってくださいます。


● SPECIAL企画その3

○ 「しあわせの王様」制作秘話 !?
今年の夏に出版いたしました私の本「しあわせの王様」。
編集をご担当くださった葉月社の伊藤啓子さまからその制作秘話をお話し頂きま
す。
どんなお話がでてくるやら ? 乞うご期待 !
尚当日、本の即売もさせていただきますのでよろしければご利用くださいませ。


● SPECIAL企画その4

○ 「ナイスな歌詞集」 !
今回のライヴでは演奏される全ての曲を掲載した、簡易ではありますが小冊子
「ナイスな歌詞集」をご用意いたしました。
演奏曲をより身近に感じていただければ幸いです。
また、ご存知の曲などありましたら、ご一緒にお歌いになっては如何でしょうか?
ただし、演奏者よりお上手には…いやいやみなまで言うな…ですネ。


◎出演者一同、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。




●舩後靖彦(ふなごやすひこ)

『舩後ファミリーライブ』のWeb& Blog
http://www.ne.jp/asahi/jmp/vg/silk/index.html
http://funagofami.exblog.jp/

『舩後流短歌』のBlog

http://funago.seesaa.net/

『舩後流再チャレンジ』のWeb

http://plaza.umin.ac.jp/custwork/funago/





   ≪イベントの話題≫

このコーナーでは鳳本通りネットふれあいカフェミュージシャンたちの

イベント情報などをお伝えします。


わが鳳本通り商店街の、ふれあいカフェを中心に活動をしている

本通りネットでは今後、生ライブ放送をお送りしてまいります。


今予定しているのは今年の10月25日(土)午後1時から4時30分までのオンエアで

第3回フォークジャンボリー(入場無料)。


午後6時から9時30分までのオンエアで

特別番組『鳳から未来へ』をお送りします。


こちらは劇団・zakansaiの金沢つよし座長へのインタビューの模様。

新たなチャレンジを想像して、商店街の夢について
関係者から熱く語ってもらいます。


そして午後7時過ぎからふれあいカフェメンバー(特に大御所)を中心にした

生ライブを中心にお楽しみいただく予定です。
なお鳳本通りインターネット放送は
これらの番組から本放送となります。


   <しばらくの間、不定期ながらも生ライブ中継>

今後はふれあいカフェから随時生ライブ中継を行ってまいります。




原則第3土曜日を不定期ながらもライブをオンエア用に当てる方針です。

11月15日(土)午後8時から10時まで。
12月14日(日)午後1時から3時30分まで
NPO法人未来を作るあすなろ元気ネット、イベント企画制作
『夢ライブ』。


12月27日(土)午後8時から10時まで

『特別番組:遅れてきたクリスマス年末ライブ』


以上予定している生放送につきましてはこちらでお聞きいただけます-

現在は放送はしておりません。
http://www.osaka-night.net/~fureaicafe/



   ≪トピックス≫

ここでは、9月11日から17日までのニュースを日にちを追いましてお伝えします。




12日から、今までの3年間におけるふれあいカフェ関連事業を総括して

新たな3カ年計画を作成している。
22日までには作って各方面に送付したいと思っている。


14日、本通りネットの宣伝用メール(パンフにも使える)を作成した。

これは公文書としても使える。
あすなろなどへ貼れるような短いバージョンも作る。
これらも3カ年計画の一環のものだ。

舩後さんの正式版CDのジャケットデザインが出来上がった。

今回は色とりどりの、スーパーボールを画用紙に並べて写したものだ。


16日、午後ヘルパーの杉山さんを見舞いに堺市内の病院へ。

その後谷町4丁目の印刷業者へ
舩後さんのジャケットなどの資料を持って行く。


17日、本通りネット月替わりの番組改編(コーナー名)についてMLへ送る。

村岡さんから、5回シリーズで放送へ協力したいがというメールが届く。




   ≪本通りネット放送をやっています≫

今月もまいど、ばかばかしいお笑いで

皆様のご機嫌を伺っております。


能天気なコンビの『本通り商店街からこんにちわ』では

東京都小金井市の商店街の取り組みをご紹介!
リンク 9月放送分 http://db1.voiceblog.jp/data/minifm/1219890500.mp3

全体の入り口はこちらから-リンク

http://blog.goo.ne.jp/minifm_2005



   <今回の番組改編で、オンエアができなかったコーナー>

下関市在住の村岡さんの、電気や技術に関するお話のコーナーですが

こちらの準備不足などでオンエアができなくなりました。


今後の計画としては、5回シリーズぐらいで4月から

改めてオンエアする予定で話を進めているところです。
リスナー皆さんには、申し訳ございませんでした。




   ≪心に残る、このメール≫

1通のメール。その何気ない文章につづられた

人の文字は、ときに言葉以上のメッセージを送りつけてくることがあります。
そんなメールをご紹介するコーナーです。


今回ご紹介する転載許可をもらった私たちの仲間は

7月の初めの土日、横浜市にありますDファクトリーでの
NPO法人、未来を作るあすなろ元気ネットと
鳳本通りネット共済『あすなろふれあい、ビッグ祭り』にも出演してくれた
栗山君(横浜市在住)からのメールです。


彼も大変苦労した人です。

横浜の盲学校で教員をしています。
彼の体験談をご紹介します。
なるべく編集しないのが私の方針ですのでご理解ください。
ここから-


今晩は。横浜の栗山です。

今日はとてもおもしろい体験をしたので、報告したいと思います。


おもしろい体験とは8月31日に帝国ホテルで行われた

高島正信さんの結婚式に参加しました。


なぜそんな運びになったかというと

4月に私の2投目の盲導犬の訓練の際に
日本における盲導犬の誕生ストーリーを
ドラマ化するために、配役づくりをかねて、協会にこられていました。
その間径で銀座へ最終試験でカレーを食べにいったことなどもあり
招待いただいたということです。


実際会場は700人の芸能人で、たいがいテレビで見たことのある人たちでした。

もちろん俳優や女優だけでなく
ツルベやキャインなどのおわらい系の人もたくさんいました。


高橋勝則や沢口泰子、南の洋子、真や美紀

ダンレイなどもいました。


一番おもしろかったのは山田邦子が高島さんがミオンに送ったくどきメール

を全部公開したことでしょうか。
最初は自分にはちょっと場違いなかんじでしたが、せっかくのチャンスなのでデジカメでたくさん撮影してきました。


山田電機の社長もいましたよ。

記者会見のカメラマンもたくさんいましたし
おどろくことばかりでした。


雰囲気としては何かのショーかイベントにきてるみたいでしたよ。

一言メッセージなどはみんな知ってる芸能人ばかりで
ちょっと得した気分でした。


24時間テレビに芸能人が裂かれているとは?え

異常なはでさでした。


ディッショク形式で4時間半立ちっぱなしでしたけど、あきませんでしたね。

料理は創作系でオーガニックな食材がおおく
会場内で実際シェフが作っていました。引き出物は
えらく軽いなあと思っていたらオリジナルパウンドケーキと
オリジナルアロマ線香と線香立てでした。
まあ3万円しか包んでないんですが。
全体としては高島ファミリーの俳優のサラーブレッドであるにも関わらず
かれの謙虚な人柄や人を大切にする雰囲気が随所に出ていて良かったと思います。


ちなみに盲導犬誕生のドラマは9月13日の夜9時からフジテレビです。

自分たちの卒業試験も少し出ているそうです。
それでは長文、乱文失礼しました。


彼の引用はここまでです。

やってましたね。皆さんもご覧になられたかと思います。


ところで栗山君は、盲導犬の雄ダイヤンという名前の犬を連れています。

彼は私たちとDファクトリーに出たときは当然ダイヤンを伴っていますよね。
マエストロが主催するNPO法人と友好関係を結んでいただいている
Dファクトリーの運営母体でもあるNPO法人 pwl代表の
箕輪さんにえらく気にいられちゃいました!
ダイヤンが(^^;)。


ダイヤンの七光り・・」

栗山君は今Dファクトリーのお気に入りフォルダに入っています(^O^)。


ヤハハハハ!本当は彼は、しみじみとした独得な素晴らしい声で歌を歌っています。

「おい!栗山君、きっちりフォローしておいたぞ(ホントホント)。」


感動的な活躍をしている人には

やはりそれに共鳴してくれる人たちが集まってくるものです。
たぶん芸術の神様も祝福していただけるんでしょうな。
次回のふれあいカフェニュースをお楽しみに。
ダイスギ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あのね・大人だって涙を流すことだってあるんだよ。

2008-09-11 12:19:53 | Weblog

ふれあいカフェニュース:9月11日号です。


ふれあいカフェニュース発行責任者の、マエストロ・ダイスギです(^^)。

ダイスギは9日は定休日でした。
定休日といっても、イベントなどで臨時休業を日曜日などに取ったりしますので
定休をそれにあてて仕事をしたりと
もうめちゃくちゃな感じになっていましたが
今月は比較的に定休日をきちんと取っている状態です。


フォークジャンボリーの用事や、あすなろのパソコンのメモリ増設などで

1日中動いていました。




   ≪最新情報≫

「仕事が済んだら仕事だぜ!」

今回は〔フリーマーケット〕開催のお知らせです。
日時はフォークジャンボリーと同じく08年10月25日(土)
こちらは午前10時から午後5時までです。
参加を希望される皆さんはまもなく書類受付締切日となりますので
できましたら、今日明日中にお済ませください。


 また、今回行われるフォークジャンボリーほか

ふれあいカフェ生ライブ中継はこちらからお楽しみいただけます。
お気に入りフォルダへぜひご登録ください。
http://www.osaka-night.net/~fureaicafe/

フォークジャンボリーに関する件は

前回のブログをご覧ください。




   ≪イベントの話題≫

このコーナーでは鳳本通りネットふれあいカフェミュージシャンたちの

イベント情報などをお伝えします。
いよいよイベントと、芸術の秋ですね。
それから秋祭りの季節でもありますが。


本日は10月から始まる新番組コーナー〔邦楽:ぶらりぶらり〕の

メインパーソナリティーである、ダンディー原さんを少し紹介します。


原さんは以前にも申しましたとおり、アマチュア音楽家集団

ビッグフェイスの異色のメンバーでもあります。


どこが異色かといいますと、彼は実は有名な邦楽の大家でもあるんですね。

お弟子さんも数多く育てておられます。
すごい人です。孫弟子になると、挨拶されても分からないといいます!
最も私が-「眼が悪いから分からんのんとちゃうのん?」と言いますと-
「そうかも知れん(笑)」


この師匠は弱視です。西宮市在住。

毎年10月には地歌の会を開いておられます。
このお方、れっきとしたプロでっせ!


いつもしょうもないことばかり言ったり

冗談音楽が大好きで
人を笑わせたり、楽しませることが大好きな師匠です。


楽しい邦楽の話をしたい。」とおっしゃっています。

ダイスギは-「あんたは邦楽の異端児屋根。と言いますと
「誰が鼬(いたち)やねん・・」
じつにこのう、べたなことを臆面もなしに申します(^^)。


こういう鼬じゃあなくて・人こそが、これからの邦楽会には

むしろ必要なのではとダイスギも思っています。


改革を志す年配者が重鎮になってこそ、その組織は

ようやく本質的な変化を成し遂げることができるものです。
いいお年を重ねられたお人だと私は思っています。
その意味でも、芸術愛好家の私としましても
この原さんと大西さんという:美女と野獣コンビには~
また、ある種の真の邦楽が好きなお二人には
私も大きな期待を寄せているわけです。




   ≪トピックス≫

ここでは、9月七日から十日までのニュースを日にちを追いましてお伝えします。




七日、小林君から~ライブへ来られたお客様とネットで聞いていただいていたリし


リスナーの総数はあわせて40名だったとのことだった。


9日、商店街事務所へフォークジャンボリーの要綱のコピーとポスター

祭りのちょうちんなどの件で出向く。
その後ヨドバシカメラへ、あすなろのパソコンのメモリ増設を。
これは今後メンバーの画像などの作成やアップにも役立つと思っている。
その後本通りネットメンバーの、CDジャケットの製作に使う
夜店グッズを買いに松屋町筋へ。




   

≪本通りネット放送をやっています≫

今月もまいど、ばかばかしいお笑いで

皆様のご機嫌を伺っております。
9月からも面白いコーナーがオンエアされています。


まもなく、おしまれながらも終了する人気がまったくなかった~~

〔ダイスギの、鳳風ニュース〕では
やがて本放送を始める生番組用の
放送システムなどについて、嫌味な自慢話をしています。
リンク 9月放送分 http://db1.voiceblog.jp/data/minifm/1219889225.mp3

全体の入り口はこちらから-リンク

http://blog.goo.ne.jp/minifm_2005





   ≪心に残る、このメール≫

1通のメール。その何気ない文章につづられた

人の文字は、ときに言葉以上のメッセージを送りつけてくることがあります。
そんなメールをご紹介するコーナーです。


本日は私どもも間接的にいろいろとお世話になっている

野本君という青年のメールをお読みください。


実は彼はメルマガを出しています。

小林君の事業においては番頭さんのような人です。
原則私はこのコーナーでは
人様のメールをできるだけ編集せず
また誤字なども書き換えずに、できる限り
そのまま掲載させていただくことを旨とさせていただいております。


野本君は視覚障害者のお一人です。

その点を考慮してあげてお読みください。


以下のメールは先日生中継したライブの模様に関するものです。

長文ご容赦ください。ここから引用-


    

★☆ かずくんのフィロティー通信(NO002) ☆★


 

皆さん、おはようございます。かずくんです。

今日は、フィロトなお話しを一つ ・・・ 自分のことで申し訳ないのですが、
書かせていただきますね。六日の夜に書いた物です。




    涙の行方 Ⅰ


 今日は、僕と「同じ愛」プロジェクトを組んで、
寄付を目的に作られたCD「同じ愛を」の普及活動をしている
カズブー@小林一尚の
1ヶ月半ぶりの単独ライブが、大阪府堺市鳳の
鳳本通り商店街に有る「ふれあい広場」と言う所で行われました。


 この商店街やふれあい広場の運営に大きく携わっている
杉本さんとおっしゃる方のご厚意により、素晴らしい音と、
ネットで中継して世界中に生ライブの様子が伝えられる
システムなどが提供され、ここでの初めてのライブが盛大に始まりました。
カズブーの一番そばで、ずっと見守っている僕は、
彼の認知度が上がり、彼を支えてあげようと頑張る人たちが増えるのを、
とても誇らしくまた涙が出るほど嬉しい気持ちでいます。
今日も、彼の理想に近い音質と環境で、体をめいっぱい使って
歌やトークや物まねをする姿を感じながら、心の震えが止まりませんでした。
彼の今を生きる一生懸命と謙虚さを知る多くの人が、
多かれ少なかれ、同じように感じていたことでしょう。
僕に無い物を沢山持つ彼から、もっと学んで行きたい最近なのです。
彼がライブをするたび、フィロト100倍のパワーが会場に充満し、
それに携わる人・見る人全てが、
幸せ(フィロト)な笑顔のフィロティーになっているのを、
心から嬉しく感じている僕がいます。


 今日は奈良から、まおちゃんと言うポジティブできらきらの女の子と、
名古屋から、八木さんと言う素晴らしい感性と暖かさを持つ女性が、
カズブーライブに来てくれて、その前段階で一緒に食事をし、
それぞれの未来に対する夢や、今までしてきた活動などを振り返って分かち合い、
出会ってまだまだ日数は少なくても、
ほんとに素敵な愛(フィロト)の輪をくっきり感じつつ、
時間を忘れそうになりながら、ライブ会場に向かいました。彼女たちも、
素晴らしいフィロティーですよ。


 ライブは、二部構成になっていて、時間もたっぷりあると言うことで、
昭和20年代の歌から、最近の歌・オリジナルまで、
幅広いジャンルを、沢山歌ってくれました。
思わず笑ってしまう話から、乗り出して聞いてしまうような真面目な話まで、
めりはりのあるほんとに素晴らしいプログラム ・・・
回数を重ねるごとに、彼の彼にしか無い
フィロト全開な味ある一時が、全ての疲れや多くの悩みを
すっきりと洗い流してくれるようです。


 最後に、最近定番となっている「同じ愛を」を、
今回は初挑戦で、ピアノの弾き語りで歌ってくれました。
CDの時のような壮大な演奏やコーラスが無い代わりに、
そこに込められたメッセージを、一番の最初では、
ささやかな願いとして、ピアニッシモに歌い、
愛の本質に迫るさびの部分では、
心からほとばしる感情を、
声帯と指を最大限に振るわせながら表現し、
繰り返して一番の最初の歌詞に戻る部分では、
確かな願いとして、みんなに語りかけ、
この星(地球)に思いを寄せる歌声が、
軽いビブラートとともに、間奏へと流れ込んで行きます。


 愛って本当は純粋で 限りないものだよね
 全ての中にある愛を いつまでも 輝かせよう ・・・


 ピアノと歌声が一体となり、
会場全てをその渦で強く優しく抱きしめて、
言いようのない感情が、津波のように
僕らの全身に押し寄せ、心からあふれ出した
幸せと愛(フィロト)が、一筋の涙となって頬を伝いました。


 我が子に持てる愛を 大好きな人に持てる愛を
 全ての人が 全ての物に 与えられたら ・・・


 気が付けば、ピアノの音が消え、透き通る歌声だけが、
会場のあちこちに「同じ愛」を反射させ、
暖かなメロディーと同じ温度の涙を、
また僕の心に流させました。


 この世界は もっと もっと 素晴らしい
 星(地球)になるよね
 星(地球)になれるはずだよね ・・・
 さあ 手を繋ごう
 きっとできるよ 僕らなら ・・・ きっと ・・・


 この歌に込めた思い・この歌に秘めた願い・
この歌が世に出て、着実に僕らから離れて行き、
立派に独り立ちして、多くの人たちの心に、
小さく黄色い花を咲かせようと、吹き込まれた命の息吹を、
せいいっぱいに振るわせているのが感じられたとき、
親離れして、立派に生きている我が子の背中を見ているような
なんとも言えない幸せが、僕の手に力を込めさせ、
しっかり繋いだまおちゃんと八木さんの手の温もりと、
がっちり一つになり、
また幾筋かの涙を、流させるのでした。


 その時、左からまおちゃんが、右から八木さんが
そっと僕に寄り添ってくれました。
そして僕の頭を優しくなでながら、愛をいっぱいくれたのです。
でもその時「大丈夫だよ、そんなに泣かないで」と聞こえてきた言葉は、
二人の女性の声ではありませんでした。
そう二部の最初から僕の前方に座っていた小学生の男の子だったんです。
僕はその子と話したことがありませんでした。
ご両親とは、カズブーを通じて、一度か二度ほどほんの挨拶程度だけ、
話をさせていただき、ご家族で音楽をされていると言うのも聞いていたので、
いつかまたご縁ができれば良いなって思っていました。
その男の子は、僕が帰るまで「もう大丈夫?」と聞いてくれました。
「大丈夫だよ、ありがとう」と答えながら、
奈良方面に早く帰らねばならないお二人とともに、
挨拶もそこそこに会場を後にしました。


 帰り道を歩き始めた時に、まおちゃんが話し始めました。
「かずくんの涙に私ももらい泣きしたけど、
かずくんの目から落ちる涙をじっと見つめて、
その優しい眼差しで、
かずくんの頭を思わずなでた、男の子のけなげな姿を見て、
号泣してしまった ・・・」


 そうだったのか ・・・!
見えていない僕は、二人の女性の内の一人がそうしてくれたのかと
思いこんでいたんです。
そうだったのか ・・!
ショックでした。
自分よりはるかに大きい大人の涙を見て、
それが何から来ている涙なのかを知らずに心配して、
一生懸命になぐさめようと、伸ばした汚れない手を、
僕にさしのべてくれたその直向きな心を、
「大丈夫だよ、ありがとう」だけですませて出てきてしまった。
もし彼のしてくれた全てを知っていたなら、
きつく抱きしめて、
「ありがとう ・・・ 幸せな時、
嬉しい時は、大人も泣くんだよ。
大人になっても、泣いていいんだよ。
心配しないでね、ほんとにありがとう」と心のそこから
言ってやりたかった。
自分が見えてないから、自分が急いでいるからとかってな都合だけで、
その子の心に、僕の涙はどんな思い出を紡いでしまうんだろう。
さしのべた優しさを後悔してはいまいか?
解らなかった心配を、引きずって派いまいか?
直向きな心と声とその小さな手を、
あの場所に置き去りにしてはいまいか ・・・?
そう思うと、胸が張り裂けそうな思いです。
これからもその子と会うことは沢山あるでしょう。
でも「これから」に今日の感謝と愛をどれほどの言葉や心で伝えたとしても、
この一瞬の彼の優しさにお返しできる同じだけの「今」は作り出せません。


僕がせめてのも思いでできることと言えば、
「ありがとう あいしてるよ ごめんね」の気持ちを、
いっぱい詰め込んで、彼のスピリットに語りかけることぐらいです。
そして、この素晴らしい愛(フィロト)を持った
男の子(フィロティー)のお話しを、多くの人に伝えることです。
「ねぇ三浦君 君は今何しているの?
昨日は、君の優しさに何も答えてあげれなくて、ほんとにごめんね。
でもさ、君の愛を、いっぱいいっぱい受け取ったから、
おじさんの心には、いっぱいいっぱい 虹色の風が吹いてるよ。
本当に 本当に ありがとう ・・・ あ り が と う
そして、君のこと、愛してるよ。
心から愛してるよ。
何時までも何時までも、その優しさを忘れないでね。
そして、嬉しい時や幸せいっぱいの時は、
大人になっても泣いちゃっていいんだよ。
素直に涙を流せることは、素敵なことだからね。
だからおじさんも泣いちゃった ・・・ 
そして、君の優しさを思い出して、今もまた泣いています。
今日の君 忘れないよ。何時までも何時までも忘れないよ。
ありがとう ・・・ あ り が と う ね」


 今日は、和歌山である、とある別のイベント一つと、
大阪でのカズブーライブ(プラス)別のアポの
どちらを選ぶかでちょっと迷っていました。
でも、どちらを選んでも学びはあります。
気づきはあります。感動もきっと素敵な思い出もあるでしょう。
「迷い」の本質を辿れば、そこにある意味は大した物ではないんですね。
「迷う」暇があれば、感じたままの自分で歩を進めるのが一番ですね。
意識のそこに座っている感覚をもっと信じて、
あるがままの自分でいたなら、
きっとどこに出向いても、どこより素晴らしい感動が待っているはずです。
今日は、カズブーライブに出かけてよかったぁ ・・・
今日と言う日に、感謝して、
明日へのラインをそっとまたぎたいと思います。
明日へ続く あの広い空へ
高く 高く 心 解き放して、
生きとし生ける全てのものが
笑顔で幸せいっぱいのフィロティーでありますように ・・・


=============================


 最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
文中に出てきたいくつかのURLなどを最後に紹介して、今日は終わりますね。


 ○鳳本通商店街ミニFM情報
http://blog.goo.ne.jp/minifm_2005
 ○杉本さんが院長を務める あすなろ経絡指圧療院 鳳本通商店街 ブログ
http://blog.goo.ne.jp/asunarosiatu/
 ○まおちゃんの素敵なメルマガ 「よぅ笑うまおの日記帳」
http://merumo.ne.jp/00536767.html
 ○カズブー@小林の Support M and Mホームページ
http://support-m-and-m.com/
 ○CD「同じ愛を」 特設ページ
http://100p-ikiru-net.sakura.ne.jp/event/onaziaiwo/index.html




☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆
「かずくんのフィロティー通信」を誰かに紹介してくださる場合は、
下記のアドレスに空メールを送ると届くようになるよと教えてあげてね。
解除の方法も一緒、空メールを送るともう届かないからね。
00536388s@merumo.ne.jp
http://merumo.ne.jp/00536388.html
質問、感想大募集です。
本メールに返信してください。
なかなか返信はできませんが、全部読ませていただいています。
バックナンバーは、こちらから↓
http://bn.merumo.ne.jp/backno/listView.do?magId=00536388
☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆




バックナンバー
http://bn.merumo.ne.jp/list/00536388


引用はここまでです。
お月様がきれいな夜が来ます。
たまには夜一人で、あるいは
あなたの恋人(奥様も含みます)と
ごいっしょにお月様を見せてもらいましょうや。
すてきな秋の夜のひと時をお過ごしください。
次回の、ふれあいニュースをお楽しみに。
ダイスギ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実験生ライブ中継は成功!

2008-09-07 12:16:27 | Weblog

ふれあいカフェニュース:9月七日号です。




ふれあいカフェニュース発行責任者の、マエストロ・ダイスギです(^^)。

月が代わりました。
ここ鳳のあちこちでだんじりの太鼓などの練習と
若い主の走り込みなども始まり
いよいよ秋祭りたけなわの季節がやってきました。
用事が立て込みまして、ずいぶん
ふれあいカフェニュースの発行が空いてしまいました。


しかし毎日といっていいほど、どこかで変な雨が降りますね。

今月の五日もここ堺市のJR阪和線三国丘駅が
水につかるという初めての出来事がありました。
堺市では実に記録的な大雨だったとのことです。




   ≪最新情報≫

「仕事が済んだら仕事だぜ!」

秋のイベント情報からです。


     [08年フォークジャンボリー開催のお知らせ]


ギターと歌で、あなたも生きがいとお友達作りを!


以前からも申し上げてますが今年も

毎年秋のお楽しみ≪フォークジャンボリー≫がやってきました。


主催は堺市西区鳳(おおとり)本通り商店街と

鳳本通りネット、ふれあいカフェ共催。


協力、サポートM&M。

および、NPO法人、未来を作るあすなろ元気ネット。


日時は、08年10月25日(土)

13時00分~4時30分まで。


場所は堺市西区鳳(おおとり)本通商店街中央にある

ふれあい広場(建物内)『ふれあいカフェ、ライブスペース』。
JR阪和線鳳駅東へ歩いてすぐの
アーケードのある商店街です。


なお今年から、この模様は鳳本通りネット放送を通じて

全世界へ生放送されます。


参加受付締め切り日は変更しております。

最終書類受付の締切日は10月五日です。


参加を希望される方、あるいは詳細をお知りになりたい方は-

〒593-8324
大阪府堺市西区鳳(おおとり)東町1丁52
NPO法人、未来を作るあすなろ元気ネット
フォークジャンボリー実行委員会事務局。


 Eメールアドレス:daisugi2001@ybb.ne.jp

電話072-271-6551(朝9時~6時まで)。
それ以外の時間は:携帯090-8237-0985


同イベントの詳細は随時こちらでもご覧いただけます。

ふれあいカフェ関連のニュースは-
http://blog.goo.ne.jp/hondoori_2005


またネットラジオ9月分の『本通商店街からこんにちわ』でも

フォークジャンボリーに関してはお聞きいただけます。
直リンク http://db1.voiceblog.jp/data/minifm/1217382765.mp3



 また、今回行われるフォークジャンボリーほか

ふれあいカフェ生ライブ中継はこちらからお楽しみいただけます。
お気に入りフォルダへぜひご登録ください。
http://www.osaka-night.net/~fureaicafe/



実行委員会では皆様には一組辺りできれば、30分程度の

演奏時間をご提供させていただきたいと考えております。
書類審査などもございますが、できる限り先着順にしたいと思っておりますので
皆様、なるべくお早めに上記連絡先へお願いいたします。




   ≪イベントの話題≫

このコーナーでは鳳本通りネットふれあいカフェミュージシャンたちの

イベント情報などをお伝えします。


9月六日(土)は小林君のライブを中心にした

特別番組をふれあいカフェから生中継しました。


今回総合司会をお願いしていた琵琶の大西さんでしたが

明石市で行われる琵琶の会にお友達が出演されることになっていたのですが
その方が急に体調を壊され、代演ということで
欠席というハプニング。急遽従業員の優子さんに
代わるという事態が起こりました。
しかし無事に素晴らしい放送ができました。


大勢のお客様が来られましてまた

たくさんのリスナーにもお聞きいただきました。
皆さん本当にありがとうございました。
今後とも、このネット放送をよろしくお願い申し上げます。
スタッフの皆さんにも心より感謝申し上げます。




   ≪トピックス≫

ここでは、8月30日~9月六日までのニュースを

日にちを追いましてお伝えします。


30日、定例ライブは琵琶の大西さんが
10月から始める番組の新コーナーのテーマソングを収録。
その他器楽演奏を、ふれあいメンバーが行う。


31日、下関市の村岡さんと放送の技術的な件について検討。

いろいろと問題が出てきたことを確認。


二日、ヘルパーの杉山さんが入院。

村岡さんへは新番組コーナーの件を今回は断念することを正式に伝える。


五日午後、ピアノの藤沢さんが来てくれた。

彼は本通りネットメンバーでは最年長者の人である。
ふれあいカフェへの復帰の挨拶であった。
早速本通りネットへ報告する。


六日、夜第2回目の実験生ライブ中継。

今回はネットのみでの放送だった。
総合司会の大西さんが急遽
明石市で行われていた琵琶の会の出演者の急病のために
代演というハプニングが起こり、優子さんに代わる。


番組自体は7時40分から開始。

8時から10時まで小林君のライブ。15名が聞いてくれていた。
放送そのものは大成功だった。




   ≪本通りネット放送をやっています≫

今月もまいど、ばかばかしいお笑いで

皆様のご機嫌を伺っております。
9月からも面白いコーナーがオンエアされています。


今月の〔ダイスギ交友録〕は、JR鳳駅前で

タイの国技である≪ムエタイ≫を教える坂本先生との対談。
坂本先生は30歳。格闘かとは思えないようなやさしい方です。


夜あすなろで収録したんですが、こういうときにかぎって

必ず邪魔が入るものでしてはい。マエストロは
すっかりペースを乱してしまいました(^^;)。
同じことを何度も聞いている箇所があります・・
坂本先生には、えらいご迷惑をおかけしました。
リンク 9月放送分 http://db1.voiceblog.jp/data/minifm/1219889924.mp3



10月からは内容も変わります。

引き続いてお聞きください。
リンク http://blog.goo.ne.jp/minifm_2005



まずは分かりやすく、おまけに楽しい邦楽関連のコーナー。

ダンディー原さんと大西さん。
コーナータイトルは-≪邦楽ぶらりぶらり≫


なお下関市の村岡さんの技術や電器のお話のコーナーは

距離的な問題やITの技術的な課題が問題になりまして
今回は残念ながらなしということになりました。


それから、ダイスギの世界の芸能に関するおもろい話。ほかを予定しています。

あのう・・この“ほか”というのが味噌でしてはい(^^)。
番組の詳細は近く発表いたします。


それぞれのコーナーの3ヶ月以前からの音源ファイルも置いてありますので

どうぞあわせてお聞きください。




   ≪心に残る、このメール≫

1通のメール。その何気ない文章につづられた

人の文字は、ときに言葉以上のメッセージを送りつけてくることがあります。
そんなメールをご紹介するコーナーです。


本日は僭越ながら私マエストロから本通りネットMLへ送ったものです。
Subject: いよいよ、親分の復帰!
Date: Fri, 05 Sep 2008 14:54:07 +0900 (JST)
From: 杉本 茂 <daisugi2001@ybb.ne.jp>
To: hondoori-net@yahoogroups.jp
Reply-To: 杉本 茂 <daisugi2001@ybb.ne.jp>


今日は少し心が弾んでいる

マエストロ・ダイスギです(^^)。
 実は先程わが本通りネットの最年長者
ピアノの藤沢おやびんが来られました。
今月から復帰されます。
医者と喧嘩したということは
もう病院には用がないということです。
27日(土)からです。
碓井さんと神吉さん
ほかジャズや器楽に興味のある方。
ドラムをたたける方よろしくお願いします。
 あのう・・スネアと、シンバルだけというのは真になさけないのですが
まあそれでもふれあいカフェ(^^)。
CDが売れたらどおんとはりこみまひょ・・
それまでのご辛抱(^O^).


 秋から4年目-

どこにもない商店街の
どこにもない本通りネットを皆さんよろしくお願いします。
杉本 茂


引用はここまでです。




上にも書きましたが雨が多すぎる感じです。

しかし四国では、雨が少なすぎて水不足が続いている地域もあります。
うまく万遍に降ってくれるといいんですがねえ?
次回の、ふれあいニュースをお楽しみに。
ダイスギ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加